【WEEK3】@DEN戦に向けてTP 練習復帰

2013年09月24日

【WEEK3】@DEN結果 緊急事態発生

sahaっす

image

ライブ観戦

駄馬との絶対に負けられない戦いを落としてしまいましたが、よく戦ったと思います。
RAIDERSは決して弱くありませんimage
image

スタメンです。
■オフェンス
WR #17 D・ムーア
WR #19 B・バトラー
LT #69 K・バーンズ
LG #64 A・グロード
C #61 S・ウィズニュウスキー
RG #65 M・ブリシール
RT #79 T・パショス
WR #80 R・ストリーター
QB #2 T・プライアー
RB #20 D・マクファデン
FB #45 M・リース

※ムーアはDRCとマッチアップ

■ディフェンス
RE #99 L・ヒューストン
DT #98 V・ウォーカー
NT #90 P・シムズ
LE #93 J・ハンター
WLB #94 K・バーネット
MLB #53 N・ローチ
RCB #25 DJ・ヘイデン
CB #23 T・ポーター
LCB #21 M・ジェンキンス
FS #24 C・ウッドソン
SS #29 B・ロス

 
■前半
7―27
TPとDMCが各々ハーフで50Yds以上走るという目標を勝手に掲げていましたが前半終えての結果は以下です。
image
いくら警戒されていてもDMC 9Ydsって…
RAIDERSのOL故障者のテロップが出ていてGの#70 T・バーグストロム(lR)の名前が点滅してたんでG不足ってことなんでしょうが、 DENのラン#Dは予想以上に強かったと思います。
Pマニの野郎は1Qから様子見することなく容赦なし。レシーバーカルテットへ好き放題投げられた感じです。
image
image
前半だけで4人合わせて246Yds 3TD。
RAIDERS#Dは気合いが空回りしているような感じでした。
対戦の度に思いますけどPマニのオーディブルウザいです。
1Q
image
image

2Q
image
image
image
image
狙い通りD・ムーアへの71Yds《時々ズドン》は出ましたけどね。


■後半
14―10
3Q
image
image
後半に入ってからはPマニに対するプレッシャーを徐々にかけられるようになってきました。

4Q
image
image
3QのTDはTPからDMCへトスしDMCからエンドゾーンへ走り込むリースへでヒットしたトリックプレーです。ナイスコール。
image
↑しかしこのドライブ中、TPにトラブルが発生
します。

以下某サイトの記事より抜粋
____________________
QB#2 T・プライアーが頭部に強打を受け途中退場した。
プライアーは脳震盪と診断され、Week4 WAS戦の出場が危ぶまれる状態となった。
またCB#23 T・ポーターも脳震盪と診断された。

プライアーがサイドラインからロッカールームへ退いたのは試合残り約4分頃のDEN攻撃中。
その前のRAIDERSのドライブで、プライアーは敵陣6Ydsからの2nd & 6でランに出たが、LBウェスリー・ウッドヤードとLBダニー・トレベーサンから強打を受けボールを失った。
image

プライアーは暫くうつ伏せのままになっていたが、そのまま試合に出続けた。
この後、WR#80 R・ストリーターへ7Ydsのパスが成功しゴール前1ヤードまで前進。
しかし、そこからの4th & 1でWR#17 D・ムーアへのパスが失敗。
無得点のまま攻守交代となり、サイドラインへ下がった。ロッカールームへ退いたのはその後だった。

DENを相手に苦戦はしながらも、プライアーはパス28回中19回成功の281Yds、TD1回、INTなしのレーティング112.4と自己ベストの記録を残していた。
image
image

今季は先発待遇で加入したQB#15 M・フリンと先発の座を争った結果、開幕週から先発QBとして出場していたが、時期尚早にフリンとの交代を余儀なくされる恐れが出てきた。

FS #24 C・ウッドソンは「チャンスを得て、週を重ねる毎に試合慣れしてきているところだ。今晩もいいプレーがあった。だから来週、無事復帰できなければ、育ち盛りの彼にとっては打撃になる。どうなるか様子を見るしかない」とコメントしている。

試合残り2分19秒からのRAIDERS最後の攻撃にはフリンが今季初登場した。DENのルーキーRBモンテー・ボールが自陣地37Ydsでファンブルし、そのボールをRAIDERSのCB#21 M・ジェンキンスがリカバー。
フリンの今季初のドライブは敵陣地20Ydsからという好フィールドポジションからだった。

WR#17 D・ムーアへのパスが失敗に終わった後、FB#45 M・リースへ19Ydsのパスが成功。
ゴール前1YdsからRB#20 D・マクファッデンが2回トライしてTDが決まった。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
パス能力が向上しレシーバーの選択肢も増えてきたので今後に期待できると考えていた矢先に脳震盪とはショックですが無理をしないように。
でもフリン先発は面白くないなぁ。image

____________________
M系QBラッシングランク(WEEK3終了時点)
1.T・プライアー(198Yds)
2.M・ヴィック(187Yds)
3.C・キャパニック(129Yds)
4.C・ニュートン(98Yds)
5.R・グリフィンⅢ(62Yds)
6.R・ウィルソン(54Yds)

以上っす

saha4678 at 21:50│Comments(4)RAIDERS GAME 2013 

この記事へのコメント

1. Posted by yonemaru_60   2013年09月27日 21:17
こんばんは

兄者が良すぎました。この敗戦は忘れた方がいいかも。
ただチームとしての「完成度」の違い、特にレシーバーの力量差を見せつけられた思いです。
2. Posted by yonemaru_60   2013年09月28日 07:51
ムーア、(プライヤー退場直前となったTD失敗の)あのパスは取ってやらないかん。
3. Posted by saha   2013年09月28日 16:25
>yonemaru_60さん

こんにちは(^-^)
忘れたくても忘れられませんw
次戦ホームではリベンジです。
駄馬のレシーバー陣はリーグ今や最高クラスでしょうが(Pマニがいるからこそでしょうが)ウチのレシーバー#17/#80/#19/#12も個性豊かで良いと思いますよ。#20/#45もレシーバーとしても◎ですし。
それを生かすも殺すもコーチ陣の手腕とQBの力量というところでしょうか。
M系のQBを先発に据えるのはケガの確率が高いがゆえリスクもありますがTPと決めた以上は結果はともかく使い続けて貰いたいですよね。
さて、ムーアの件、DRCにカットされてしまいましたね。ポジショニングはいつも◎。その後が…ムーアの課題ですが憎めないやつですw
今回は73YdsのTDでチャラにしましょう。
4. Posted by yonemaru_60   2013年09月28日 16:59
ウェルカーの加入で、DENのレシーバー陣はINDより強力と思います。私見ですが。
あれなら邪魔カス級のボンクラでない限り(事実D.トーマスなんかはてぃ~坊時代からエース格だったわけで・・・)

ムーアには勝負強さを身につけて欲しいです。
相手DBと競っても絶対に落とさないというね。
正直今のレイダースにその点に長けたベテランレシーバーが一人でもいれば・・・・
(それも僕がサントニオ・ホームズを望む理由の一つなんですがw)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【WEEK3】@DEN戦に向けてTP 練習復帰