2011年12月25日

【WEEK16】KANSAS CITY CHIEFS戦 その3ーJust win baby―

OAKシーズンアウトか否かの重要な一戦を
この目でしかと見届けようと
Live観戦
―――――――――――――
【前半】
1Q:FGで先制するも、INT(1回目)を献上しFGを返される。3-3
2Q:OAK59YdsのFGトライはバーに阻まれ失敗・・・orz。
その後、#27/FS/M・ジョルダ-ノがエンドゾーンINTを奪取!!
敵陣深くリターンシしチャンス到来も、直後のドライブでパーマーのパスをINT(2回目)され貴重なチャンスをぶっ潰す。
#26/CB/S・ラウトはホールディングばっかで手癖悪すぎ。反則自滅敗戦への嫌な空気を感じるも
終了間際のKCのFGを【暴れん坊将軍】DT/R・シーモアがブロック!!
前半なんとか同点で折り返す

前半の主な個人成績
[パス]
Cmp/Att/Yds/TD/Int
■C. パーマー
9/15/93/0/2
[ラン]
Run/Yds/TD/Avg
■M. ブッシュ
8/22/0/2.8
[レシーブ]
Rec/Yds/TD/Lng
■D. ムーア
3/33/0/20
―――――――――――――
【後半】
3Q:ついにパーマーのロングボムが#17/WR/D・ムーアへHit !! 61Yds-TDレシーブで
10-3とリードするも、その後FGを返され10-6から膠着状態へ
4Q:手癖の悪いラウトが意地のINTを奪取するも、OAKはチャンス生かせず3アンドアウト
しかし次のKCの4ダウンギャンブルを阻止しFGへ繋げ追加点
13-6とするもKC次のドライブで49Ydsレシーブを決められその後TDを奪われあっさり同点とされる13-13
(-。-)y-゚゚゚
さらに、残り4秒でKCが49Yds/FGトライ……またこんな感じで負けるのか…
と思いきや今度はDE/T・スコットが値千金のブロック!!!
心臓に負担がかかる今日の試合はOTへ突入する。
■この頃、DENvsBUF試合終了を確認。DENが14-40でBUFにボロ負けしたことを知るw
―――――――――――――
続きを読む

2011年12月24日

―必殺仕事人―#11/K Sebastian Janikowski

身長/体重:188cm/114Kg
生年月日:1978年03月02日(33)
出身校:フロリダ州立大
2000年D-1巡
――――――――――――
リーグNo.1のK
2000年にKとしてはNFL史上初のドラフト1巡指名(全体17位)で入団しRAIDERS一筋

2010年2月には、KとしてはNFL史上最高額となる4年総額1600万ドル(約14億4000万円)で契約を更新した。
2010シーズン、リーグ最多の33本のFGを決め、今年の開幕戦9/12のDEN戦ではNFLタイ記録となる63YdsのFGを決めた。
2007年にも61YdsのFGを決めているためリーグ史上初となる60Yds以上のFGを通算2本成功させたKとなった。

POLAND出身のジャニコウスキーは、母国ではU-17に選出される程のサッカー選手であったが、高校の時に親のアメリカ移住に伴い渡米。
英語はほとんどしゃべれなかったが、編入したオレンジウッド・クリスチャン高のサッカー部では5試合で15ゴール大活躍を見せ、チームを州の決勝まで導いた。

同時にアメフトでKも務め、50Yds超のFGを決めて一躍注目の存在となった。フロリダ州立大学からスカラシップを得て、ジャニコウスキーはアメフトのKとして生きていくことを決意した。

2002シーズンのSBにも出場

■2011スタッツ
GP:15/FG:31/FGA:35/FG Pct/88.6/FGA:1-19(1)/FGA:20-29(8)/FGA:30-39(5)/FGA:40-49(11)/FGA:50+(10)/Long:63/XPM:36/XPA:36/KickPt:129

70c8fed8.jpg



saha4678 at 21:32|PermalinkRAIDERS 

【WEEK16】KANSAS CITY CHIEFS戦 その2ー勝利への飽くなき闘争心―

明日、DEN勝利で9-6、OAKが敗戦なら7-8となり2011年RAIDERSのシーズンは終了。
勝てば最終週WEEK17迄、地区優勝の可能性が残るが果して…
―――――――――――――
《WEEK16》故障者情報です。
■OAK(アウトのみ)
・S/M.ハフ(アウト)
・DT/J.ヘンダーソン(アウト)
・RB/D-MAC(アウト)
・WR/J.フォード(アウト)
・QB/J.キャンベル(アウト)
―――――――――――――
試合に出ないやつらの事は考えないようにして、KCに勝てないようでは最終週のSDにも勝てないと思う。結果いかんで最終週が消化試合となる暁には、SD戦のQBは#6/T・プライアーでお願いしたい。というか出せ。

今季のルーキーQB、CAR/C・ニュートン、CIN/A・ダルトンは開幕から全試合先発。
その他、JAX/B・ギャバード、MIN/C・ポンダーにHOU/T.J・イエーツ、TEN/J・ロッカー等がNFLデビューしている。

諸事情により捕捉ドラフトにて3巡指名でRAIDERSが獲得し、契約後もカレッジ時代の不祥事がNFLで適用され5試合の登録禁止処分。
処分明けロスター登録後、ここまでプライアーに出番なし。
J・キャンベルの故障後、チャンスが与える間もなくC・パーマーが加入したことにより出場の可能性は更に低くなり、プライアー関連のnewsも全くと言っていいほど記事になることが無くなった。
続きを読む

2011年12月22日

【WEEK16】KANSAS CITY CHIEFS戦ーCommitment to Excellence―

残り2試合。敵地で1差4位のKCと対戦。KCファンはNFLで1番熱いと聞いたことがあるが本当かいな。1番ガラ悪いのがOAKなのは自他ともに認めるところだが。
チーム成績

■OAK
オフェンストータル :11位○
└─- パス :12位○
└─- ラン  : 6位◎
ディフェンストータル:27位×
└─- パス :23位△
└─- ラン  :26位×

■KC
オフェンストータル :27位×
└─- パス :26位×
└─- ラン  :14位○
ディフェンストータル:16位○
└─- パス : 9位○
└─- ラン  :24位△

トータルで見ると#OはOAK、#DはKCというところか。
またKCには《絶対王者》GBを新HC初戦で敗る番狂わせでメンタル面のプラスαが加わる。
先発したK・オートンも内容は悪くなかったようなので、T・パルコが投げてた時とは違うス#Oを展開すると見てよい。
OAKがKC戦を落としTebowがBUFに勝てばGAMEOVERシーズンエンド
―――――――――――――
今季のOAKを見てて気になるのが3rdDownコンバージョンのダメダメぶり。
成功率調べてみたら[Att/213-MADE/63で成功率29.6%]だと。
1/3以下ってマジ勘弁orz

ついでに反則も。
OAKのスタイルっちゃあスタイルだけど、ついでに調べたら#Oはリーグ1位で140回/1202Yds罰退orz(#Dは101回/826Yds罰退でリーグ6位)って、昔みたいに反則多かたって強いって事ならむしろ歓迎するけど、今季の勝ち星じゃ反則で自滅してるって事になっちまう。ダセぇよ。
続きを読む

2011年12月20日

AFC西地区順位表[WEEK15終了時点]

■AFC西地区《WEEK15》結果
○ KC 19-14 GB
●OAK 27-28 DET
●DEN 23-41 NE
○ SD 34-14 BAL

・WEEK14終了時、シーズンエンドのお疲れ様宣言を発表したKCが全勝GBに、まさかの勝利。
ベリチックに取って、Tebowは青二才だったようで7連勝はならず。
SDは難しいと思われたR・ルイス復帰のBALに勝ち3連勝。
OAKは思い出したくもないので割愛。

結果、AFC西地区順位は以下
―――――――――――――
勝|負|分|得点|失点|同地区
1. DENVER BRONCOS
8| 6| 0|292|343|3-2
2. OAKLAND RAIDERS
7| 7| 0|317|382|2-2
3. SAN DIEGO CHARGERS
7| 7| 0|358|313|2-3
4. KANSAS CITY CHIEFS
6| 8| 0|192|319|2-2
――――――――――――
残り2試合、来週《WEEK16》各チームの対戦は以下

■DEN(8-5)=@BUF(5-9)
■OAK(7-7)=@KC(6-8)
■SD(7-7)=@DET(9-5)
■KC(6-8)=OAK(7-7)

・Tebowはいつもの弱いBUFに戻ったBUFと敵地で対戦。西地区を面白くするためにBUFには意地を見せて欲しい。
・SDはNFCのWCを狙うDETと敵地で対戦。今週OAKを敗ったDET。強いDETに期待。
・OAKは敵地で今週GBを敗り大金星を挙げたKCと対戦。
今季1回目の対戦となったWEEK7では、#8/キャンベル故障の為、#7K・ボウラーが初先発も3INTで試合を壊し、急遽移籍直後のパーマーが出場するも3INTを喫し計6INTと散々な内容で0-28で完封負け。
雪辱戦となる。
―――――――――――――
次にAFC WC争い


続きを読む