sahaっす

い起こせば2011年11月1日
RAIDERSの記事として最初に書き込んだのは#2 T・プライアーでした。
下がその記事です。

《#6/QB Terrelle Pryor》

身長/体重/198cm/106Kg
生年月日:1989年06月20日(22)
出身校:オハイオ州立大

オハイオ州立大在学中にNCAA(全米体育協会)の規定違反を犯したとして、今シーズンの開幕5試合出場停止処分を科せられ、今季同大でプレーすることを断念。
8月に行われた補足ドラフトでRAIDERS入団。QBとしての評価は高くなく指名も5巡が妥当と言われていましたが3巡で指名。その後、大学時の処分がNFLでも適用されWEEK6でロスター登録。
背番号については、大学時代につけていた愛着のある#2を本人が希望したものの、RAIDERSとしては2007年全体1位で入団し『史上最大のBUST』の烙印を押され2010年5月に放出したあの野郎と同じでは縁起が悪いということもあり却下。#6で落ち着いたw

将来のフランチャイズQB候補として只今猛勉強中の身。
モバイル型QBとして期待

5b9f7c0b.jpg

それから2年目のシーズンのオフ
悩する若者#6/QB Terrelle Pryor】
《昨季に5試合出場停止のQBプライアー「最だった」と苦悩語る》
2012.05.11by nfl.com
 プライアーは『SI.com』紙の取材に対して「とても厳しい状況だった。処分の期間中はチームとコンタクトすることを禁じられ、給料も出なかった。そしてやっと処分が明けても、シーズン中のコーチたちは次の試合に向けて忙しいから俺は彼らの邪魔にならないようにした。彼らがストレスを感じていることが分かったから、助けを求めるのは簡単ではなかった。理解はしているが、知っているべきである物事を知らずに取り残された状況は苦痛で最悪だった」と語った。
 その葛藤から一時は「本当に試合が好きなのかどうか自問自答した。感情的になっていたんだ。プレイすることなく1シーズンを過ごす中で、これが俺のしたいことなのかどうか考えていた」と告白したプライアーだが
今は前向きに考えている。
 RAIDERSは今オフにD・アレン新HCを迎え、すでにパーマーが先発を務めるとしている。さらに先週にQBマット・レイナートを獲得するなど22歳のプライアーにとっては依然として厳しい状況である。しかしプライアーは今、かつてないほど集中しているとコメント。
「もし1日でも休んだら誰かが俺のチャンスを取ってしまうかもしれない。(大学時代のHCのジム・)トレッセル・コーチは毎日1%でも向上ししろと言っていた。(セインツQB)D・ブリーズも自伝の中で同じことを言っていた」
ファイル0029

____________________
《2年目QBプライアー RAIDERSで先発目指す》
2012.05.20by nfl.com
昨年の補足ドラフトでRAIDERS入りしたQB T・プライアーは、昨季に出場機会なし。
だが今季は控えに甘んじるつもりはないと、先発奪取に意欲を見せている。
プライアーはオハイオ州立大で活躍したが、NCAAの規約違反で5試合の出場停止処分を受け、それがNFL後も適用された。
しかもチームには昨季途中に実績十分のC・パーマーが移籍し、このオフにはM・レイナートも加入した。
 プライアーは「カーソンが先発だろうが、俺だっていつまでも控えでいるつもりはない。『控えQBになりたいんだ』なんて言って座ってることなどできない」とコメント。
「プレーするために練習を積む。その機会がいつ来てもいいようにね」と語った。
85e407a1.jpg

____________________
《QBプライアー、元RAIDERSのQBギャノン氏に指導を依頼》
2012年05月29日 by nfl.com

RAIDERSのQB T・プライアーは、NFLで活躍できるQBになるためオフの間も熱心に練習に励んでいる。

 プライアーは弱点となっているフットワークの改善のため、元RAIDERS QBのR・ギャノン氏と連絡を取り指導の依頼をしたと明かした。「安定性に欠けるフットワークを改善することが第1の目標だ。これが安定すればいいパスを投げられるからね」

オフの間も熱心に練習を行っているプライアーについて、ジョン・デフェリポQBコーチは「プライアーはよい選手になるために真摯な態度を見せている。リーグで優秀な選手になるチャンスを自分自身に与えている。毎日ジムに通い、チーム施設いること、フットボールの話をすること、試合でプレイすること全てに情熱を持っている。日々成長している」と評した。
HC

___________________

ールを脱いだ若者#6/QB Terrelle Pryor】
そして2012年8月25日 DETとのプレ3戦目。
後半出場で2ndチーム相手でしたが、プライアーはパス成功率60% 投げて2TD走って1TD、レーティング143.7と、これ迄で最高のパフォーマンスを見せます。
【Pass】
5投/3回成功(成功率60%)/137Yds獲得/TD2回/INT0回/QBRate143.7
【Run】
5回/90Yds/TD1回
プライアー(DET戦)

プレ戦(主に2ndチーム)での合計スタッツは以下のような結果でした。
【Pass】32投/19回成功(成功率59%)/251Yds獲得/TD2回/INT1回/QBRate92.0
【Run】14回121Yds/平均8.6Yds/TD1回