2015年11月

2015年11月04日

【WEEK8 NYJ】 ここまで4-3 まだまだこれからです。

sahaっす

プレイオフ進出という目標に向かって突き進む我らがRAIDERSにとっては絶対に負けられない試合でしたが、下馬評を覆し見事NYJから勝ち星を挙げました。

更新遅くなりましたが振り返えさせていただきます。
image

NYJはプロボウラーCのN・マンゴールドが欠場。
こちらは足首を痛めていたDTの#78 J・エリスが復帰しました。

試合は天敵QB フィッツパトリックが最初のシリーズでがスクランブルした際、止めに入った#24 FS 隊長C・ウッドソンと交錯。
いきなり左手親指を負傷し、G・スミス出てくる意外な展開となりました。
ただカーにとっては昨季開幕デビュー戦のNYJのQBもスミスでしたからリベンジを果たしたと言えるのかもしれません。
まあカーも昨季のデビュー戦からは見違えるほど成長していますし、今のスミスなど眼中にないでしょうからホームで負けた借りを返したという意味でのリベンジということになるんだと思います。
何はともあれ勝てて良かったです。
ちなみにフィッツパトリックがそのまま出てたらなんて言うNYJファンやアンチRAIDERSのタラレバ意見はナンセンス。
勝ったのはRAIDERSです。ただそれだけです。
トラウマも記憶から消されましたw

現在の同地区の順位です。image


オフェンス
(RUSH 118Yds PASS 333Yds TOTAL 451Yds)
image

NYJのランディフェンスAve.71Ydsはリーグ1位
NYJのパスディフェンスAve.211Ydsはリーグ4位
結果ランにしろパスにしろRAIDERSオフェンスはNYJディフェンスのAve.を上回りバランスのとれたオフェンスが前半に展開できリードをを拡げることができました。
NYJディフェンスに主力選手が不在だったというわけでもないので、単にRAIDERSオフェンスが強くなっている証しだと思います。

前半21/後半13/計34得点
2試合連続30得点以上を獲得しています。
得点経過は以下です。
1Q:(1:56) #18 A.ホームズ 5Yds TD Rec
2Q:(9:37) #15 M・クラブツリー 36Yds TD Rec
2Q:(5:11) #18 A・ホームズ 49Yds TD Rec
3Q:(11:06) #22 T・ジョーンズ 59Yds TD Rec
3Q:(5:45)#11 S・ジャニコウスキー 52Yds FG
4Q:(12:49) #11 S・ジャニコウスキー 47Yds FG

まずQB
この試合の#4 D・カーのスタッツは
Comp23/Att36/Pct63.9%/Yds333/Avg9.3/TD4/Int0/Sck0/QBRate130.9
TD4(キャリアハイタイ)でIntゼロ。
さらに2週連続のQBRate130台。
さすがJ・ジョーンズ(現GB)にmini A-Rodと言わせた男です。
文句のつけようがありません。
ちなみにWEEK8終了時のQBRate105.7という数字 はT・ブレイディ(NE)/A・ロジャース(GB)/C・パーマー(ARI)/A・ダルトン(CIN)に続きリーグ5位と好位置につけています。
PFFのQBランクでは7位の評価を受けています。image
去年ドラフト2巡でRAIDERS入りしてからカーを見てきた(応援してきた)RAIDERSファンの一人として、この成長を言葉に表すのはなかなか難しいですね。
まだ2年目です。

続いてOL
この試合のOLはパスプロとリードブロックなどほぼ完璧だったと思います。
現在のOLに昨季まで主力のように重宝されていたK・バーンズの姿はありませんw
LT #72 D・ペン
LG #66 G・ジャクソン
C #61 R・ハドソン
RG #76 J・ウェッブ
RT #77 O・ハワード
被サックはゼロ。
このOLかなり強力です。image

続いてRB
RB(FB)のスタッツは以下です。
#28 L・マレー (Att20Yds113Avg5.7@snap41:65%)image

エースRBマレーがリーグ1位のNYJランディフェンスを相手に100Yds超え。ランでゲームコントロールできたこと、チカラ強いランが勝因のひとつだったことは間違いありません。
WEEK8終了時点でラン534Ydsはリーグ9位(AFC3位)につけています。
#22 T・ジョーンズ
(Att2Yds5Avg2.5@snap8:13%)*Rec59YdsTD1
5年目で挙げたキャリア初のTDは、ランではなくカーからのスクリーンをキャッチ後のRACから。持ち味のスピードと独特のカットで決めた59YdsTD Recでした。image

KRでも41YdsのReturnを決め、SPではガンナーとしてsnap18:60%とマレーと共に大車輪の活躍。
#45 M・リース
Rec3Yds26Avg8.7@snap12:19%と今週レシーブで貢献してくれました。

続いてTE
#86 L・スミス
(Rec1Yds6Avg6.0@snap35:56%)
#88 C・ウォルフォード
(Rec2Yds13Avg6.5@snap27:43%)
#81 M・リヴェラ
(Rec0@snap21:33%)
3人のsnap比率は先週とだいたい同じぐらい。
最近L・スミスは地味ながらもリーグ屈しのブロッキングTEかも知れないと試合数ごとに思うようになりました。

そしてWR
#89 A・クーパー
(Rec5Yds46Avg9.2@snap57:90%)
WEEK7で133Ydsを記録しW7最優秀新人に選ばれたクーパーはリービスアイランドとのマッチアップでしたが、押さえ込まれたという印象も特にありませんでした。
逆にクーパーのギアチェンジにアチラが対応できていない場面はありましたが。
正直クーパーはドロップしなければ完璧なレシーバーだと思います。

#15 M・クラブツリー
(Rec7Yds102Avg14.6TD1@snap44:70%)image

大活躍。
クラブツリーはSF時代より進化してるかもしれません。1度ダウンしかけてから体勢を立て直してエンドゾーンに走りこんだRACのTD RecやFD更新のために1Ydsでも前進しようとする姿に何か感じるものがありました。
正直クラブツリーもドロップしなければ一流と呼ばれるようなレシーバーだと思います。

#18 A・ホームズ
(Rec2Yds54Avg27.0TD2@snap28:44%)image

Rec2回で短いやつ(5Yds)と長いやつ(59Yds)のTDRecを決めた第3の男ホームズ。
こういう駒があるのもRAIDERSパスオフェンスの強みと感じました。
正直ホームズもドロップしなければ(ry

#10 S・ロバーツ
(Rec1Yds21Avg21.0@snap32:51%)
先週は6Yds1本。今週は21Yds1本。来週はきっと決めてくれるでしょう。調子は悪くないです。

この4人ドロップしなければ、すぐにリーグでもトップクラスのWR陣と呼ばれるはずです。

WEEK8終了時のオフェンススタッツです。image
パスオフェンスは12位から10位へ ランオフェンスは23位から20位へと順位を上げています。続きを読む

saha4678 at 14:30|PermalinkComments(11)RAIDERS GAME 2015 

2015年11月02日

【WEEK8 NYJ】速報

sahaっす

image

image

もう最高っす!!
Just win baby!!

saha4678 at 09:20|PermalinkComments(14)RAIDERS GAME 2015 

2015年11月01日

【WEEK8 NYJ】トラウマってやつです。

sahaっす

まずは隊長のニュースから。
隊長がディフェンス部門で10月の月間MVP(AFC)を授賞。
授賞理由は3試合でリーグ最多タイの3Int
12Tackleと4PDef
史上初39歳以上の1試合2Intということです。
image

WEEK8はホームに現在パワーランキング7位のNYJ(RAIDERSは15位)を迎え対戦します。
またヤツが立ちはだかります。
その名はライアン・フィッツパトリック
天敵です。
ジャーニーマンの中のジャーニーマン
2011 Week2@BUF 35-38
2013 WeeK12 TEN 19-23
2014 WeeK2 HOU 14-30
ご覧のように2011年から3回が3回とも別チームでQBはフィッツパトリック。
そして全敗と僕的リベンジリストの上位に君臨するハーバード大卒のRAIDERSキラーです。
昨季HOU戦のエントリ
image

今回こそは是非ともリベンジを果たしてもらいたい。
その一心です。

NFL.comのプレビュー曰く勝利のカギはOLがカーを守れるか否か。
C・アイボリーを軸にしたランオフェンスを止められるか否かとのことです。

RAIDERSオフェンス vs JETSディフェンスimage
NYJ堅守です。
ランディフェンスはリーグ1位 パスディフェンス4位。
#28 L・マレーと#22 T・ジョーンズのRBを巧く使い分けて、たまに#45 M・リースとて感じでランが出れば… ってとこですかね。
理想は。
#89 A・クーパーと#15 M・クラブツリーWRコンビと売り出し中のTE The Complete Package #88 C・ウォルフォードを絡めてってとこですかね。
全てはOLの頑張りにかかってきますが、逆指名してスルーされたDE L・ウィリアムスは目の色変えてカーに襲いかかってきそうですが。
クーパーとリービスアイランドのマッチアップも注目です。

こちらRAIDERSディフェンス vs JETSオフェンスimage
NYJのランオフェンス3位に対してRAIDERSディフェンス3位。
真っ向勝負です。
E・デッカーとB・マーシャルのWRコンビを調子に乗らせると面倒なことになります。
とにかく天敵フィッツパトリックにプレッシャーをかけまくってもらいましょう、
ウチの#52と#99。
爆発の予感がします。
あとは#53に再びビッグプレイが出そうな気もします。
そして#24
隊長。今回も宜しくお願いします。

それとカーに取っては昨季ホーム開幕デビュー戦のリベンジでもあります。
リベンジ果たしてもらいましょう!!
昨季開幕戦のエントリ
GO RAIDERS!!

saha4678 at 16:30|PermalinkComments(4)RAIDERS GAME 2015