【WEEK5】SD戦 結果《改》【WEEK6】@KC戦 結果 FUCK THE CHIEFS

2013年10月13日

【WEEK6】@KC戦に向けて

sahaっす

馬評では不利と言われた先週のSD戦をホームで迎撃したRAIDERS。
同地区連戦となるWEEK6の相手は無敗のKC。
敵地アローヘッドで激突です。
(日本時間10/14(月)AM2時00分開始予定)

昨季の対戦成績は2勝0敗とRAIDERSの勝ち星(4勝)のうち半分をKCからもぎ取りましたが今季はそう簡単には勝たせてくれそうもありません。
A・リード新体制となり開幕5連勝。

NFL.comによるWEEK6前のパワーランキングではOAK19位のKCが3位。さらに敵地で連勝を止めるチャンスとなれば燃えないわけがありません。

合言葉はimage
です。

では、チーム力分析を。
【OAKオフェンスvsKCディフェンス】
OAK#O
image
パス獲得Yds/1試合平均:27位【D】
ラン獲得Yds/1試合平均:9位【B】
3rdダウンコンバージョン成功率:36.76% 19位【C】
4thダウンコンバージョン成功率:50.00% 6位【A】
レッドゾーン得点率 (TD) :50.00% 22位【C】
FG成功率:70.00% 27位【D】

KC#D
image

パス喪失Yds/1試合平均:4位【A】
ラン喪失Yds/1試合平均:21位【C】
3rdダウンコンバージョン阻止率:23.53% 1位【A】
4rdダウンコンバージョン阻止率:42.86% 17位【C】
レッドゾーン失点率(TD):62.50% 3位【A】

先週はDMC欠場もSDから勝ち星を挙げたRAIDERS。
KCの1試合平均の失点はリーグ1位の11.6。
3rd阻止&RZ失点率がAランクとほぼ鉄壁と思れますが、幸いランに対する#Dは21位とそれほど高くありません。
対してパス#Dはリーグ4位とAランクです。
一般的に考えた場合、パス#Dのランクが上位のチームの#Oはハイパーオフェンスが多く、対戦相手は点差が開くとパス#Oで攻める傾向が強くなるため自動的にパス#Dの数値が上がるパターンが多いのですが、KC#Oはハイパーオフェンスとは言い難いところです。
この状況は、RAIDERS#Oに取ってはおあつらえ向き。
先週欠場したDMCと先週ハムを痛めたR・ジェニングスの両RBは練習に復帰しており故障者レポートのステータスはQuestionable。
膝を痛めていたFBリースはProbableとラン#Oの軸である選手が揃って出場する可能性が大きいです。TPを含めたラン#Oで時間を使って前進しFGで加点していく戦い方が理想と言えるかもしれません。
K ジャニ公とH キングの息も開幕時と比べるとだいぶ良くはなっています。
とにかくターンオーバーのリスクが少ない#Oを展開することが重要です。



【OAKディフェンスvsKCオフェンス】
OAK#D
image
パス喪失Yds/1試合平均:22位【C】
ラン喪失Yds/1試合平均:11位【B】
3rdダウンコンバージョン阻止率:42.86% 27位【D】
4rdダウンコンバージョン阻止率:25.00% 5位【A】
レッドゾーン失点率(TD):61.11% 20位【C】

KC#O
image
パス獲得Yds/1試合平均:20位【C】
ラン獲得Yds/1試合平均:12位【B】
3rdダウンコンバージョン成功率:33.78% 25位【D】
4thダウンコンバージョン成功率:―% 27位【D】
レッドゾーン得点率 (TD) :25.00% 1位【A】
FG成功率:83.33% 19位【C】

先週のSD戦での初INTをフックに3INT、5ターンオーバーと爆発したOAK#Dは乗っています。
サックも量産態勢に入り、FS ウッドソンが#D陣の士気を高め、SS ブランチ(長期離脱中)が抜けた穴をカバーしています。
MLBローチも引退した#55の糞バストとは比較にならないほど活躍してくれてます。
DLもCBもバランスが取れていると思います。
KCはRZ得点率がリーグ1位。RBのJ・チャールズのランとQBアスミスのショートパスを絡ませての#Oを展開してくると予想します。
とりあえずくだらないファールを犯さないように注意したいところです。
KC#Oは一見OAK#Oと似たような感じですが、オプション選択肢はOAKが上です。KC#Oは割りと単純なのでJ・チャールズを止めることが勝利のカギとなります。

この試合接戦が予想されますが、勝って5割で気持ち良くBYEを迎えましょう。
image

GO!! RAIDERS!!

********************
おまけ
M系QBラッシングランク(WEEK5終了時点)です。
1.M・ヴィック(307Yds)
2.R・ウィルソン(233Yds)↑
3.T・プライアー(229Yds)↓
4.C・キャパニック(154Yds)↓
5.C・ニュートン(123Yds)
6.R・グリフィンⅢ(72Yds)※WEEK5 BYE
********************

saha4678 at 12:25│Comments(1)RAIDERS GAME 2013 

この記事へのコメント

1. Posted by christian louboutin pas cher   2014年07月29日 12:13
Chaussures pieds carrés a été populaire et le dos. Carré chaussures qui sont trop lourds et dramatique, peut être un cauchemar pour beaucoup de gens, mais devant avoir une bouche effet est sensiblement différent. Féminin tête, c'est un bon échange. C'est très tendance, mais pas aussi flagrant comme chaussures pointues. à l'automne/hiver 2012, une exquise paire de chaussures ouvertes sont un bon choix. Bo?te d'orteil pointe a semblé comme une lame juste à c?té des étagères bient?t, va revenir. La résurgence du son un peu trop rapide, mais maintenant que l'amende est arrivée, que les chaussures pointues sera loin derrière ? Style, tissu, détails cet automne/hiver met en évidence en détail. Boucle, ceinture, cravate, goujons, tout peut être vu sur la chaussure de la saison. Cuirs de nouveau populaires, rares daim continueront d'être populaire. En outre, mixte cuir (cuir, daim, metal mix) occupe une place de choix. De la cheville au genou, les bottes, la longueur de la gamme est très large.
christian louboutin pas cher http://www.costeur-semlh.fr/images/escarpin-louboutin-pas-cher.html

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【WEEK5】SD戦 結果《改》【WEEK6】@KC戦 結果 FUCK THE CHIEFS