2012年01月

2012 NFL FA 【RB編】

NFL 2012年のFAリスト【RB編】っす。
OAKは#25/R.カートライトと#29/M.ブッシュがFAです。
もしもブッシュが移籍しちまったらマジで厳しいな…

*RはUFA
――――――――――――
01.L・Stephens ARI(R)
*出場:14
*ラン回数:43
*ラン獲得ヤード:167
*ラン平均獲得ヤード:3.9
*ランタッチダウン:0
02.C・Taylor ARI
*出場:12
*ラン回数:20
*ラン獲得ヤード:77
*ラン平均獲得ヤード:3.9
*ランタッチダウン:1
03.G・Johnson ATL(R)
*出場:0
04.J・Snelling ATL
*出場:15
*ラン回数:44
*ラン獲得ヤード:151
*ラン平均獲得ヤード:3.4
*ランタッチダウン:0
05.J・McKie BAL
*出場:0
06.R・Rice BAL
*出場:16
*ラン回数:291
*ラン獲得ヤード:1364
*ラン平均獲得ヤード:4.7
*ランタッチダウン:12
07.T・Choice BUF
*出場:6
*ラン回数:23
*ラン獲得ヤード:70
*ラン平均獲得ヤード:2.7
*ランタッチダウン:1
08.T・Sutton CAR(R)
*出場:0
09.J・Felton CAR
*出場:9
*ラン回数:3
*ラン獲得ヤード:10
*ラン平均獲得ヤード:3.3
*ランタッチダウン:0
10.M・Forte CHI
*出場:12
*ラン回数:203
*ラン獲得ヤード:997
*ラン平均獲得ヤード:4.9
*ランタッチダウン:3
11.K・Bell CHI(R)
*出場:13
*ラン回数:79
*ラン獲得ヤード:337
*ラン平均獲得ヤード:4.3
*ランタッチダウン:0
12.C・Pressley CIN(R)
*出場:15
*レシーブ回数: 3
*レシーブ獲得ヤード:19
*レシーブ平均獲得ヤード:6.3
*レシーブタッチダウン:0
13.F・Vakapuna CIN(R)
*出場:0
14.P・Hillis CLE
*出場:10
*ラン回数:161
*ラン獲得ヤード:587
*ラン平均獲得ヤード:3.6
*ランタッチダウン:3
15.S・Larsen DEN
*出場:16
*ラン回数:14
*ラン獲得ヤード:44
*ラン平均獲得ヤード:3.1
*ランタッチダウン:0
16.L・White DEN
*出場:0
17.M・ Morris DET
*出場:16
*ラン回数:80
*ラン獲得ヤード:316
*ラン平均獲得ヤード:4.0
*ランタッチダウン:1
18.A・Brown DET(R)
*出場:1
*レシーブ回数:9
*レシーブ獲得ヤード:9
*レシーブ平均獲得ヤード:9.0
*レシーブタッチダウン:0
19.R・Grant GB
*出場:15
*ラン回数:134
*ラン獲得ヤード:559
*ラン平均獲得ヤード:4.2
*ランタッチダウン:2
20.D・Ward HOU
*出場:12
*ラン回数:45
*ラン獲得ヤード:154
*ラン平均獲得ヤード:3.4
*ランタッチダウン:2
――――――――――――
ブッシュに、もしものことがあった場合、パワーラッシャーとしてはヒリスが欲しいなぁ。
【ネ申】D-MACがフル出場ってのは考えられないし…
タイワンさんがブレイクすれば2枚看板で行けそうだけどブレイクする予感がしないんだよなぁ。
ファイル0324




続きを読む
sahasaha4678コメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

2012 NFL FA【QB編】

NFL 2012年のFAリスト【QB編】っす。

OAKは#7/K.ボーラーと#8/J.キャンベルがFAです。
 
*RはUFA
――――――――――――
01.R・Bartel ARI(R)
*出場:2
*パス試投回数:22
*パス成功回数:10
*パス獲得ヤード:86
*パスタッチダウン:1
*QBレーティング:52.5
02.C・Redman ATL
*出場:5
*パス試投回数:28
*パス成功回数:18
*パス獲得ヤード:188
*パスタッチダウン:0
*QBレーティング:68.8
03.J・Delhomme HOU
*出場:1
*パス試投回数:28
*パス成功回数:18
*パス獲得ヤード:211
*パスタッチダウン:1
*QBレーティング:99.0
04.B・Quinn DEN
*出場:0
05.S・Hill DET
*出場:2
*パス試投回数:3
*パス成功回数:2
*パス獲得ヤード:33
*パスタッチダウン:0
*QBレーティング:103.5
06.D・Stanton DET
*出場:0
07.M・Flynn GB
*出場:5
*パス試投回数:49
*パス成功回数:33
*パス獲得ヤード:518
*パスタッチダウン:6
*QBレーティング:124.8
08.K・Orton KC
*出場:5
*パス試投回数:97
*パス成功回数:59
*パス獲得ヤード:779
*パスタッチダウン:1
*QBレーティング:81.1
09.T・Palko KC(R)
*出場:6
*パス試投回数:134
*パス成功回数:80
*パス獲得ヤード:796
*パスタッチダウン:2
*QBレーティング:59.8
10.C・Henne MIA
*出場:4
*パス試投回数:112
*パス成功回数:64
*パス獲得ヤード:868
*パスタッチダウン:2 79.0
11.B・Hoyer NE(R)
*出場:3
*パス試投回数:1
*パス成功回数:1
*パス獲得ヤード:22
*パスタッチダウン:0
*QBレーティング:118.8
12.C・Daniel NO(R)
*出場:16
*パス試投回数:5
*パス成功回数:4
*パス獲得ヤード:29
*パスタッチダウン:0
*QBレーティング:90.8
13.D・Brees NO
*出場:16
*パス試投回数:657
*パス成功回数:468
*パス獲得ヤード:5476
*パスタッチダウン:46
*QBレーティング:110.6
14.S・Rosenfels MIN
*出場:0
15.M・Brunell NYJ
*出場:16
*パス試投回数:3
*パス成功回数:1
*パス獲得ヤード:27
*パスタッチダウン:0
*QBレーティング:67.4
16.K・OConnell NYJ(R)
*出場:0
17.K・Boller OAK
*出場:2
*パス試投回数:28
*パス成功回数:15
*パス獲得ヤード:161
*パスタッチダウン:0
*QBレーティング:31.1
――――――――――――――
■ボーラーはカット濃厚だろうけど綺麗な奥さん貰ってんだから、もう少し頑張れよぉ。
ファイル0322

続きを読む
sahasaha4678コメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

RAIDERSは君を待ってる。その2―WR/Chad Ochocinco―

*生年月日:1978/01/09(34)
*身長体重:185cm/87kg
*出身校:オレゴン州立大
2001年/2巡(CIN)→2011年(NE)
2008年シーズン中に背番号85に基づき、チャド・ジョンソンからチャド・オチョシンコに改名
―――――――――――――
僕はオチョシンコが大好きだ。
これまでに、フィールド内外で様々なパフォーマンスを披露し楽しませてくれた。
2011年を振り返るだけでも、いくつかある。
2011年3月、NFLがロックアウトにより中止されたらプロサッカー選手に転向すると発言していたオチョシンコは事実MLSのカンザスシティ・ウィザーズのトライアウトに参加した。(結果は不合格orz)
4月のドラフトでCINはWR/A.J・グリーンを1巡で指名。
これがフックかどうかは不明だが、5月にはロデオにも挑戦。
これは8秒間雄牛を乗りこなせば、新車と雄牛の命名権を獲得できるというもの。
(結果は1秒半で振り落とされ失敗orz)
オチョシンコは、命名権を獲得した場合は[マービン・ルイス(HC)]と名付けるつもりだったらしい。
これらの行動にCINのオーナーM・ブラウンは「うちが欲しいのはフットボール選手だ」とチクリ。
―――――――――――――
フィールド内ではTDセレブレーションでのパフオーマンスが有名だが、それ以外では2009年のBAL戦でパス捕球成功のコールを受けBALがチャレンジした際、審判に1ドル札をワイロとして渡すパフオーマンスは秀逸だったw(後に罰金20,000ドルを課せられた。
また、同年はCINが地区優勝を決めたシーズンでもあり《舌好調男》の勢いは止まらずWEEK17のNYJ戦前には、マッチアップするリーグトップクラスのCB/D・レビスに向け「マンハッタンの電話ボックスの中でも俺をカバーできない」と挑発したりw
―――――――――――――
さて、オチョシンコの2011シーズンは年棒が600万ドル(約4億9000万)と高額で、且つチームがドラフト1巡で後に大活躍するA・J.グリーンを指名したこともあり、7月にドラフト下位指名権と引き換えにNEへの移籍が決定。
ベリチックが掌握しているNEでは、すっかりおとなしくなってしまいパフォーマンスも影を潜め成績もパッとしなかった。
■2011シーズン成績
*出場:15
*パス捕球回数:15
*パス捕球獲得ヤード:276
*パス捕球平均獲得ヤード:18.4
*パス捕球タッチダウン:1

チームはSB出場を果たしたけどね
ファイル0319



続きを読む
sahasaha4678コメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

RAIDERSは君を待ってる。その1―DT/Albert Haynesworth―

生年月日:1981/06/17(30)
*身長体重:198cm/159kg
*出身校:テネシー大
2002年1巡(TEN)→2009年UFA(WAS)→2011年(NE)→2011年(TB)
2011年11月米経済誌[フォーブス]による現在のNFLで嫌いな選手ランキング第4位w
―――――――――――――
Albert Haynesworth。
ドラフト前の計測では300ポンドを超える巨体ながら、40Ydsで4秒82を叩き出した俊足。
TEN在籍時は、ランストップが主任務であるDTでありながら、スピードを生かしたパスラッシュを売りにし、07・08年の2シーズンで叩き出した計14.5サックはDTとしては驚異的な数字だったが、同時に凶暴な一面も持ち合わせている。

06年のDAL戦では、相手C/A・グロードと激突しブチ切れたハインズワースは倒れているグロードのヘルメットを引きはがしたうえ、足で踏みつけ15針を縫うケガを負わせてしまう。この愚行の代償はフィールド内の行為(事件?)に対してはNFL史上最も重い5試合出場停止処分が下され高くついた。
―――――――――――――
2009年、7年総額1億ドル(約77億5500万円)、4100万ドル(約31億8000万円)保証の破格契約をWASと結ぶ。

しかし、得意とする4-3ディフェンスから3-4ディフェンスへの変更を図るチーム方針に反発。
NTとして起用されることに納得が行かないヘインズワースは2010シーズントレーニングキャンプ前のプログラムを全休する。


続きを読む
sahasaha4678コメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

RAIDERS 【2012 HC決定】

さて、先程nfl.comにRAIDERSの新HCに関するNewsがアップされました。
どうやら決定のようです。

【デニス・アレン】
■プロフィール
1972年9月22 日 テキサス州ハースト生まれの39才
テキサスA&M時代はDB
1996年 BUFとドラフト外契約
■コーチ歴
1996年~99年 テキサスA&Mコーチ
2000年~01年 タルサ大DBコーチ
2002年~05年 ATL アシスタント守備コーチ
2006年~10年 NO DBコーチ
2011年~DEN 守備コーディネーターに抜擢
■メモ
父のグレイディ・アレンはLBとしてATLで5シーズン(1968年~72年)プレイ。 

以下nfl.comより
【レイダース、新HCにマッデン氏以来の守備畑出身コーチが就任へ】
2012.01.25
《現地24日夜、オークランド・レイダースの新HCとしてデンバー・ブロンコスのデニス・アレン守備コーディネーター(DC)が就任することが明らかになった。
NFLネットワークのジェイソン・ラカンフォラ氏が同日早くに両者が合意間近であると伝えており、レイダースのレジー・マッケンジー新GMは夜にアレン氏と面談をすると話していた。
アレンDCはこれまでにニューオリンズ・セインツとアトランタ・ファルコンズでアシスタントディフェンスラインコーチやディフェンスアシスタントなどを務め、今季はDCとしてブロンコスの守備成績向上に大きく貢献した。また、アレンDCはレイダースがここ7シーズンで採用している4-3守備隊形を得意としている。
ディフェンス畑出身コーチがレイダースHCに就任するのは1969年から78年に渡りHCを務めた名将ジョン・マッデン氏以来のこととなる。》との事。



続きを読む
sahasaha4678コメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: RAIDERS 

―帰ってこいよ―#21/CB Nnamdi Asomugha

身長/体重:188cm/95Kg
生年月日:1981年07月06日(30)
出身校:カリフォルア大
2003年D-1巡
2011年UFA(OAK→PHI#24)
■2011シーズン成績(PHI)
*出場:16
*総タックル回数:35
*サック:0.0
*ファンブルフォース:0
*インターセプト:3
―――――――――――――
今季開幕前にドリームチームの一員としてSB制覇目論んだPHIへ5年総額6000万ドル(約46億円)で移籍するも結果はNFC東地区2位(8-8)。
そんなアソムーアはPHI移籍会見で
「ここにはHC、球団社長、GM、オーナー、選手と、上から下まで一流が揃っている。チャンピオンになれると感じられるチームだ」と語った。実際にPHIよりも高い金額でオファーしてきたチームもあったらしいが、アソムーアは最もSB制覇に近いと感じたPHIへ移籍した。
2003年のRAIDERS入りから昨季までPLAYOFF出場も無く勝ち越しも経験したことが無いアソムーアに取っては、2003年以降6度PLAYOFF進出、シーズン負け越しは1度だけというPHIに魅力を感じ、そこを新天地として決断した心情は理解できる。
―――――――――――――
今季のOAK#Dは、シーズン中盤以降崩壊の一途を辿り最終戦で惜しくも地区優勝を逃した。
#77/DE M・ショーネシー離脱も痛かったが、フロント7のポテンシャルはリーグの中でもメンツ的に高い水準にあると思うが、リーダー格の#92/DT R・シーモアの調子(気分)次第という点もあり、安定感に欠けた。

だが、シーズン通して最も酷く最後まで修正できなかったポジションといえば、アソムーア不在のCBだった。
DCが豚野郎であったとしても[シャットダウンCB]アソムーアがいれば地区優勝できたかもしれない。
今でも、いくつかの試合の場面を振り返ると「あそこに、アソムーアがいれば」と、「たられば」だが思ってしまう。
―――――――――――――
2年程前、ある雑誌がアソムーアをこう紹介している。

続きを読む
sahasaha4678コメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: RAIDERS 

【2012年ドラフト&永久欠番#2/QB Jamarcus Russell】

さて、NFL.comでもドラフトに関する記事がUpされるようになってきた今日この頃ですが、2012年のRAIDERSはどのポジションのどの選手をピックするのでしょうか?
指名権をおさらい
―――――――――――――
【1巡】
#3/QB/C・パーマーとトレードでCINへ
【2巡】
プラス2011年7巡(219位)と3巡(92位)[#72/T/J・バークスデイル]+4巡(125位)[#22/RB/T・ジョーンズ)とのトレードでNEへ
【3巡】去年8月補足ドラフトにて#6/QB/T・プライアーを指名
【4巡】#8/QB/J・キャンベルとのトレードでWASへ
【5巡】権利あり
【6巡】権利あり
【7巡】#51/OLB/A・カリーとのトレードでSEAへ
―――――――――――――
…残念ながら5巡・6巡だけっすwww
また、CB/N・アソムア(PHI)&TE/Z・ミラー(SEA)のFA移籍補償で得られる指名権は良くても3巡97位以下ということですが、まあ良いじゃないですかw

アル爺亡き新体制のフロントが残された指名権で、どう動くのか興味があります。

マウンテンゴリラが、スカウティング・コンバインでの40Yds走の記録を目安にするとは思えません。

今やRAIDERSに欠かせない《ディープスレッド》#17/WRorPR/D・ムーアは2011年の5巡です。#12/WRorKR/J・フォードも2010年D-4巡で、#29/RB/M・ブッシュだって2007年D-4巡です。
3人ともRAIDERSを支える選手として活躍してます。

ドラフト外でもNFLで活躍している選手は現にいます。

上位でもアタリ・ハズレがありますし悲観的になることは無いと思ってます。

ただ、つまらないですけど
続きを読む
sahasaha4678コメント(1)トラックバック(0)  
カテゴリ: RAIDERS 

『神の子』Tim Tebow その9 ―DP/DENvsNE《ざまあみろ》―

NEのHomeジレットスタジアムでのディビジョナル PLAYOFF
下馬評では先週のWILDCARD PLAYOFF PIT戦同様NE圧倒的優勢。
ちなみにこの試合の全米テレビ中継視聴率は25.9%と高視聴率を叩きだしたらしく1988年以降のAFC WILDCARD PLAYOFFでは最高との記事も見た。

AFC第1シードのNEは、8連勝でレギュラーシーズン終了後Beyを挟んで休養十分

昨年12/19にWEEK15で対戦した時は23-41でNEがマイルハイでDENに勝利し東地区優勝を決めたが、それから1ヶ月足らず。PLAYOFFで再び対戦することになった。全米の注目を浴びながら、Tebowがボコボコにされるとあっちゃ見逃す訳にはいかない。
また、万が一NEが負けるような事があれば息子に#15のジャージを買い与えるという拷問が待っいるためNEを全力応援。
で、試合開始
※以下( )内は残りTIME/Yds等で[ ]内は得点経過
―――――――――――――
1Q:初回のドライブでベリチックいきなり奇策。TE/A・エルナンデスをRBの位置にセット。ブレイディからハンドオフを受けたエルナンデスが43Ydsランw→W・ウェルカーへTDパスをHIT!(13:09/7Yds)試合開始から2分たらずでNEが先制[DEN0-7]
対するDENはTebowがサックされFUM→NEリカバーでターンオーバー
6:42/TE/R・グロンコウスキーへの10YdsTDバスがHIT! グロンコウスキーがデカイ身体(198㎝120㎏)でダイビングキヤッチする姿に圧巻。[DEN0-14]NE強し。
Tebowイイトコなしw
2Q:14:54/DENがW・マゲイヒーが5YdsTDで1本返すも、7:42 NE/再びグロンコウスキーへ12YdsTDパスをHIT![DEN7-21]と余裕の追加点
その後、Tebowがサックを喰らうw
などでDEN#O全く歯が立たず。
2ミニッツ前の2:06/NEブレイディ→WR/D・ブランチへの61YdsTDパスが決まり[DEN7-28]とするが、自分より人気者になってしまったTebowに対しての妬み・怒りは納まらない。更に残り5秒、5本目のTDパスを三度(ミタビ)グロンコウスキーへHITし[7-35]
ブレイディに始まりブレイディに終わった前半が終了。
まさに、マーカスさんが切望していた展開w
Tebowは『神の子』からNE相手に手も足も出ず『亀の子』へ変貌www
―――――――――――――
【前半チームスタッツ】
■Total Yds
DEN:120  NE:351
■Passing
DEN:20  NE:246
■Rushing
DEN:100 NE:105

3Q:後半に入ってもブレイディはドSぶりを発揮し11:46/A・ヘルナンデスへ6本目の17YdsTDパスをHITし[DEN7-42]とするw
ここからはブレイディのPLAYOFF新記録1試合7TD達成に全米の興味が注がれ出す。
一方、NFLの人気者から試合終了後「やっぱりNFLでは通用しない」と再びBUSTの烙印を押されてしまうTebow。
『復讐の鬼』K・オートンが自宅でビール片手にポテチを食いながら
「ざまあみろwチ●カス野郎」と吐き捨てる光景が目に浮かぶ。
そんなチ●カス野郎はサックされ、お得意のランも出ず焼け石に水のFG(2:19)がやっと…トホホだね。
[DEN10-42] 3Q終了
4Q:NEがFG(12:44)で追加点
[DEN10-45]
その後、NEの悪戯でブレイディがフェイクパント蹴ってDENのLB/B・ミラーが切れて乱闘になったりグダグダした感じで試合終了
NE強し。
続きを読む
sahasaha4678コメント(9)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

『神の子』Tim Tebow その8 ―Divisional PLAYOFF:DENvsNE―

先週のWILDCARD PLAYOFFでベンロス率いる昨季SB出場チームのPITをOT末撃破したDENが1/15(日)にDivisional PLAYOFFで対戦するのは、レギュラーシーズン13勝3敗のAFC第1シードNE
本拠地で[マイルハイの奇跡]を演出したTebowの次なる舞台はNEの本拠地ジレットスタジアムとなるw
ではチーム成績の比較から。

■DEN(レギュラーシーズン)
オフェンストータル :23位△
└─- パス :31位×
└─- ラン  : 1位◎
ディフェンストータル:20位△
└─- パス :18位△
└─- ラン  :22位△
ターンオーバーレシオ:26位×
(TAKE18/GIVE30=DIFF-12)

■NE(レギュラーシーズン)
オフェンストータル : 2位◎
└─- パス : 2位◎
└─- ラン  :20位△
ディフェンストータル:31位×
└─- パス :31位×
└─- ラン  :17位△
ターンオーバーレシオ: 3位◎
(TAKE34/GIVE17=DIFF17)

NEのハイパーオフェンスvsDENディフェンスのパスラッシュ
DENのランオフェンス(オプション付き)vsベリチックのTebow対策という構図でしょうか。
NEのパス#Dは数字上31位でザルと言われたりしますが、ターンオーバーレシオはリーグ3位。AFCではトップです。これは、NEを追いかける展開が多いと対戦チームは点差を詰めるためにパス主体の攻めになりがちです。
パスD#の回数、パスを通される割合が他チームより多くなるため数字上31位という事も考えられます。
従って、インターセプトの機会も増加しTAKE(奪取)34回、ReturnTD等のビッグプレーのチャンスも多くなり、#Dが作った機会を確実に得点へ結びつけモメンタムを握ることでNEの強さに貢献しているとも思ったりしますが妄想でしょうかw

ではPITはどうだったのでしょう。今更ながら来季のOAKのためにも確認しましたw

―――――――――――――
■PIT(レギュラーシーズン)
オフェンストータル :12位○
└─- パス :10位○
└─- ラン  :14位○
ディフェンストータル: 1位◎
└─- パス : 1位◎
└─- ラン  : 8位◎
ターンオーバーレシオ:29位×
(TAKE15/GIVE28=DIFF-13)
リーグ1位(トータル)の#Dは《鉄壁》の筈でしたが結果はTebowにやられました。
意外な事にターンオーバーレシオはリーグ29位で、-13という差異はAFC最下位です。
ということはNEのように前半に相手を突き放すゲームが少なく接戦が多い、もしくは後半に得点もしくは逆転するケースが多いため相手もパス偏重の攻めをする必要がない(なかった)ということが数字に表れているのかもしれませんが、妄想でしょうか。
特にPITのパス#Dはリーグ1位です。これはTebowのパス能力が低いためパス#DをないがしろにしDENのラン#Oばかりを警戒したばかりにTebowに316Ydsも許してしまったのではないかと思うのですが、これは妄想ではなく現実に起きたことですw
――――――――――――
つまり、NEが前半である程度点差をひろげ、後半ベリチックがそれなりにTebowのパスを警戒した#Dを敷いた場合、TebowはINTの山を築き自滅したりするのではないのでしょうか。
――――――――――――

続きを読む
sahasaha4678コメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

新GMレジー・マッケンジー

今更ながらヒュー・ジャクソンを即効クビにした
新GMについて調べてみた。

GBの時と会見時の写真比べたら全く印象が違う。
まあ、強面でRAIDERSらしいといえばそれまでだが
マフィアの首領(ドン)にしか見えないな。
贔屓目に見てもマウンテンゴリラか。

以下、2012.1.7の大本営の記事より抜粋
______________________

RAIDERS、前GBのマッケンジー氏が新GM

OAKLAND LANDRAIDERSの新GMに、レジー・マッケンジー氏が就任することが分かった。
マッケンジー氏は今季GBのフットボール部門のディレクターを務めていた。

47歳のマッケンジー氏は、GM就任により昨年10月8日に亡くなったアル・デービス前オーナーが行っていた人事における多くの役割を担うことになる。
ちなみにデービスの死去後、RAIDERSではヒュー・ジャクソンHCが人事部門も担当。
10月にCINからドラフト上位指名権との交換で(QB)カーソン・パーマーの獲得したのもジャクソンHCの判断だった。

ここまで18年間GBに在籍していたマッケンジー氏は、スーパーボウル連覇へ向け今季レギュラーシーズンを15勝1敗で終えてプレイオフ初戦となる
ディビジョナルプレイオフを戦う前にチームを離れ、RAIDERSに合流予定。

ちなみにRAIDERSは、長年デービス前オーナーのアシスタントを務めていたブルース・アレンが2003年シーズン終了後にTBのGM就任のためチームを離れた後、GMの職務を担う専門の人材を置いていなかった。

さらに経歴はWikipediaより抜粋

レジー・マッケンジー(Reggie McKenzie 1963年2月8日)はテネシー州ノックスビル出身の元アメリカンフットボール選手。
ポジションはLB。
1985年のNFLドラフト10巡でロサンゼルス・レイダーズに指名されて入団、
1988年まで4年間所属、1989年、1990年にはフェニックス・カージナルスに所属、
1992年にはサンフランシスコ・49ersでプレーした。
1992年にはワールドリーグのモントリオール・マシンでもプレーした。

1994年よりGBのフロントに入った。
2009年5月3日ウィスコンシン州グリーンベイの公園に停車させた車から
第31回スーパーボウル優勝時のスーパーボウルリングも入れていたブリーフケースを盗まれた。

2011年もGBでディレクターを務めていたが、2012年よりOAKLAND RAIDERSのGMに就任することとなった。
_______________________

この人に任せても大丈夫なのかなぁ
キャラクター濃すぎでしょw
でもオフの楽しみ増えたな。

ファイル0294




sahasaha4678 │  
カテゴリ: RAIDERS