いよいよ最終週。
まず概要。
大本営の記事から抜粋
―――――――――――――
■OAK《本拠地で同地区SDを迎え撃つ。現在8勝7敗のOAKはAFC西地区で首位DENと同率の2位、AFC WCでも2位のCINを1ゲーム差で追っている状況。ともに他力本願でありながら、自らが勝利することにより両方でPLAYOFFの可能性は残っている。
ただ、エースRB/D-MACを故障で欠いている攻撃陣は、ここ4試合の内、3試合で16得点以下と苦戦が続いている。OAKとしてはRB/M・ブッシュを中心としたランで地上戦を制圧する展開に持っていくことが重要。
■SD《7勝8敗のSDは、先週DETに敗れ2年連続となるPLAYOFF行きを逃すことが確定。ただ、ここで同地区ライバルを下し、何とか勝率5割でシーズンを終えたい。また、アウェーでのOAK戦は、過去7試合で6勝と良い結果を残している。
今季キャリア最低の19INTと苦しんだリバースだが、1試合1INT以下の場合、5勝2敗と勝ち越しているので、この試合はパスを通し続けていけるかが勝利の鍵となるのは間違いない。あとは前回の対戦で191Ydsを献上してしまったラン守備で踏ん張れるかだ。》
―――――――――――――
との事。まあ概要はこの通りだがいかにもD-MACが欠場決定のような言い回しが気に入らない。
―――――――――――――
さて前回11/11[WEEK10]は、OAKが敵地で勝利(24-17)。
試合の主な個人成績は以下

《パス》[Cmp/Att/Yds/TD/Int]
■OAK
C.パーマー[14/20/299/2/1]
パス成功率70%/Rate125
■SD
P.リバース[23/47/274/2/1]
パス成功率48%/Rate72.5
―――――――――――――
《ラン》[Run/Yds/TD/Avg]
■OAK
M.ブッシュ[30/157/1/5.2]
T.ジョーンズ[7/39/0/5.6]
■SD
M.トルバート[7/36/0/5.1]
R.マシューズ[6/34/0/5.7]
―――――――――――――
《レシーブ》[Rec/Yds/TD/Lng]
■OAK
D.ムーア[5/123/2/46]
M.ブッシュ[3/85/0/55]
■SD
V.ブラウン[5/97/1/30]
A.ゲイツ[5/54/0/22]
―――――――――――――
この試合で[鬼神]ブッシュはRun/157Yds(1TD)&Rec/85Yds=スクリメージ242Ydsと爆発
また今やエースレシーバーに成長したD・ムーアは46Yds/TDレシーブを含む2TDの活躍
#Dは、常に激しいラッシュをリバースにかけ続けパス成功率48%に抑えたことも勝利の要因となった。
浴びせたサック数はOLB/K・ウェンブリーの4を含む計6回
今回も#Oはランを主体に時折ロングボムという展開が理想で#Dは常にパスラッシュをかけ続けリバースに時間を与えないようにするべし。
―――――――――――――