sahaっす

の1投に尽きます…orz
4Q残り1分20秒 2nd1。
敵陣45Ydsからロングボムを投じた#4 QB D・カーimage

確かにSD新人CBのINTもお見事。
でも、あの場面であそこに投げる必要があったのか?と聞かれればあそこはなんとなくFGレンジ進められそうだったので、ジャニ公のFGでまずは同点OTってことで良かったんじゃないかと見ていた誰もが思ったことでしょう。
が、あの場面であそこに投げるアグレッシブさ、そういう場面がDA時代の#Oには無かったことを考えると、『まあいいか』と思えたりもしましたが、このコールを出したのがアイツかと思うと逝ってよし以外の言葉が見つかりません。

パワーランク1位と最下位の試合としては、かなり面白い試合だったと思います。
image
image

カー18/34(52.9%)282Yds 4TD 1INT QBR 107.7と、開幕戦からの先発5試合で最高の数字を叩き出しました。
1Q:#18 WR A・ホームズ 77Yds image

2Q:#89 WR J・ジョーンズ 6Ydsimage

3Q:#12 WR B・バトラー 47Ydsimage

4Q:#18 WR A・ホームズ 6Ydsimage
と4本のTDパスをヒットし、今季最高得点となる28点を挙げました。

この試合のパフォーマンスでカーは先発の座を完全に射止めたと言って過言ではないでしょう。image
やはり只者ではないようです。

スタメンです。

オフェンス
WR 89 J・ジョーンズ
LT 72 D・ペン
LG 66 G・ジャクソン
C 61 S・ウィズニュウスキー
RG 77 O・ハワード
RT 71 M・ワトソン
TE 81 M・リヴェラ
WR 18 A・ホームズ
QB 4 D・カー
RB 20 D・マクファデン
FB 45 M・リース

ディフェンス
RE 58 L・ウッドリー
DT 94 A・スミス
NT 78 J・エリス
LCB 38 T.J.キャリー
WLB 55 S・ムーア
MLB 56 M・バリス
SLB 52 K・マック
CB 27 C・ロジャース
RCB 23 T・ブラウン
FS 24 C・ウッドソン
SS 26 U・ヤング

個人的には、まだまだ粗いですが#38 T.J.キャリーは、かなり良いと思います。
また、故障中のK・バーンズに代わりRTに入った#71 M・ワトソンはバーンズより全然良いと思いました。
キング・オブ・フォルススタート K・バーンズ。いよいよ潮時かもしれません。

主なチームスタッツです。
※左がSD 右がOAK
1stダウン数 24 17
3rdダウン成功率 8/14/57% 8/13/62%
4thダウン成功率 0/1/0% 0/0/0%
獲得ヤード 423 396
プレイ数 69 54
平均獲得ヤード 6.1 7.3
ラッシュヤード 116 114
ラッシュ数 33 20
ラッシュ平均ヤード 3.5 5.7
パスヤード 307 282
パス成功率とインターセプト 35/22/0 34/18/1
パスプレイ平均ヤード 8.5 8.3
パント数と平均ヤード 3/47.7 4/41.3
パントリターンとヤード 1/29 3/30
キックオフリターンとヤード 0/0 3/85
インターセプトとヤード 1/0 0/0
反則数と罰退ヤード 7/60 11/79
ファンブル/ロスト 1/0 1/0
タッチダウン数 4 4
FG成功率 1/1 0/1
セイフティー数 0 0
時間 37:02 22:58

これ迄2回ぐらい出してますが、誰かが言っていたこれ。
image
間違っていなかったのかもしれませんね。
当時は賛否両論でしたがw
でも何気に面白くなってきてませんか?