sahaっす

LA移転も反対ですが、サンアントニオ移転なんてあり得ない話まで浮上しているようです。
その記事がこちら。

《RAIDERS、サンアントニオへの移転を検討?》
オークランドでの新スタジアム建設案が一向に進展しないレイダースは、新天地への移転を具体的に検討し始めたようだ。

テキサス州のサンアントニオ・エクスプレスニュース紙によると、マーク・デービス・オーナーとチーム首脳陣2人がサンアントニオ市の市長や商工会議所所長らとレイダースの移転について話し合った。話し合いが行われたのは7月18日。デービス・オーナーらはアラモドームや他のロケーションを訪問したという。

image

デービス・オーナーは現地29日、サンアントニオ市の代表と面会した事実をサンノゼ・マーキュリー紙に認めた。しかし、移転案がどこまで本格的なものかは現時点で不明だ。

デービス・オーナーは元レイダースのWRクリフ・ブランチがサンアントニオのスポーツ殿堂入りを果たしたため、式典出席目的でサンアントニオ入り。「元市長のヘンリー・シスネロスとは友人で、サンアントニオ滞在中に市の代表と話をしてはどうかと、ヘンリーから奨められた。それ以上、この件について話すことはない」とコメントしている。

レイダースは本拠地O.coコロシアムのリース契約を1年延長し、今季もオークランドで試合を行う。デービス・オーナーはオークランドの現スタジアム敷地に新スタジアムを建設することを第一希望としているが、スタジアムを共用しているMLBのアスレチックスは10年のリース契約延長がオークランド市に認可されたばかり。

サンアントニオへの移転をちらつかせて、オークランド市とアラメダ郡に重い腰を上げさせる作戦なのかもしれない。一方、テキサンズやカウボーイズのオーナー達はテキサス州に第3のNFLチームが生まれることを好ましく思わないはずだ。ファンやスポンサーを奪われたくないためだ。


ちなみにこのサンアントニオ市はこの辺です。
image

観光情報を見るとこんな感じ。
《多くの文化が融合する街》
アラモ・シティの愛称で知られる、テキサス第2位の都市。
1836年メキシコ軍との戦いの舞台「アラモ砦」は、その戦いが映画化されたことで、世界に広く知られるようになり、いまやテキサスを代表する観光地のひとつになっている。さらに18世紀半ばのスペイン集落ラ・ヴィリータなど歴史的遺産が数多く点在する。
サンアントニオ川の運河沿いに作られた遊歩道リバー・ウォーク沿いにはおしゃれなレストランやカフェが立ち並び、のんびりと川くだりを楽しむのも風流だ。
メキシコ関連の店が集まるマーケット・スクエアで、メキシコや中南米の掘り出し物に出会える可能性も。お食事はもちろんメキシコ料理をご堪能あれ。

…なんですかコレ。
なにが悲しくてRAIDER NATIONがメキシコ料理を堪能しなければならないのか…
RAIDERSはやはりOAKLANDでないとしっくりきません。image