2013年07月

2013年07月17日

RAIDERSファンが選ぶ今季のINTとTACKLEリーダー

sahaっす

image

さて、今回はRAIDERSファンが選ぶ今季のINTとTACKLEのリーダーは誰か?という記事を見ましたので順番に各カテのベスト3を紹介します。

まずはINTリーダーから。
ちなみにRAIDERSが挙げた昨季のINTは11個で リーグ23位。
内訳は以下です(※は現RAIDERS)。
#33 SS T・ブランチ 1 ※
#23 DB J・ハンソン 2 ※
#56 OLB M・バリス 1 ※
#28 DB P・アダムス 2 ※
P・リー 1
M・ハフ 2
M・ジョルダーノ 2
と、現有戦力によるINTは6個でセカンダリーで絞ると5個となります。
R・シャーマン(SEA)の8個とまで贅沢は言いませんがCBでこのぐらいの数字を挙げる選手が現れてくれるなら点差が開いた試合での諦めムードが多少なりとも軽減されるのは確かだと思います。
となると期待するのは新戦力のスターター候補であり、実績のある#2 FS C・ウッドソンやドラ1#25 CB DJ・ヘイデンに期待を込めての票が集まるのは当然です。

輝く第1位はやはり#2 FS C・ウッドソンです。
image

image

これまでのキャリアについては言わずもがな。
8年ぶりのRAIDERS復帰。期待せずにはいられません。

第2位はドラ1ルーキー#25 CB DJ・ヘイデン
image

image

ウッドソンと1%(25票)差。
スターターとして全試合出場が期待されます。
1度地獄を見たルーキーに怖いものなどありません。ルーキーだからこそ警戒されず今季はINT量産の機会も多いでしょう。NFLで思いっきりやってもらいましょう。

第3位にくい込んだのは#24 CB T・ポーター
image

image

今オフ何人かのCBが加入しました。
その中で、スターターとして期待されているのは、 DENからFA加入したポーターのようです。
DENでの1年は故障もあり結果を残せませんしたが、それがなければRAIDERSへの加入も無かったかもしれません。
RAIDERSでNO時代以上の実績を期待しましょう。
image

ウッドソンとポーターはSB優勝経験者。
ルーキーのDJが2人から得るものは多いと思います。3選手ともキャンプ中のケガ=今季絶望ということだけは無いようにしてもらいたいですが、1人欠けることなくレギュラーシーズンを戦い抜くことができればDB陣はかなり安定感のある布陣ではないかと思います。

次点は生え抜き6年目の#33 SS T・ブランチ
image

image

タグ付き契約更新。今季も守護神として暴れまくってもらいましょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄続きを読む

saha4678 at 23:30|PermalinkComments(4)RAIDERS2013 

2013年07月07日

RAIDERSファンが選んだ今季のQB(結果)と今季のリーディングレシーバー予想

sahaっす

去る7月4日はアル爺の84回目の誕生日でした。
ということで、しばし黙祷……

image

さて、前回書き込んだRAIDERSファンが選ぶ今季のスターターQBについての最終結果ですが以下のようになりました。

image

1位 #15 M・フリン(中間38%→結果35%)
2位 # 8 T・ウィルソン(中間30%→結果34%)
3位 # 6 T・プライアー(中間27%→結果25%)
4位 #14 M・マグロイン(中間2%→結果5%)
image

image

中間との順位に変動は無いもののウィルソンが猛追しフリンと同じく1/3の支持を得ました。
フリンが投げて負けるよりウィルソンが投げて負けた方が、経験を積ませていると考えれば悔しさも和らぐ。もしかして意外とやるかもしれない。B・ファーブを彷彿とさせると言われるプレー。ここはひとつルーキーに心中覚悟で賭けてみるのも一考。
と、投票したファンが思っているのかどうかは分かりませんが心中はなんとなく想像できます。
image
一方、フリンについてはレジー党の組織票がかなりの数を占めているのでは?と推測できます。ここまで曲がりなりにもドン底状態にあったチームを持ち前のバイタリティで復活させようとするGMの気概はファンから一定の評価もあり支持率も高いと言われています。
そんなレジー党の党員はレジーがフリンと言うならフリンで良い筈だ。きっとフリンで正解なんだろう。神様 仏様 レジー様というぐらいの感じなのでしょう。
image
そして、僕的にイチオシというか入団からこれ迄の経緯を見てきて応援せざるを得ないプライアーは1/4の票を集めました。
スターターでなくともオプションとしての出場機会はあるのでしょうが、このチャンスを逃して欲しくはありません。
OLがグズグズでも、あの脚を使って局面を打開できることは既に立証済です。
今季もドラフト2巡指名の#71 OT M・ワトソンが期待に応えてくれない場合はWCOも思うようには展開もできません。ましてやルーキーOTが開幕からスターターに名を連ねても落ち着いてプレーするにはそれなりに時間を要することは当然。そういったことを加味するとやっぱりあの脚は必要不可欠…と思いつつ、プライアーに票を入れた方々もきっと同じ思いじゃないかと思います。
夏キャンプ、プレシーズンでフリンとウィルソンにポテンシャルの違いを見せつけてスターターを勝ち取って欲しいです。石の上にも三年。がんばれTP(°▽°)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
では続きましてRAIDERSファンによる2013シーズンのリーディングレシーバー予想アンケートというのを見つけましたのでご紹介。
結果は以下です。

1位はなんとエースの#17 D・ムーアを差し置いて#80 R・ストリーター
image

image

昨季UDFAからロスター入りし的確なポジショニングでC・パーマーからの信頼を得たストリーター。確実にFDを取りたい場面ではターゲットになっていた印象があります。
WCOを前提に考えた場合、ポジショニングの巧さと確実性からリーディングレシーバーとなる可能性が高いと考えるのは不思議ではありません。よってムーアより上と予想されての1位なのかもしれません。
派手なプレーは少なくても今季レシーブ数がが70以上増加すれば1,000yds超えも考えられます。
image

2位はエースの#17 D・ムーア
image

image

ゲームの流れを変えることが出来るクラッチレシーバーと信じていますが、昨季何度か大事な場面でイージーなパスをドロップしたりしていました。その辺りがファンの印象に残っているのかもしれませんがイージーミスが無くなった暁には、正真正銘エースとして認められると共にリーグ屈指の存在になれると思います。
image
続きを読む

saha4678 at 19:00|PermalinkComments(5)RAIDERS2013