sahaっす

先日「RAIDERSはもう終わりだ」とほざいたMLB#55/R・マクレインがチームの怒りを買い2試合出場停止処分になりました。ほんとバカですねコイツ。こちらから言わせてもられば「お前こそ終わりだ」と言ってやりたい。
マウンテンゴリラGMもご立腹のようで、放出されるのも時間も問題となりました。
全体8位でおまえなんか獲るんじゃなかったよ。役立たず。

ということで冒頭から嫌な気分になってしまいましたが、Week#13は相手は同じ3勝8敗のCLE
いわば【負け越し決定戦】
しかしnfl.comのパワーランキングではOAK31位でCLE23位・・・
そのCLE23位の理由としては先週PITに勝利し、ラン喪失Ydsが49、先々週のDAL戦でもラン喪失Ydsを63に抑えたことが要因らしく、一方OAKが31位なのは、ここ3試合連続で20-55、17-38、10-34と大敗し1試合平均の失点32.2がリーグワーストの#Dということが要因ですorz

開幕前はC・マッコイが先発だろうと予想していたのと、OAKがここまで酷いとは思わなかったので楽な相手だと決めつけていたのですが、今季のCLEは開幕から御年29才のルーキーQB B・ウィーデンが先発を張っています。
勝ち星だけ見ると3勝なんですが、#Oは今年のドラフト1巡指名(全体3位)RB T・リチャードソンが全体3位の名に恥じない活躍。パスはパスでWR陣が成長してきており実は《強敵》です。
(OAKにとってはどこも強敵だろという突っ込みはなしで)

また接戦も多く開幕のPHI戦は16-17(L)、Week#8のSD戦は7-6(W)、直近2試合ではDAL戦でOTの末20-23(L)、PIT戦20-14(W)とOAKの直近3試合BAL戦20-55(L)、NO戦17-38(L)、CIN戦10-34(L)と地力が違います。まあ、それにしても3試合で127失点っていったい…なんなんでしょう。酷すぎますorz

CLEとは昨季10/16 Week#6で対戦して 24―17で勝ってます。そして当時QB だったJ・キャンベル(現CHI)が鎖骨骨折の重症を負い後にシーズンアウトとなります。

その前週Week#5 HOU戦では25―20で前週逝去したアル爺に勝利を捧げチーム一丸となり久々の地区優勝に向けモチベーションも上がっていた矢先に起きた事故でした。

そして10月末のトレード期限ギリギリで実質隠居生活を送っていたC・パーマーの電撃トレードが実現し今日に至るわけです。

選手のケガはシーズンアウト含めNFLでは日常茶飯事なので仕方がないのですが、当時は動揺したものです。

鎖骨骨折