sahaっす

新天地はSEAだそうです。
image

今年の7巡とトレードとのこと。

RAIDERSとしてのTPをクローズアップすることは二度と無いと思いますので昨季先発で迎えた開幕から先発降格。今回の放出を決定的にした最終試験までを振り返ります。

Week1@IND【17-21】LOSE
TPが残した記録は3つ。
①.1試合 QBチーム記録のRun112Yds
②.1試合 Run100Yds&Pass200Yds
(リーグ史上7人目のQB)
③.1試合 Run100Yds&Pass200Yds
(敗けた史上3人目のQB)

試合終盤のINTでジエンドとなりましたが、いきなり112Ydsを疾走したTPのプレーを見てと期待に夢が膨らんだ方もいたのではないでしょうか。
*TPスタッツ
Comp19/Att29/Pct65.5/Yds217/Avg7.5/TD1/Int 2/Sck1/QBRate70.6
image

Week2 JAX【19-9】WIN
開幕戦では惜敗するもホーム初戦となったJAX戦では内容より勝つことが重要でした。
TPとDMCが#Oを牽引し#DではCWがMJDをぶっ壊しJAXのラン#Oを封印。シーズン初勝利を挙げました。
*TPスタッツ
Comp15/Att24/Pct62.5/Yds126/Avg5.3/TD 0/Int 0/Sck3/QBRate76.0
image

Week3@DEN【21-37】LOSE
Pマニが前半246Yds 3TDとRAIDERS#Dはお手上げ状態でしたが、TPはポケットの中で良く我慢するようになりパス28回中19回成功の281Yds/TD1回/INTゼロのレーティング112.4と自己ベストの記録を残します。
しかし残り4分。激しいタックルを頭部に受け脳震盪を起こし退場。
Week4 WAS戦でのRG3との対戦は叶いませんでした。
*TPスタッツ
Comp19/Att28/Pct67.9/Yds281/Avg10.0/TD 1/Int 0/Sck3/QBRate112.4

image

Week5 SD戦【27-17】WIN
WAS戦を欠場するもSD戦でTPは復帰。ここの試合は#D陣が奮闘。411Ydsを許しながらも要所でSD#Oの芽を摘み3つのINTを含む5つのターンオーバーやゴール前1Ydsの4thダウンギャンブルを阻止。
TPは初先発した2012シーズン最終戦@SD戦(21-24)のリベンジを果たし2勝目を挙げます。
この試合で記録したレーティング135.7はTPのキャリアハイとなります。
*TPスタッツ
Comp18/Att23/Pct78.3/Yds221/Avg9.6/TD2/ Int0/Sck4/QBRate135.7

image

Week6@KC【7-24】LOSE
開幕5連勝のKCとアローヘッドで激突。
RAIDERS#Dは奮闘するも#Oは故障者続出のラインが崩壊。TPは10サックを喰らいます。
TP自身も開幕@IND戦以降INTはありませんでしたが、この試合では3INTとパサーとしての限界がこれまで以上に取り沙汰されるようになりました。
*TPスタッツ
Comp18/Att34/Pct52.9/Yds216/Avg6.4/TD1 /Int 3/Sck9/QBRate45.7
image
これで2勝4敗と借金が増えてしまったRAIDERSはAFC西地区の最下位。
しかしTPはPLAY OFF進出へ諦めていませんでした。image

KC戦後『CSN Bay Area』に語ったTPのコメントです。
「KC戦の敗因は自分にある。取り戻したい。チーム状態は良くなっていくだろうし、オフェンスのリーダーとして有言実行しチームが一丸となって進む必要がある。現在は黒星先行だが、ここから奮起してPLAY OFF 進出をつかむ。そうしてみせる」