sahaっす

結果は20-23で敗戦・・・
しかし、これぐらいの接戦だと見ごたえもあるっつーもんです。
ボックススコアを見ると、どうみてもウチが勝っていておかしくない数字なんですが
反則(12回-110ヤード)が多くなったというか昨季に戻ってしまった感があります。
でも、それがやっぱりRAIDERSらしいというか「反則が減れば勝率が間違いなく上がる」という
考え方が間違っていたのかもしれませんね。
DAだってそう思っていたに違いないでしょうが僕らファンだってきっとそう思っていたはずです。

「反則が多くたって勝利こそ全て」【JUST WIN BABY】の意味とAL爺の哲学を忘れていたのかもしれませんね。

この試合のボックススコアは以下のとおりです。
【OAK】 【ATL】
22 《第1ダウン獲得回数》 16
6 《ランによる第1ダウン獲得回数》 3
15 《パスによる第1ダウン獲得回数》 11
5-13《 第3ダウンコンバージョン(成功-回数)》 2-9
0-0 《第4コンバージョン(成功-回数)》 0-0
474 《総獲得ヤード》 286
68 《プレイ数》 53
7.0 《平均獲得ヤード》 5.4
149 《ラン獲得ヤード》 45
32 《ラン》 15
4.7 《ラン平均獲得ヤード》 3.0
325 《パス獲得ヤード》 241
23-33 《パス(成功-試投回数)》 24-37
9.0 《パス平均獲得ヤード》 6.3
3-28 《被QBサック数(回数-喪失ヤード)》 1-8
1 《被インターセプト数》 3
5-36.2 《パントの結果(回数-平均ヤード)》 4-52.8
32 《リターン獲得ヤード》 79
2-0 《パントリターン(回数-リターンヤード)》 0-0
2--16 《キックオフリターン(回数-リターンヤード)》 1-29
3-32 《インターセプト(回数-リターンヤード)》 1-79
12-110 《反則(回数-罰退ヤード)》 2-25
2-2 《ファンブル(回数-攻撃権を失った回数)》 0-0
36:26 《攻撃時間》 23:34

やっぱりウチが勝って当たり前みたいな数字なんですが、ATLの試合巧者ぶりに負けたというか
連勝しているチームってのはこんな勝ち方するもんなんでしょうね。

ウチの選手もこの試合で少しは吹っ切れたんじゃないでしょうか。
幸いDMCもD・ムーアも健在ですしDHBも後遺症はないようですし。
次戦以降が楽しみになってきました。

それにつけても#17/D・ムーアはカッコいい。
派手なTDセレブレーションはしません。
「ほら見ろ。どうだコラ。」って感じがクールっすね。

DMCが次戦あたり爆発の予感。
D