2012年01月26日

RAIDERSは君を待ってる。その1―DT/Albert Haynesworth―

生年月日:1981/06/17(30)
*身長体重:198cm/159kg
*出身校:テネシー大
2002年1巡(TEN)→2009年UFA(WAS)→2011年(NE)→2011年(TB)
2011年11月米経済誌[フォーブス]による現在のNFLで嫌いな選手ランキング第4位w
―――――――――――――
Albert Haynesworth。
ドラフト前の計測では300ポンドを超える巨体ながら、40Ydsで4秒82を叩き出した俊足。
TEN在籍時は、ランストップが主任務であるDTでありながら、スピードを生かしたパスラッシュを売りにし、07・08年の2シーズンで叩き出した計14.5サックはDTとしては驚異的な数字だったが、同時に凶暴な一面も持ち合わせている。

06年のDAL戦では、相手C/A・グロードと激突しブチ切れたハインズワースは倒れているグロードのヘルメットを引きはがしたうえ、足で踏みつけ15針を縫うケガを負わせてしまう。この愚行の代償はフィールド内の行為(事件?)に対してはNFL史上最も重い5試合出場停止処分が下され高くついた。
―――――――――――――
2009年、7年総額1億ドル(約77億5500万円)、4100万ドル(約31億8000万円)保証の破格契約をWASと結ぶ。

しかし、得意とする4-3ディフェンスから3-4ディフェンスへの変更を図るチーム方針に反発。
NTとして起用されることに納得が行かないヘインズワースは2010シーズントレーニングキャンプ前のプログラムを全休する。




ハインズワースが「金を払っているからといって、チームの望み通り何でもやっていいとは思わねえ。確かに俺は高額契約を結んでいるが、俺は奴隷になったわけじゃあねえ」と言えば、当時のWASディフェンスコーディネーターは「(ハインズワースは)要求した事は全てできる。やれるのに、それをやろうとしない。これが問題なんだ」とハインズワースの怠慢に嫌悪感を示す。
その後も、トレード要求や練習をボイコットしチーム方針に反発し続ける。結局、チームと和解することも無く、2011年8月、2013年ドラフト5巡指名権とのトレードでNEへ移籍する。ベリチックがハインズワースをコントロールできるか否かが注目された。
同僚となるDT/V・ウィルフォークも「うちには問題児と言われて入団し、その後活躍した選手がいるし、うちの場合は大丈夫だ。(ハインズワースの加入は)たいした問題ではないと思う」とコメントしていたが、それは思い過ごしだったようで、ハインズワースはシーズン途中であっさり戦力外通告の憂き目にあう。
放出された後、11月にTBがDT/G・マッコイの故障により急遽獲得。ハインズワースの2011シーズンは6試合の出場で幕を閉じた。

(-。-)y-゚゚゚
さて、素行不良と言えばRAIDERS。
ハインズワースも、そろそろNFLプレイヤーとして骨を埋める場所を見つける時期だと思う。
ちなみに、カリフォルニア出身らしいので我らがOAKLAND RAIDERSで、もうひと花咲かせて欲しい。

350ポンド?ちょっとばかり重いけど、気にしない気にしない。

OAKLANDは君を待ってるよ。
そんでもってデッカイ花火をあげようぜ。

9580d118.jpg




saha4678 at 00:20│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字