2012年10月24日

Week#7 vs JAC戦 結果《W 26―23 OT》【他力本願】

sahaっす

【26-23】
 1Q[3-7]⇒2Q[3-10]⇒3Q[7-3]⇒4Q[10-3]⇒OT[3-0]
結果はOT《ネ申11号》ジャニ公の40YdsFGで決着。
OT






JACのRB/MOJOが1Qで負傷退場しQB/B・ギャバードも2Qで負傷退場するという何ともラッキーなアクシデントにも助けられての勝利ですが勝ちは勝ち。

2勝4敗としAFC西地区暫定3位から単独3位となりましたw
DEN&SDは3勝3敗ということで、内容はともあれ1ゲーム差です。

ちなみにギャバードは負傷退場するまでパス12回中8回成功/110Yds/TD:1/QBRate:123.6と絶好調。
オークランド出身のMOJOも家族と知人を試合に招待していたとの記事も見ました。
つーことは相当張り切っていたことでしょうに負傷退場していなかったら、いったい何Yds走られていたのでしょうか。

さて・・・開幕序盤は酷評ネタとしてCBがターゲットになっていましたが、ネタという話じゃすまされないほど重症のOL
LT#68 J・ヴェルディア(24才)/LG#66 C・カーライル(35才)/C#61 Wiz(23才)/RG #65 M・ブリシール(29才)/RT#79 W・スミス(26才)。
RGがジジイとかRTが誰なんだとかそういう話ではなく未だに続けようとしているZBS。
DMCの走路を確保できず、パーマーも守れずorz
OC愚劣愚に消えてほしい。ついでにOLコーチのFrank Pollack(昨季まで5年間HOUのアシスタントOLコーチ)にも消えてほしい。

さすがのパーマーも、プレイコールに嫌気がさしたんでしょう。後半ノーハドル#Oを展開し少しずつ前に進むようになった結果、同点に追いつくことができたと言っても過言ではないでしょう。
パーマーからDAへのメッセージです。伝わったのかと言えば伝わっていないのでしょう。

でも、パーマーは良くやっているほうだと思います。あーんな小さなポケットで。
DMCもキャリー数が少ないので、それに比例して未だに怪我なく出場できているのかもしれません。

このままだと次戦@KC戦ではJ・チャールズが1Q序盤でMOJOと同じく負傷退場してくれないとマズイです。
先発QBはB・クインへ変更となるようですが、相手のチーム状態云々よりも、こちらの#Oを何とかしてもらわないことにはどうしようもないような気がします。

一方#Dは良くやっていると思いますが、リーグ全体として見ると普通で#Oが酷すぎるため良く見えるのかもしれません。錯覚でしょうか。


錯覚なのか実際ディフェンスのスタッツを確認してみると現時点では以下のとおりです。

《トータル#D》
①.1試合平均失点:28.5点(リーグ27位)
②.1試合平均喪失ヤード:356.8ヤード(リーグ17位)
③.平均喪失ヤード:5.5ヤード(リーグ18位)
④.サードダウンコンバージョン被成功率:41.67%(リーグ20位)
⑤.フォースダウンコンバージョン被成功率:66.67%(リーグ18位)
⑥.レッドゾーン被得点率(TD):63.16%(リーグ25位)
⑦.1試合平均被TD数:3.0回(リーグ23位)

《ラン#D》
①.平均喪失ヤード(5試合):3.8ヤード(リーグ8位)
②.1試合平均喪失ヤード:102.2ヤード(リーグ13位)
③.1試合平均ファーストダウン被更新回数:6.0回(リーグ18位)

《パス#D》
①.被パス成功率(5試合):67.73%(リーグ30位)
②.1プレー平均パス喪失ヤード:6.9ヤード(リーグ19位)
③.1試合平均パス喪失ヤード:254.7ヤード(リーグ22位)
④.インターセプト率(5試合):1.36%(リーグ28位)
⑤.サック成功率(5試合):3.08%(リーグ30位)

日本語表記が適切ではない項目はニュアンスということでご了承ください。

結果《ラン#D》は【1試合平均喪失ヤード:リーグ13位】と、開幕当初と比較すると改善されていると思います。《パス#D》については最下位レベルだと思っていたんですが【1試合平均パス喪失ヤード:リーグ22位】にとどまっています(もう少し上がって欲しいですが・・・)
《トータル#D》でみると【1試合平均失点:28.5点】。ちなみに#Oの1試合平均得点は18.8点(リーグ24位)です。
現在のディフェンス陣に、これ以上の数字を求めるのは酷だとするならば、オフェンス陣が1試合平均で30点以上稼ぐ必要があるってことです。

30点以上というとTD(EXP含む)4回とFG1回で31点とか、TD(EXP含む)3回とFG3回で30点とかですが、今の#OにTD4回は難しいでしょう。TD4回というと#DのファンブルリターンTDとかインターセプトTDなどが1回は、必要と思われますが今季の#D陣にソレは期待薄です。
なので、TD(EXP含む)3回とFG3回で30点が理想ということになります。
今季のRAIDERSの試合で30点以上挙げているのはWeek#3での初勝利PIT戦(34-31)のみです。
この試合の得点経過は、DMCのTDラン⇒DHBのTDレシーブ⇒R・ゴードンのTDレシーブ⇒D・ムーアのTDレシーブ⇒ジャニ公FG⇒ジャニ公FGです。7+7+7+7+3+3=34です。
このぐらいが#Oに求める限界だと思います。
この試合でDMCは18キャリーの113ヤード(平均6.3ヤード)稼いでいますので、DMCは100ヤード以上ゲインできれば今のチーム力でも30点以上は稼げるということに無理矢理結論づけてしまいます。
パスターゲットはWR/D・ムーア、DHB、R・ストリーター、J・クライナー、D・ヘイガン&TE/B・マイヤーズ&FB/リースと駒がいますし絶対的なエースレシーバー不在も利用しましょう!!

あとそうだ忘れてましたが、JAC戦のMVPはDE#99のL・ヒューストン君で。
オーバータイム敵陣深い位置でのファンブルフォース!!!よくぞ決めてくれました。
ありがとー(^o^)丿
#99
















saha4678 at 12:30│Comments(4)RAIDERS GAME 2012 

この記事へのコメント

1. Posted by sage   2012年10月25日 11:14
こんにちは

おっしゃる通りまさに「他力本願」
まともな相手なら41-16ぐらいで負けててもおかしくない内容でしたね…

しかし、勝ちは勝ちです。内容は良かったATL戦に比べてもやはり勝つに越したことは無いですね
MASHさんの受け売りですが、個人的にMVPはギャバートを壊したケリーにあげたいです
このプレイは反則だったけど、こういう展開になるなら反則も歓迎?(おいおい)
あとディフェンスですが、失点の多くはターンオーバーやSTのミスからの失点が多く、
崩壊したMIA戦、DEN戦はむしろ何もできないオフェンスにスタミナも気持ちも切れた末での結果だと考えています
つまりオフェンスもディフェンスも愚劣愚逝ってよし!
パーマーがマニングばりのプレイコールだせるならもう全部パーマーに任せて、
愚劣愚はベンチで置物になってもらったら良いんじゃないかな(笑)

幸いKC、TBと今季あまり調子の上がってない相手との連戦なので、「選手兼任OCパーマー」で勝ちましょう!
2. Posted by saha   2012年10月27日 00:13
>sageさん

こんばんは
はじめましてで宜しいんでしょうか??
もしそうなら今後とも宜しくお願いします。
さてOC兼QBの件、相当ハードと思いつつパーマー自身が最善と思うオフェンスが展開できるわけですからパーマーにとっては最高ですよね。愚劣愚のプレイコールはall無視でw
おっしゃるとおりディフェンスの集中力を欠くようなプレーはやめてもらわないと…
とにかくKC戦は後々の奇跡を考えると死んでも負けるわけにはいきません。割とTBはやるみたいなんで…とりあえず3勝目確保です!!
3. Posted by ZEON   2012年10月27日 14:40
しぃまったあああ!
某掲示板と間違えて名前欄にsageと書いてしまってた(汗)
↓↓の書き込みはZEONっす(^_^;)
確認はしておくもんだなあ…
4. Posted by saha   2012年10月28日 00:40
ZEONさんでしたかぁ!!
いつもありがとうございます。
りょーかいしました(^_^)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字