■AFC西地区《WEEK15》結果
○ KC 19-14 GB
●OAK 27-28 DET
●DEN 23-41 NE
○ SD 34-14 BAL

・WEEK14終了時、シーズンエンドのお疲れ様宣言を発表したKCが全勝GBに、まさかの勝利。
ベリチックに取って、Tebowは青二才だったようで7連勝はならず。
SDは難しいと思われたR・ルイス復帰のBALに勝ち3連勝。
OAKは思い出したくもないので割愛。

結果、AFC西地区順位は以下
―――――――――――――
勝|負|分|得点|失点|同地区
1. DENVER BRONCOS
8| 6| 0|292|343|3-2
2. OAKLAND RAIDERS
7| 7| 0|317|382|2-2
3. SAN DIEGO CHARGERS
7| 7| 0|358|313|2-3
4. KANSAS CITY CHIEFS
6| 8| 0|192|319|2-2
――――――――――――
残り2試合、来週《WEEK16》各チームの対戦は以下

■DEN(8-5)=@BUF(5-9)
■OAK(7-7)=@KC(6-8)
■SD(7-7)=@DET(9-5)
■KC(6-8)=OAK(7-7)

・Tebowはいつもの弱いBUFに戻ったBUFと敵地で対戦。西地区を面白くするためにBUFには意地を見せて欲しい。
・SDはNFCのWCを狙うDETと敵地で対戦。今週OAKを敗ったDET。強いDETに期待。
・OAKは敵地で今週GBを敗り大金星を挙げたKCと対戦。
今季1回目の対戦となったWEEK7では、#8/キャンベル故障の為、#7K・ボウラーが初先発も3INTで試合を壊し、急遽移籍直後のパーマーが出場するも3INTを喫し計6INTと散々な内容で0-28で完封負け。
雪辱戦となる。
―――――――――――――
次にAFC WC争い