2011年12月31日

【WEEK17】SAN DIEGO CHARGERS戦 その2―臨戦態勢―

さて、最終戦の故障者情報です。
■OUT
QB/J・キャンベル
DT/J・ヘンダーソン
RB/D-MAC
■Questionable
WR/J・フォード
RB/T・ジョーンズ
FS/M・ハフ
■Probable
WR/L・マーフィー
DT/R・シーモア
CB/DVD
―――――――――――
[ネ申]OUT…
しかし、#12/WR/J・フオードと#22/RB/T・ジョーンズがQuestionable(50%)登録w
(2人が出場することによるメリットは前回の書き込み参照)
ジャコビー本人も「次の試合がどういう意味を持つかは理解している。ビッグゲームだ」とコメントしておりやる気満々。
久しぶりにKickoff-Return-TDを見せてくれ。
これで「SPEEDは正義」100%アル爺ピックのWRトリプレッツが揃い踏み=ロングボム投げ放題。
#29/RB/M・ブッシュは、既に911Ydsを獲得しており1,000Yds達成まで、残り89Yds。チームの勝利と共に記録更新を狙う。
それにしてもブッシュは本当にタフ。この試合で100Yds稼いで勝ったら今季MVPをあげても良いのではないでしょうか?
続きを読む

2011年12月30日

【WEEK17】SAN DIEGO CHARGERS戦―FACK THE CHARGERS―

いよいよ最終週。
まず概要。
大本営の記事から抜粋
―――――――――――――
■OAK《本拠地で同地区SDを迎え撃つ。現在8勝7敗のOAKはAFC西地区で首位DENと同率の2位、AFC WCでも2位のCINを1ゲーム差で追っている状況。ともに他力本願でありながら、自らが勝利することにより両方でPLAYOFFの可能性は残っている。
ただ、エースRB/D-MACを故障で欠いている攻撃陣は、ここ4試合の内、3試合で16得点以下と苦戦が続いている。OAKとしてはRB/M・ブッシュを中心としたランで地上戦を制圧する展開に持っていくことが重要。
■SD《7勝8敗のSDは、先週DETに敗れ2年連続となるPLAYOFF行きを逃すことが確定。ただ、ここで同地区ライバルを下し、何とか勝率5割でシーズンを終えたい。また、アウェーでのOAK戦は、過去7試合で6勝と良い結果を残している。
今季キャリア最低の19INTと苦しんだリバースだが、1試合1INT以下の場合、5勝2敗と勝ち越しているので、この試合はパスを通し続けていけるかが勝利の鍵となるのは間違いない。あとは前回の対戦で191Ydsを献上してしまったラン守備で踏ん張れるかだ。》
―――――――――――――
との事。まあ概要はこの通りだがいかにもD-MACが欠場決定のような言い回しが気に入らない。
―――――――――――――
さて前回11/11[WEEK10]は、OAKが敵地で勝利(24-17)。
試合の主な個人成績は以下

《パス》[Cmp/Att/Yds/TD/Int]
■OAK
C.パーマー[14/20/299/2/1]
パス成功率70%/Rate125
■SD
P.リバース[23/47/274/2/1]
パス成功率48%/Rate72.5
―――――――――――――
《ラン》[Run/Yds/TD/Avg]
■OAK
M.ブッシュ[30/157/1/5.2]
T.ジョーンズ[7/39/0/5.6]
■SD
M.トルバート[7/36/0/5.1]
R.マシューズ[6/34/0/5.7]
―――――――――――――
《レシーブ》[Rec/Yds/TD/Lng]
■OAK
D.ムーア[5/123/2/46]
M.ブッシュ[3/85/0/55]
■SD
V.ブラウン[5/97/1/30]
A.ゲイツ[5/54/0/22]
―――――――――――――
この試合で[鬼神]ブッシュはRun/157Yds(1TD)&Rec/85Yds=スクリメージ242Ydsと爆発
また今やエースレシーバーに成長したD・ムーアは46Yds/TDレシーブを含む2TDの活躍
#Dは、常に激しいラッシュをリバースにかけ続けパス成功率48%に抑えたことも勝利の要因となった。
浴びせたサック数はOLB/K・ウェンブリーの4を含む計6回
今回も#Oはランを主体に時折ロングボムという展開が理想で#Dは常にパスラッシュをかけ続けリバースに時間を与えないようにするべし。
―――――――――――――
続きを読む

2011年12月29日

WILD CARDへの道 by RAIDERS

さて、狙うはあくまでも地区優勝だが、万が一ということがある。
OAKと共にDENが勝ってしまった場合は、《WILD CARD》での
PLAYOFF進出という道しかない。その条件が以下となる。

(1)RAIDERS勝利+BENGALS敗戦+TITANS敗戦か引き分け

(2)RAIDERS勝利+BENGALS敗戦+JETS勝利
―――――――――――――
ライバルの対戦は次のとおり
■CIN(9-6)vsBAL(11-4)
■JETS(8-7)vs@MAI(5-10)
■TEN(8-7)vs@HOU(10-5)

まず条件(1)(2)共通となるのはC・パーマーの古巣CINの敗戦

今季はルーキーQBのA・ダルトンが開幕から全試合出場し9勝6敗と予想以上の結果を残している。
《A・ダルトン/個人成績》
Cmp:472/Att:278(58%)/Yds:3166/TD:20/Rate:81.8
しかしスケジュールに恵まれていた感もあり、同地区対戦成績を見ると2強に対しては以下のとおり1勝もしていない。
 (W)CLE
 (L)PIT
 (L)BAL
 (W)CLE
 (L)PIT
そのCINの相手がリーグ屈指の鉄壁#Dを誇るBAL
今季1回目の対戦は24-31
点差こそ1ポゼッションながらA・ダルトンの成績はCmp:24/Att:45(53%)/Yds:373/TD:1/Int:3/Rate:60.7と鉄壁#Dの餌食となった。
更にBALは同地区5勝0敗

同地区のライバルPITとは11勝4敗で同率首位だが、最終戦に勝てば無条件で地区優勝&第2シード以上が確定するためモチベーションは高い。
好不調の波が激しいQBフラッコが気掛かりだが最終的にはパス&ラン共に穴のないトータル:3位(パス4位/ラン2位)の鉄壁#Dと#Oにラン&レシーブ共に万能なR・ライス(Run:1173Yds/TD:10)を擁するBALの勝利濃厚w

続きを読む

saha4678 at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)RAIDERS 

2011年12月28日

地区優勝への道 by RAIDERS

さて、昨季同様OAK地区優勝の可能性は最終週WEEK17迄もつれこみ決着は年明け1月2日。

正直ここまで色々あったが、最後まで優勝の可能性を残したOAKには素直に感謝したい。

WEEK6のCLE戦で#8/QB/J・キャンベルが故障し、翌週WEEK7のKC戦では#20/RB《ネ申》D-MACがまでもが故障。
QBについては来年のドラ1と再来年のドラ1orドラ2という、ありえない条件で、CINから干されていた#3/QB/C・パーマーを獲得。
D-MACに至ってはあれから出場していないが、それを思えば8-7という成績は、良くやってくれたと思う。

なお、パーマー獲得の代償については、賛否両論だがOAKファンなら本気で怒ってはいけない。
普通じゃないのはいつもの事でそこも含めてOAKが大好きな筈なのだから。

ここまで来たらアル爺のために決めてもらいましょう。

では今回はOAKLAND RAIDERS
【地区優勝】の条件を確認

地区優勝を賭けた最終週、RAIDERSは地元で[古豪w]CHARGERSと対戦

以下の条件のどれかを満たせば《AFC西地区優勝》決定

(1)RAIDERS勝利+BRONCOS敗戦か引き分け

(2)RAIDERS引き分け+BRONCOS敗戦


地区優勝争いから脱落した[古豪w]SDの面々には消化試合ということを意識し、モチベーション最低の腑抜け状態で挑んでもらいたい。また今季限りでクビになるであろうHCのターナーについては、プレーコールそっちのけで、今夜からバカンスを共にする愛人のことだけに集中して頂きたい。

そして地区優勝するための、もうひとつの条件がDENの敗戦。
対戦相手KCも優勝争いから脱落し消化試合となる。
KCの面々のモチベーションなど考えると普通は、DEN優勢と考えがちだが、実際はKCが勝つ可能性が極めて高い。

理由は、ただひとつ続きを読む

saha4678 at 00:31|PermalinkComments(1)TrackBack(0)RAIDERS 

2011年12月25日

AFC西地区順位表[WEEK16終了時点]

AFC西地区《WEEK16》結果

LOSE●DEN 14-40 BUF
WIN○OAK 16-13 KC
LOSE● SD 10-38 DET

・DENはTebowが後半4INTで自滅
7連敗中のBUFに惨敗を喫し連敗
・OAKは紙一重の展開も勝利への執念でOTの末に8勝目Get!連敗を3で止める

・SDは連勝が3でStop。DETに完敗
結果、ラスト1試合を残したAFC西地区の順位は以下
―――――――――――――
AFC西地区《WEEK16》終了時点
―――――――――――――
勝|負|分|得点|失点|同地区
1. DENVER BRONCOS
8| 7| 0|306|383|3-2
2.OAKLAND RAIDERS
8| 7| 0|333|395|3-2
3.SAN DIEGO CHARGERS
7| 8| 0|368|351|2-3
4.KANSAS CITY CHIEFS
6| 9| 0|205|335|2-3
―――――――――――――
同率首位も、その他の条件で2位。
DENとの対戦成績は1-1
同地区対戦成績も共に3-2
共通対戦相手との勝率って点でいうとMAI相手にDENは勝ち、OAKが負けてるって事で2位なのかどうかよくわからんが、その辺の細かいことはcomの記事に任せるとして、単純に最終週でOAKが勝ってDENが負ければ優勝ってこと。

精神的にも追われる立場より追う立場のほうが強いはず。

次に、ラスト最終週の対戦
―――――――――――――

続きを読む