2014年03月23日

DAが「先発はM・ショウブ」と明言。ショウブの獲得こそがホントの出来レースでした。

sahaっす

DAが「先発はマット・ショウブ」と明言しました。
去年の同じ頃「先発最有力はマット・フリン」と明言していましたが、その最有力の糞フリンは、プレ最終戦でTPに開幕先発の座を奪われた挙句、1試合先発のみであっさりカットされましたが。

image

我々はマット・ショウブを先発QBとして獲得した。ショウブが先発としての役割を全うしてくれると確信している。チーム内で競争させることは好きだ。だが、現時点ではショウブが先発QBであることは明らかな事実だ

そう。ショウブは2007年以降HOUのフランチャイズQBの看板を背負った男であって、たまたま2試合の結果が良かっただけで評価を吊り上げ、金を奪いさる契約詐欺の糞フリンとは訳が違います。
レジーも参ったと思いますが、それはもう過去の話です。
まあ、それがあったからTP開幕先発という願いが叶ってシーズン前半は楽しめたのも事実です。
良しとしましょう。

image

個人的に期待していたヴィックはNYJ入り。
考えてみるとヴィックは客観的に見ていたほうがいいのかなぁとも思っていましたので、これで良かったのかもしれません。
RAIDERSに来ていたらヴィック三昧のエントリに偏りRAIDERSのブログじゃなくヴィックファンのブログみたいになりそうな気が少ししていましたのでw

ヴィックは外から眺めることにして、RAIDER NATIONとしてのブログでやっていきます。
(と言いつつ去年はTPに偏ってましたけど…)

さて、HOUのフランチャイズQBショウブが加わった事で思い出すのはカーソン・パーマー。
CINのフランチャイズQBとして活躍していたパーマーは2011年10月シーズン途中RAIDERSに移籍し2シーズンで25試合に登板し8勝17敗(勝率32%)でRAIDERSを去りました。
悪いQBではありませんでしたが勝ち運がなく、いわゆる「持ってない」タイプだった感じがしました。
下はパーマーの過去5シーズンのスタッツですがRAIDERSでの2年目は4,000Yds超えとTD22。

一見そんなに悪いようには見えませんが、数字の半分ぐらいは殆ど敗けが決まったガーベッジタイムで稼いだ数字だったような気がします。
DAが1年目(4勝12敗)ということもありましたが反則も減り#Dも踏ん張っていただけに、パーマーに勝ち運があればプラス4勝ぐらいは行けたと思います。

移籍したARIでは10勝6敗と久々のプレイオフ出場まであと1歩という成績を残します。
スタッツも4,000Ydsを超えてTD24と奮闘しますがINTも22と決して少なくはありません。
脆弱なOLが故41サックを受け全試合出場は立派ですが、#Dの強さやSPのビッグプレーで勝った試合も多く#Oがゲームコントロールしていたわけでもありません。
結論として10勝しながらプレイオフに導けなかったパーマーは、やはり「持ってない」QBなのです。image

Carson Palmer
身長/体重:196cm/107Kg
生年月日:1979年12月27日(34才)
出身校:USC(ハイズマン受賞)
キャリア:11年
2003年D-1巡(全体1位)/CIN
2011年10月~2013年3月/OAK
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当時パーマーは2011年オフにチームとの確執からトレードを要求しチームから干されている状況だったが、OAK先発だったJ・キャンベルの故障IR入りにより、CINとのトレードで入団(当時31才)。
トレードの代償は2012年1巡&2013年2巡(チーム成績により1巡へup)という破格の条件。


G Att Comp Pct Yds AVG Yds/G TD INT Sack QBRate
2013(ARI)
16 572 362 63.3 4274 7.5 267.1 24 22 41 83.9
2012(OAK)
15 565 345 61.1 4018 7.1 267.9 22 14 26 85.3

2011(OAK)
10 328 199 60.7 2753 8.4 275.3 13 16 17 80.5
2010(CIN)
16 586 362 61.8 3970 6.8 248.1 26 20 26 82.4
2009(CIN)
16 466 282 60.5 3094 6.6 193.4 21 13 26 83.6


では、ショウブは「持ってる」のでしょうか。2006年シーズン終了後にそれまでの先発を任されていたでD・カーはカットされ、2007年にATLとのトレードでHOUへ移籍したショウブは先発を任されます。負傷で5試合欠場もチーム史上初の8勝8敗で5割に到達。
翌2008年シーズンも5試合を欠場するも5割をキープ。そして自身初の全試合出場の2009シーズンはHOUに初の勝ち越しをもたらします。
2011シーズン チームは10勝を挙げて遂に地区優勝を果たしましたがショウブはWEEK10で故障。10試合の出場に留まります。
自身へのリベンジを誓った2012シーズンには全試合出場で12勝を挙げ、自身初の地区優勝とプレイオフへチーム導きました。
2年連続地区優勝の要因は、ザル#Dを見違えるようなリーグ屈指#Dに変貌させたW・フィリップスDCの手腕によるところが大きいですが、#Oについてもショウブの堅実なパスプレーとA・フォスターを使ったランプレーのバランスが良く羨ましく思えました。
ショウブのQBRateはスランプだった昨季以外90以上をキープ。
久しく平均してQBRate90をキープできるQBはRAIDERSに存在していません。
レジーがショウブを獲得した理由はこのあたりにあるのかもしれません。
image

Matt Schaub
身長/体重:196cm/107Kg
生年月日:1981年6月25日(32才)
出身校:バージニア
キャリア:10年
2004年D-3巡(全体90位)/ATL
(E・マニングやP・リヴァースと同期)
2014年3月~/OAK
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ATLからトレードされHOUへ移籍した2007シーズンよりHOUのフランチャイズQBとして活躍。
昨季のチーム成績は2勝14敗(リーグ最下位)で
自身は4試合連続でピック6を投げる不名誉なリーグ新記録を達成するなどスランプに陥る。WEEK7の故障後は先発を外されルーキーQBにその座を奪われるなどキャリア最低のシーズンを過ごすし、今年のドラフト6巡指名とのトレードでOAKへ


G Att Comp Pct Yds AVG Yds/G TD INT Sack QBRate
2013(HOU)
10 358 219 61.2 2310 6.5 231.0 10 14 21 73.0
2012(HOU)
16 544 350 64.3 4008 7.4 250.5 22 12 27 90.7

2011(HOU)
10 292 178 61.0 2479 8.5 247.9 15 6 16 96.8
2010(HOU)
16 574 365 63.6 4370 7.6 273.1 24 12 32 92.0
2009(HOU)
16 583 396 67.9 4770 8.2 298.1 29 15 25 98.6

さて…今回のエントリはショウブは「持ってる」と結論づけたかったのですが、書いていくうちに良く分からなくなってしまいました…
ただ、改めて気づいたことがあります。
レジーはやはりHOUのようなチーム作りを進めたいのではないでしょうか。

レジーがGMに就任した1年目
HOUで成功していたZBSを推し進めるべく当時HOUのQBコーチだったG・ナップをOCに据えましたよね。
典型的ドロップバックパサーのパーマーに左右に走るロールアウトへの適応を強要したため結果は最悪でした。
HOUと同じZBSはDMCと相性が悪いため、2年目はPBSのG・オルソンをOCに迎えを路線変更。
フリン先発を前提に新しい#O の構築を推し進めるも開幕直前フリンが駄目だと気付き、全く違うタイプのTPを先発に昇格。
プレーが崩れたらスクランブルという、その場凌ぎの#Oでは如何ともしがたく結果UDFAのマグロインにスイッチと。
この一貫性のなさではTPやマグロインも犠牲者です。

HOUが2勝14敗の成績でシーズンを終了した時からレジーの頭にはショウブ獲得のシナリオが出来ていたのかもしれません。

完全にフリーマン推しだと思っていたオルソンのコメント
昨季にショーブがスランプに陥っていたからといって、獲得を戸惑うことはなかった。我々はショーブのキャリア全てから総合的に判断をしている。最初からずっと狙っていた。当初の目標が達成できたよ
騙されました。フリーマン推しはショウブ獲得のためのメディアを利用したフェイクだったのです。

RBも昨季活躍したジェニングスとリサインせずDMCとリサインした理由もショウブ獲得を確実視し、A・フォスターの役割をDMCに賭けるというギャンブルに打って出るため。

あとはA・ジョンソンに代わるレシーバーです。
相性が合うのが既にRAIDERSに存在しているのか否か。
それはS・ワトキンスなのかM・エヴァンスなのかM・リーなのか。

DAはショウブの年齢が高いことについて聞かれ、こうコメントしています。
ショウブは今年33才となる。ブレイディ、ブリーズ、P・マニング、ロスリスバーガー。彼らはみんなそれぐらいの年齢になっても更なるなる成長を遂げている。ショウブだって同じことが言えるさ

同感です。

saha4678 at 22:20│Comments(3)RAIDERS FA 2014 | RAIDERS

この記事へのコメント

1. Posted by #00   2014年03月25日 12:49
>レジーはやはりHOUのようなチーム作りを進めたいのではないでしょうか

でしょうね、もちろん2012のテキサンズでしょうが。
キャンベル+DMCの頃、そんな感じありましたよね、あの路線に戻ると言うことなら歓迎です・・・が、それなら2年ほど遠回りしてきたような・・・。
2. Posted by saha   2014年03月26日 07:15
おはようございます(^-^)

キャンベルが投げていた頃の#Dはリーグ上位のペナルティの多さで罰退連発でしたが、ヒューストン、シーモア、トミケリ、ショーネシーのDLは魅力的でした…シーモアは今、どこで何しているんでしょうかね…2010年はDMCが1157Yds走りましたっけ。
久々に8勝挙げたりもしましたし、勝ち越しできるのはいつになりますかね(^-^;
3. Posted by Nike Free Run Sale   2014年04月05日 22:20
Greetings! Very useful guidelines RAIDER NATION TOKYO : DAが「先発はM・ショウブ」と明言。ショウブの獲得こそがホントの出来レースでした。 - livedoor Blog(ブログ) in this content! It is the tiny transitions which can make the main Nike Free Run Sale enhancements. I appreciate you giving!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字