2011年11月25日

【WEEK12】 CHICAGO BEARS戦

さて、CHI/QB/J.カトラー欠場により相手のパス#O能力が下がることは間違いないので良いのですがイコールそれはラン主体で攻めて来る事を意味します。

WEEK11終了時点のチーム成績比較です。

【OAK】6勝4敗
オフェンストータル :10位○
└─- パス :19位△
└─- ラン  : 3位◎
ディフェンストータル:24位△
└─- パス :20位△
└─- ラン  :25位×

【CHI】7勝3敗
オフェンストータル :17位△
└─- パス :22位△
└─- ラン  :14位○
ディフェンストータル:25位×
└─- パス :30位×
└─- ラン  :10位○

この数字の信憑性は低いですがとりあえず[#OはOAK/ラン3位、CHI/ラン14位][#DはOAK/ラン25位、CHI/パス30位]ということです。
「じゃあOAKはパス主体で攻めればチャンスがある」と思ってしまいがちですが、それは間違いです。
OAKは相手がどこでもラン主体で攻めるべきです。地上戦です。

ラン8割+パス2割が理想です。
3rdダウンOUTの場合、FG/50Yds以内なら全部ジャニ公が決めてくれます。

CHIの#Oについてですが、基本ラン主体で攻めて来ると思います。C.ヘイニーというQBはキャリア初先発らしいです。調べても昨年のCSで途中から投げて…など眠たい情報しか出てきません。CHIのOLは弱いらしいのでパス#Oにも彼にはチャレンジして欲しいです。そしてサックを量産してあげましょう。
――――――――――――
CHIのラン#Oについては926Ydsを稼いでいるRB/M.フォルテが要注意ですが、やられる時はやられるのでOAK#Dに過度の期待はしません。
今季DALから加入のRB/M.バーバーも調子上げてるみたいですが上に同じです。

KR/PRのD.ヘスター(リターンTDのNFLレコード更新中)も注意しても無駄だと思いますが安全策として、ジャニ公のKICKOFFはall、ENDZONE超えのタッチバック。レクラーのパントはall外出しパントで(フェイクパントあるでしょうか)
―――――――――――――
続きを読む

2011年11月24日

AFC西地区順位表[WEEK11終了時点]

マンデーナイト[NEvsKC]の結果は[34-3]で当然ようにNEが勝ちました。

WEEK11終了時点/AFC西地区の順位は以下となります。

■AFC西地区/WEEK11終了時点
――――――――――――
勝|負|分|得点|失点
――――――――――――
1.OAKLAND RAIDERS
6| 4| 0|235|254
2.DENVER BRONCOS
5| 5| 0|205|247
3.SAN DIEGO CHARGERS
4| 6| 0|236|259
4.KANSAS CITY CHIEFS
4| 6| 0|144|252
――――――――――――
地区首位ですww

WEEK12の各チームの対戦は以下
[OAK VS CHI]/[SD VS@DEN]
/[KC VS PIT]

c82d8e0e.jpg

続きを読む

2011年11月23日

#9/P Shane Lechler

身長/体重:188cm/102Kg
生年月日:1976年08月07日(35)
出身校:テキサス農工大
2000年ドラフト5巡
―――――――――――――
RAIDERS一筋11年。今季開幕戦ではNFL史上最長となる77Ydsの新記録を打ち立てた。
またWEEK6のCLI戦ではFGフェイクからK.ボスへのTDパスという奇策も決めてみせた(学生時代QB経験者)。
パントの平均飛距離も突出している。
だが本来チームにとってパントの数字を積み上げるのは名誉ではない。
パント回数の多さは攻撃権を放棄してきた証であり攻撃力の欠如を意味しており飛距離についても自陣深くからの場面が多いため伸びるということである。

今季のパント回数が、例年に比べ少なければ、RAIDERSの攻撃力がUPしたということか…
――――――――――――
2000年代のオールディケイドチームにRAIDERSから現役選手として唯一選ばれた。
オールプロ&プロボウルに6度選出されている。
2009年に、年俸総額1,200万ドル(約11億2,000万円)で4年再契約を結び、リーグ史上最高額のPとなっている。

■2011スタッツ
GP:16/Punts:78/PuntYd:51/Long:80/TB:9/TB%:12/In:20(27)/In:20%(35)/PRYds:593/Avg(PRYds):13/NetAvgYds:41


f57ee6df.jpg


saha4678 at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)RAIDERS 

2011年11月21日

MINNESOTA VIKINGS戦 その4~運も実力のうち~

WEEK11 MIN戦の結果は、その3でお伝えしたように[27-21]で RAIDERSが勝ち、6勝4敗とした。

今日の試合はLIVE観戦したが、事情により2Qから見た。
1QでTDランを決められたADの姿が無く、MINに知らないRBがいる。

まさか怪我で負傷退場なんてことは…と思った矢先にVが流れて確認。
「LUCKY!!w」と朝方4時に声を上げる。最低だ。敵とはいえ俺はサイテーな人間だ。しかしRAIDERSが勝てばいい「Just win baby」だ。
RAIDER NATIONはそれで良いと決めつけ、自分を正当化したが、正直ADがそのまま出ていたら負けていた可能性が高い。
LIVE観戦した人は分かると思うがAD抜きでも4Qは胃に悪い展開であり、終了間際に逆転負けしたWEEK2のBUF戦を思い出させるような嫌な時間帯が最後まで続いた。
だが今日はADの他にも強敵がいた。
続きを読む

MINNESOTA VIKINGS戦 その3~結果良ければ全て良し~

【結果】WIN〇OAK[27-21]

今日の試合はLIVE観戦

【前半】
・#27/FS/M.ジョルダノのINTとMINのPRファンブルで得たTURNOVER2回を得点に繋げる。
・#87/TE/K.ボスもようやくパスターゲットとして使われるようになり前半を24-7で折り返す。
【前半OAK得点経過】
■OAK 1Q FG
S. ジャニコウスキー
■OAK 2Q TD
(パス) C. パーマー→C. シレンス
■OAK 2Q TD
(ラン) M. ブッシュ
■OAK 2Q TD
(ラン) C. パーマー
――――――――――――
【3Q】
・#93/DT/T.ケリーのたなぼたINTで3回目のTURNOVERを獲得しモメンタムは完全にRAIDERS
【3Q OAK得点経過】
■OAK 3Q FG
S. ジャニコウスキー
―――――――――――――
【4Q】
・#85/WR/DHBがレシーブ後に無用な惰性タックルを頭部に受けピクリとも動かず退場となる
・直後の48FGをジャニ公が失敗。
これを機に流れがおかしくなる
続きを読む