2012 NFL FA 【DL&DB編】コミッショナー、シーズン18試合制について言及

2012年02月15日

#3/QB C・Palmerと#6/QB T・Pryor

#3/QB C・Palmer
身長/体重:196cm/107Kg
生年月日:1979年12月27日(32)
出身校:USC(ハイズマン受賞)
2003年D-1巡(全体1位)/CIN⇒
2011年/OAK
■2011シーズン成績
試合出場10(先発9)199/328(60.7%)2753Yds/13TD/16INT/Rate80.5
――――――――――――――
さて、最近パーマーについて放出されるかも的な記事を目にすることがあるが個人的にパーマーは絶対に放出すべきではないと思っている。
守備改善の見通しがついている(確実に良くなる)2012シーズン、パーマーで十分に地区優勝を狙えると踏んでいる。
パーマーを放出してキャンベル先発などありえない。理由は、単純にパーマーの方がキャンベルより勝てるQB(勝ち方を知っている)だから。
2011シーズンもD-MACの戦線離脱が無ければ地区優勝していたであろうRAIDERS。あの壊滅的な守備陣であってもだ。
GMのマウンテンゴリラもそれを理解しているが故、守備畑出身がHCとして招聘しシニアアシスタントOCとしてアル・サンダースが留任させたのではないかと思う。
アル爺亡き今、建設的に強豪復活のプランを遂行しSBを獲りに歩み始めたRAIDERSを32才のパーマーが2012シーズンRAIDERSのリーダーとなりチームを牽引してくれると信じている。
そして、もう一人期待しているQBがプライアーである。


e5675781.jpg




#6/QB Terrelle Pryor
身長/体重/198cm/106Kg
生年月日:1989年06月20日(22)
出身校:オハイオ州立大
2011年補足ドラフト3巡
■2011シーズン成績
出場なし
――――――――――――
2011シーズン8月の補足ドラフト3巡でRAIDERSに入団するもカレッジ時代の不祥事による規定違反が何故かNFLでも適用され5試合出場停止処分を受けWEEK6にてロスター登録されるも2011シーズンは出場機会に恵まれず。
WEEK6(10/17)CLE戦で#8/J・キャンベルが鎖骨骨折した時、バックアップはK・ボーラーとT・プライアーだったが、ドラフト好条件とのトレードにより速攻でCINからパーマーを獲得した為に出場チャンスを逃した。
結局WEEK7のKC戦はK・ボーラーが先発し3INTで火だるまとなり入団して間もないC・パーマーまで駆り出され3INTで計6INT。0-28で惨敗する。

さて来季2012シーズン、パーマーが故障したとする。
恐らくJ・キャンベルはRAIDERSを去っているだろうからバックアップは2年目のプライアーとFAで獲得したベテランと思われる=将来のフランチャイズQBがついに登場となる。

2012シーズンの目標は地区優勝(プレイオフ出場)とし、2013シーズンにSB優勝というプランを勝手に掲げた
場合で、且つ18試合制の導入を鑑みると2年目のプライアーは経験を積むことが必須となる。

場合によっては、パーマーをも凌ぐ成績で一気にスターターとなる可能性もある。

フランチャイズQBとは5年から8年ぐらいスターターとして君臨するQBと理解している。
NYJのM・サンチェスはどうやらフランチャイズQBの器では無かったようだが、P・マニング/E・マニング/T・ブレイディ/A・ロジャース/D・ブリーズ/B・ロスリスバーガー/M・ライアン/P・リバースなどはフランチャイズQBと言える(と思える)NFLの約4分の1がフランチャイズQBを所有している。
また、C・ニュートンは今後のCARを担うフランチャイズQBとなる可能性大だがJ・フラッコやA・スミスはそうとは言えない(思えない)。
これらのQBの共通点はD・ブリーズこそSDからNOと移籍したが、それ以外は[叩き上げ]ということである。
そうなるとRAIDERSにもそろそろ…という気持ちが強くなる。
[叩き上げ]という前提で考えれば2002シーズンのR・ギャノン、現在のJ・キャンベルやC・パーマーも条件からは外れている。
しかし、T・プライアーは条件を満たしている。

T・プライアーがアフリカ系アメリカ人としてM・ヴィックかV・ヤングかC・ニュートン、はたまたJ・ラッセルとなるかは解らないが、近い将来RAIDERS=T・プライアーと言われるようなQBに育つと信じて応援しようと思う。


c8922a44.jpg



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2012 NFL FA 【DL&DB編】コミッショナー、シーズン18試合制について言及