2014年10月13日

【WEEK6 SD】開幕5連敗ですが盛り上がって参りましょう!!

sahaっす

の1投に尽きます…orz
4Q残り1分20秒 2nd1。
敵陣45Ydsからロングボムを投じた#4 QB D・カーimage

確かにSD新人CBのINTもお見事。
でも、あの場面であそこに投げる必要があったのか?と聞かれればあそこはなんとなくFGレンジ進められそうだったので、ジャニ公のFGでまずは同点OTってことで良かったんじゃないかと見ていた誰もが思ったことでしょう。
が、あの場面であそこに投げるアグレッシブさ、そういう場面がDA時代の#Oには無かったことを考えると、『まあいいか』と思えたりもしましたが、このコールを出したのがアイツかと思うと逝ってよし以外の言葉が見つかりません。

パワーランク1位と最下位の試合としては、かなり面白い試合だったと思います。
image
image

カー18/34(52.9%)282Yds 4TD 1INT QBR 107.7と、開幕戦からの先発5試合で最高の数字を叩き出しました。
1Q:#18 WR A・ホームズ 77Yds image

2Q:#89 WR J・ジョーンズ 6Ydsimage

3Q:#12 WR B・バトラー 47Ydsimage

4Q:#18 WR A・ホームズ 6Ydsimage
と4本のTDパスをヒットし、今季最高得点となる28点を挙げました。

この試合のパフォーマンスでカーは先発の座を完全に射止めたと言って過言ではないでしょう。image
やはり只者ではないようです。

スタメンです。

オフェンス
WR 89 J・ジョーンズ
LT 72 D・ペン
LG 66 G・ジャクソン
C 61 S・ウィズニュウスキー
RG 77 O・ハワード
RT 71 M・ワトソン
TE 81 M・リヴェラ
WR 18 A・ホームズ
QB 4 D・カー
RB 20 D・マクファデン
FB 45 M・リース

ディフェンス
RE 58 L・ウッドリー
DT 94 A・スミス
NT 78 J・エリス
LCB 38 T.J.キャリー
WLB 55 S・ムーア
MLB 56 M・バリス
SLB 52 K・マック
CB 27 C・ロジャース
RCB 23 T・ブラウン
FS 24 C・ウッドソン
SS 26 U・ヤング

個人的には、まだまだ粗いですが#38 T.J.キャリーは、かなり良いと思います。
また、故障中のK・バーンズに代わりRTに入った#71 M・ワトソンはバーンズより全然良いと思いました。
キング・オブ・フォルススタート K・バーンズ。いよいよ潮時かもしれません。

主なチームスタッツです。
※左がSD 右がOAK
1stダウン数 24 17
3rdダウン成功率 8/14/57% 8/13/62%
4thダウン成功率 0/1/0% 0/0/0%
獲得ヤード 423 396
プレイ数 69 54
平均獲得ヤード 6.1 7.3
ラッシュヤード 116 114
ラッシュ数 33 20
ラッシュ平均ヤード 3.5 5.7
パスヤード 307 282
パス成功率とインターセプト 35/22/0 34/18/1
パスプレイ平均ヤード 8.5 8.3
パント数と平均ヤード 3/47.7 4/41.3
パントリターンとヤード 1/29 3/30
キックオフリターンとヤード 0/0 3/85
インターセプトとヤード 1/0 0/0
反則数と罰退ヤード 7/60 11/79
ファンブル/ロスト 1/0 1/0
タッチダウン数 4 4
FG成功率 1/1 0/1
セイフティー数 0 0
時間 37:02 22:58

これ迄2回ぐらい出してますが、誰かが言っていたこれ。
image
間違っていなかったのかもしれませんね。
当時は賛否両論でしたがw
でも何気に面白くなってきてませんか?

image
想像してたよりやりそうな気がしてならないんですけど。D・カーが。


saha4678 at 21:20│Comments(4)RAIDERS 2014 

この記事へのコメント

1. Posted by #00   2014年10月14日 05:41
 最後までハラハラドキドキ、結果は残念!の一語に尽きますが、あそこで逃げ切れないところが現在のチーム力なんでしょうね、ラストのINTもそうですが、その前にラン、ランで攻められてずるずると後退、TDを許したところに力不足を感じました。
 INTとなったプレイには確かに?でした、短いパスとランを繋いで最悪FG、と言う手があったんじゃ・・・、もっとも、OTになったら押し切られそうな雰囲気もありましたけど。
 それにしてもやっとランが出ましたね、最低これくらいは走れないと新人QBには荷が重いでしょうし、逆にこれくらい走れればカーはやれる、と証明したとも言えるでしょう、何しろ今季ここまでNO.1のD#相手に4TD、最後もかなり詰め寄りましたから。
 スパラノに代わってフェイクが多くなったような気がします、面子で変わったのはLTエリスくらいですからスパラノがO#に手を加えただけでこの変貌、いかに4戦目まで無策だったかの証明でもありますね、あの寄り目のオールバックはサイドラインから消えて欲しいものです、アレが写ると気分が悪いです。
 カーは良いですね、LB越しに浮かせたパスで二本危ないのがありましたが、判断も早いしパスの精度も良い、最初のシリーズで見せたホームズへのドンピシャTDパスはしびれましたし、二本目のJJへの正確で速いTDパスもポテンシャルを見せ付けてくれました。
そのカーを支えるべきレシーバー陣ですが、ナイスキャッチもありましたがドロップも目立ったように思います、特にリベラ、「何で!?」と言いたくなるドロップがありました、CBとのマッチアップでも勝てるポテンシャルも見せてくれただけに惜しい!強いチームには名TEが居るもの、彼には高いレベルで期待したいです
2. Posted by #00   2014年10月14日 05:42
 すみません、連投させてください。
 キャリーはD7ですからね、儲けものです、そう言えばKOリターナーもマレーから彼に代わっていましたね、マレーはスピードを緩めて穴を捜すような感じでしたがキャリーはコースを決めたら迷わず全速力で突っ込む感じで気持ちが良いです、確かにまだ粗いですけど、彼も定着するでしょう、今年のドラフト組は良く頑張っています、新人に頼らなくてはならないチーム状態と言えないこともないですが、数年先が楽しみでもあります。
 気になるのはマック、彼はDEなんでしょうか?突っ込んでいくスピードはありますがQBの後ろに押し出され、QBが一歩前に出ればかわされる、そんなシーンが多いように思えます、DEとしてはサイズもパワーもちょっと足りない感じですからスピードが乗る前にOTとコンタクトするとスピードが生きないような気がします、本来のOLBとしてのプレーをもっと見たいし、そう使うべきなんじゃないか・・・ポラマルのような使い方もどうなのかな?と思うんですがどうでしょう?。
3. Posted by #00   2014年10月14日 08:49
 ははは・・・エリスはDTですね、RTワトソンの間違いです・・・恥。
 ついでに・・・ロジャースが相手反則を取ったシーンがありましたが、あれはサッカーで言うダイブでしたね、いや、ああ言う狡猾さもプロには必要でしょう、GJ、ロジャース。
4. Posted by saha   2014年10月15日 01:14
試合前にスパラノが、カーに『RAIDERSは君のチームだ』と言ったらしいですけど、DAは、こういうことを伝えるタイプではなかったですよね。
その言葉がカーのパフォーマンスに少なからず影響を与えたのかもしれません。
OLもこれまでの試合より、出来が良かったですし被サックもゼロです。
ランも出てましたし。
『判断も早いしパスの精度も良い、最初のシリーズで見せたホームズへのドンピシャTDパスはしびれました』
そうですね。僕もしびれました。
アル爺が好きそうなTDパスでしたね…(^-^)
他のドラフト組も今後期待出来そうですし。
UDFA組PSのGA3も、そろそろ見たいですが…w
次はARI戦ですか…あちらのQBはパーマーですか…

コメントする

名前
URL
 
  絵文字