2012年01月28日

RAIDERSは君を待ってる。その2―WR/Chad Ochocinco―

*生年月日:1978/01/09(34)
*身長体重:185cm/87kg
*出身校:オレゴン州立大
2001年/2巡(CIN)→2011年(NE)
2008年シーズン中に背番号85に基づき、チャド・ジョンソンからチャド・オチョシンコに改名
―――――――――――――
僕はオチョシンコが大好きだ。
これまでに、フィールド内外で様々なパフォーマンスを披露し楽しませてくれた。
2011年を振り返るだけでも、いくつかある。
2011年3月、NFLがロックアウトにより中止されたらプロサッカー選手に転向すると発言していたオチョシンコは事実MLSのカンザスシティ・ウィザーズのトライアウトに参加した。(結果は不合格orz)
4月のドラフトでCINはWR/A.J・グリーンを1巡で指名。
これがフックかどうかは不明だが、5月にはロデオにも挑戦。
これは8秒間雄牛を乗りこなせば、新車と雄牛の命名権を獲得できるというもの。
(結果は1秒半で振り落とされ失敗orz)
オチョシンコは、命名権を獲得した場合は[マービン・ルイス(HC)]と名付けるつもりだったらしい。
これらの行動にCINのオーナーM・ブラウンは「うちが欲しいのはフットボール選手だ」とチクリ。
―――――――――――――
フィールド内ではTDセレブレーションでのパフオーマンスが有名だが、それ以外では2009年のBAL戦でパス捕球成功のコールを受けBALがチャレンジした際、審判に1ドル札をワイロとして渡すパフオーマンスは秀逸だったw(後に罰金20,000ドルを課せられた。
また、同年はCINが地区優勝を決めたシーズンでもあり《舌好調男》の勢いは止まらずWEEK17のNYJ戦前には、マッチアップするリーグトップクラスのCB/D・レビスに向け「マンハッタンの電話ボックスの中でも俺をカバーできない」と挑発したりw
―――――――――――――
さて、オチョシンコの2011シーズンは年棒が600万ドル(約4億9000万)と高額で、且つチームがドラフト1巡で後に大活躍するA・J.グリーンを指名したこともあり、7月にドラフト下位指名権と引き換えにNEへの移籍が決定。
ベリチックが掌握しているNEでは、すっかりおとなしくなってしまいパフォーマンスも影を潜め成績もパッとしなかった。
■2011シーズン成績
*出場:15
*パス捕球回数:15
*パス捕球獲得ヤード:276
*パス捕球平均獲得ヤード:18.4
*パス捕球タッチダウン:1

チームはSB出場を果たしたけどね
ファイル0319





一方、RAIDERSの2011シーズン。
当時HCのヒュー・ジャクソンはアル爺亡き後のRAIDERS人事も任される形となっており、エースQB/J・キャンベルの故障離脱を受け、早急にQBを補充獲得しなければならない状況となるが、そこで目を付けたのが、WRコーチ(04年~06年)をCINで務めていた事もあり、CINから干され気味だったQB/C・パーマーを2012年1巡と2013年の2巡という条件で獲得。
さらに、CINでパーマーの同僚だった事もあるWR/T.J・フーシュマンザダも獲得し、このコンビのホットラインを期待した(?)が、残念ながら、あまり機能することも無いまま
RAIDERSのシーズンは終了した。
――――――――――――――
3人がチームメイトだった頃、オチョシンコは輝いていた。ちなみにオチョシンコとフーシュマンザダはオレゴン州立大のチームメイトで2001年ドラフトで共にCINに指名され入団した同期の桜(オチョ:2巡、フーシュ:7巡)。
2003年:チーム記録となるシーズン1,355Ydsを獲得
2004年:1,274Ydsを獲得。
2005年:1,432Ydsを獲得しチーム記録を更新した。
2006年:1,369Ydsを獲得しフーシュマンザダも1,000Yds以上を獲得し、チーム史上初、2人のレシーバーが1,000Yds以上を達成した。
2007年:1,440Ydsを獲得し自身が作った記録を更新した。
フーシュマンザダも1,000Ydsレシーブを達成し2年連続で2人の1,000Ydsレシーバーが達成という快挙を成し遂げた。

そんな絶頂期を共に過ごした3人だが、フーシュマンザダはSEA→BAL→OAKと渡り歩きCINを出てからは燻っている。
C・パーマーも、自らの意思でCINと決別しOAKに来たが、自問自答の日々だったのではないだろうか。
来期先発はJ・キャンベルという見方をする人もいるだろうが、個人的にはC・パーマーが良いと思っている。
復活するためのきっかけ、例えば相性の合う競り合いに強いレシーバーが1人いれば、結構パス#Oも行けるんじゃないかと思っている。
そして、そのきっかけとなるのがNEで燻っているオチョシンコではないかと僕は思っている。
オチョシンコは、NEで以前のようにフットボールを楽しんでいるのだろうか?
表面上は、そう見せているだろうが、おそらく答え(本心)はNOだ。
そんな状態のままプレーしている姿など見たくないし、オチョシンコ自身がそう思っているに違いない。昔のチームメイトと一緒にプレーをし、自由に楽しくフットボールをしてほしい。
先日亡くなったお父さんもきっとそう思っているはずだ。

そうそう85番は、きっとヘイワードベイが譲ってくれるよW
SILVER&BLACKのジャージ似合うぜきっと。

そして2012-13シーズンは、ブレイディの野郎に仮を返す協力をしてくれ。
10年前のチャンピオンシップの【タックルール】ってやつの仮を。

とにかく来いよ。
RAIDERSは最高のチームだから。

ファイル0320










saha4678 at 23:50│Comments(0)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字