【WEEK14】GREEN BAY PACKERS戦 その3―第1Qにて試合終了orz そして…―【WEEK15】DETROIT LIONS戦

2011年12月13日

AFC西地区順位表[WEEK14終了時点]

さて、OAKが《絶対王者》GBに完膚無きまでに叩きのめされ連敗(●16-46)を喫し7勝6敗となり、KCも予想通りNYJに完敗(●10-37)し5勝8敗。
逆に勝ち予想していたSDはBUFに圧勝(○37-10)し、6勝7敗となりました。
そして、DENがOTの末、劇的な勝利(○13-10)で6連勝をはたし、8勝5敗。
混戦模様のAFC西地区WEEK14終了時点の順位は以下のようになりました。

■AFC西地区/WEEK14終了時点
――――――――――――
勝|負|分|得点|失点
――――――――――――
1. DENVER BRONCOS
8| 5| 0|269|302
2. OAKLAND RAIDERS
7| 6| 0|290|354
3. SAN DIEGO CHARGERS
6| 7| 0|324|299
4. KANSAS CITY CHIEFS
5| 8| 0|173|305
――――――――――――
ついにDENが単独首位に立ちました。

来週【WEEK15】各チームの対戦相手は以下です。

■DEN(8-5)=NE(10-3)
■OAK(7-6)=DET(8-5)
■SD(6-7)=BAL(10-3)
■KC(5-8)=GB(13-0)
―――――――――――――

レギュラーシーズンも残り3試合
【WEEK15】は全チームHOMEです。

各チームの考察を、自分勝手に書き込みます。
間違っていたら申し訳ありません。ご寛恕ください。




■KC
《絶対王者》GBと対戦ですが、現有戦力では99%負けます。
結果、5勝9敗となり優勝の可能性が消えますのでシーズンエンドです。
シーズン序盤にいきなり主力RB/J.チャールズがIR入り。WEEK10にはQB/M.キャセルまでもがIR入りし、慌ててDENから獲得したQB/K.オートンも初戦で骨折するなど、気の毒なシーズンでした。
HCもクビになってしまいました。お疲れ様でした。

■SD
6連敗後、予想どおり連勝し追い上げてきましたが次の相手は強豪BAL。
BALは現在10勝3敗で北地区首位です。(PITと同率も同地区4-0のため)HOMEは全勝7-0/AWAYは3-3
AWAY3敗の相手はHOU/JAX/SEAと格下相手に取りこぼしの感がありますが、リーグ最強クラスの#Dはここ3試合連続10失点以下に抑えてます。
SDとしては3連勝して優勝争いに残りたいところですが、難しい試合になると思います。
ただ、BALのQB/J.フラッコは時々、別人のようにダメな時があるので、その場合はSDが勝つ可能性も十分あります。

■DEN
この試合に勝てば7連勝のDEN=Tim Tebow
対戦相手は、10勝3敗でAFC東地区首位のNEです。
説明不要の強豪ですが、今季3敗しています。
負けた相手はシーズン前半だけ強かったBUFと強豪PIT&NYG。
《知将ベリチック VS Tebow》の戦いということになるでしょうか。

百戦錬磨のベリチックは、Tebow対策も十分練ってくるでしょうから普通に考えるとTebowは完敗するはずです。

しかしTebowの勝ち運は未知数です。
もしTebowが、NEを下し7連勝するようなことがあれば事件です。

■OAK
DET戦については、改めて更新しますが、AFC西地区は10勝が優勝ラインとみてますので、OAKは3連勝しなければなりません。
今季のDETはOAKより強いと思います。
しかし条件次第で、きっと勝てると信じてます。

saha
342efd3d.jpg

saha4678 at 17:20│Comments(0)TrackBack(0)AFC西地区 順位 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【WEEK14】GREEN BAY PACKERS戦 その3―第1Qにて試合終了orz そして…―【WEEK15】DETROIT LIONS戦