ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor その5【WEEK11】@HOU戦 結果速報 M・マグロイン初先発初勝利

2013年11月17日

【WEEK11】@HOU戦に向けて

sahaっす

RAIDER NATIONがある調査でNFLでもっともタフなファン1位に選ばれたそうです。この場合のタフとは負け越したシーズンの後でもチームを応援し続けるという皮肉めいた意味合いですが、ポジティブに受け止めましょう。

さてWEEK11は敵地でのHOU戦となります。
《日本時間11/18(月)AM3時00分開始予定》

NFL.comによるパワーランキングではOAKが25位でHOU29位。
昨季12勝4敗でAFC南地区を制しPLAYOFF進出したHOU。
しかし、今季はこれまで2勝7敗で現在7連敗中と不振に喘いでいます。

我らがRAIDERSは9試合が終了し3勝6敗。
ホーム5試合は3勝2敗のアウェイ4試合は全敗と
アウェイでは勝ち星なしorz

この試合を含めて残り7試合。うち4試合がアウェイとなります。
《WEEK11》11/17 @HOU
《WEEK12》11/24 TEN
《WEEK13》11/28 @DAL
《WEEK14》12/8 @ NYJ
《WEEK15》12/15 KC
《WEEK16》12/22 @SD
《WEEK17》12/29 DEN

WC進出のボーダーラインを9勝としても残り7試合で6勝とPLAYOFF進出の可能性も、チームの状況を考えると絶望的になってきました。

TPは痛めている膝の状態が思わしくないのか水曜の練習には不参加でしたが、木曜の練習には参加し1stチームで#14 M・マグロインとスナップを分けていましたが、金曜の練習により判断されたステータスはQuestionable
今日NFL.comでは先発マグロインと報道しておりNFL先発デビュー確定のようです。
image
image

マグロインはキャンプ途中に同じUDFAのK・パドロンのカットと入れ替わりで入団。
image
下は当時RAIDER NATION向けに実施された『誰が先発に相応しいか?』的なアンケートです。
image
当時の立場は先発M・フリン、2番手TP、3番手 T・ウィルソンに続く4番手でしたので、アンケート結果も、それと同様の順位でした。
ドラ4のT・ウィルソンをカットに追い込み(現PS)開幕ロスターに残り、フリンがWAS戦後カットされたことで2番手に上がりました。
185㌢95㌔とNFLのQBとしてはサイズ不足ですが、プレ戦からマグロインのプレーを見た個人的な感想は良い意味でポケットの中で落ち着いている。そんな印象を持っています。
ペンステーツではウォークオンから先発に登り詰めたマグロイン。
プロではUDFAでRAIDERS入りし1年目にしてNFLで先発とチャンスを掴みました。
リーグトップのHOUディフェンスとウチのOLの状態を考えると厳しい試合となるでしょうが、思う存分実力を発揮してほしいと思います。
ではチームスタッツを。

【OAKオフェンスvsHOUディフェンス】

OAK#O
image

パス獲得Yds/1試合平均:31位【D】
ラン獲得Yds/1試合平均:5位【A】
3rdダウンコンバージョン成功率:33.07% 29位【D】
4thダウンコンバージョン成功率:50.00% 11位【B】
レッドゾーン得点率 (TD) :52.17% 20位【C】
FG成功率:73.33% 29位【D】

HOU#D
image

パス喪失Yds/1試合平均:1位【S】
ラン喪失Yds/1試合平均:16位【B】
3rdダウンコンバージョン阻止率:37.07% 10位【B】
4thダウンコンバージョン阻止率:40.00% 12位【B】
レッドゾーン失点率(TD):63.33% 27位【D】

HOUの1試合平均喪失ヤードとパスディフェンスはリーグ1位。
マグロインはデビュー戦でいきなり試練に立ち向かわなければなりません。
RB #20 DMCはOUT。毎年この時期のお約束です。2年前のM・ブッシュ、去年のFB #45 M・リース、今年はRB #27 R・ジェニングスとこの時期からバックアップが活躍するのもお約束です。
ランは直近2試合で190Ydsを稼いでいるジェニングスに任せましょう。

OLについてはNYG戦を欠場したRT #79 T・パショスのステータスがProbableなので出場濃厚です。
NYG戦のスタメンは以下ですが、いい加減#69のキング・オブ・フォルススタートは外してもよいのではないでしょうか。
LT 69 K・バーンズ
LG 76 L・ニックス
C 61 S・ウィズニュウスキー
RG 65 M・ブリシール
RT 71 M・ワトソン

LTにワトソン、RTにパショスをセットした方がよっぽど良いと思います。

また、復帰権付きIRの正LT #68 J・ヴェルディアが練習に参加しています。
HOU戦での出場は無いと思いますが、早ければWEEK12 TEN戦でヴェルディアの姿が見れるかもしれません。
image



【OAKディフェンスvsHOUオフェンス】

OAK#D
image

パス喪失Yds/1試合平均:22位【C】
ラン喪失Yds/1試合平均:7位【A】
3rdダウンコンバージョン阻止率:39.66% 20位【C】
4thダウンコンバージョン阻止率:25.00% 5位【A】
レッドゾーン失点率(TD):63.64% 28位【D】

HOU#O
image

パス獲得Yds/1試合平均:12位【B】
ラン獲得Yds/1試合平均:11位【B】
3rdダウンコンバージョン成功率:37.40% 19位【C】
4thダウンコンバージョン成功率:45.45% 15位【B】
レッドゾーン得点率(TD):52.00% 21位【C】
FG成功率:60.87% 32位【E】

HOUのQBは不振のエース M・ショーブ(足首もケガ)、2番手 TJ・イエーツも調子の上がらず
WEEK7から先発に抜擢されているC・キーナム(185㌢93㌔)というUDFAのルーキーQBですが先発3試合で7TDのQBRate105。
先発した3試合ではKCに1点差負け、INDに3点差負け、ARIに3点差負けと3連敗ながら接戦と無名ながら健闘しています。
しかし、ラン#Oは、ここまで542Yds(AFC4位)を稼いでいたエースRB A・フォスターが背中手術によりIR入りしたことにより、併用起用され455Yds(AFC11位)稼いでいたRB B・テイトにかなりの負担がかかることになります。
エースレシーバーのA・ジョンソンは2試合で5TDと調子を上げてきています。
KのR・ブロックがFG成功率60%(NFL最下位)と不安定なので接戦になった場合はOAKが有利だと思います。
OAKディフェンス陣についてはNYG戦を見るにPHI戦のショックは引きずっていないようです。

ターンオーバーレシオは以下ですが
マグロインとキーナム共にINTはゼロなのでGiveはあまり参考になりませんが、TakeはTot14のOAKディフェンスがリーグNo.1のHOUディフェンスを上回っています。
OAK:-2
Take(Int6/Fum8/Tot14)
Give(Int11/Fum5/Diff16)
HOU:-9
Take(Int4/Fum4/Tot8)
Give(Int11/Fum6/Diff17)
2試合連続Pick6に期待です。

最後に今日のニュースをもうひとつ。
image

QB #8 T・ウィルソンがPSからロスターへ昇格したそうです。QB陣の動きが慌ただしくなってきました。
明日の@HOU戦 色々な意味で注目です。
GO RAIDERS!!

saha4678 at 11:10│Comments(0)RAIDERS GAME 2013 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor その5【WEEK11】@HOU戦 結果速報 M・マグロイン初先発初勝利