sahaっす

これはかなりイケてます。カッちょいい。
来季プレイオフはこいつで戦ってもらいましょう。
image
ではまず残念なNEWSから。
今年29才でキャリア7年。
かつては個人的に守護神と崇めていたタックルマシーンこと#33 SS T・ブランチがカットされました。
ここ2年はシーズン序盤に故障し戦線離脱と良いとこナシでしたが、来季は完全復活してくれるもんだと期待していた矢先にカット。
非常に残念ですが、まあこれもビジネスライクなNFLというリーグでは仕方ないのかもしれません。
ありがとうブランチ。さようなら。

一方、昨季オフFAで獲得した期待ハズレ組のQB M・ショーブ/RB MDU/DE L・ウッドリー3人については、まずウッドリーをカット。
ショーブやMDUについても時間の問題と言われています。

そして、前エントリーにてドラフトの噂話として紹介したRAIDERSの2015年1巡4位指命権をPHIの《RBルショーン・マッコイ+2015年の1巡20位+来年2016年1巡指命権のトレード》は、マッコイとBUFのLB キコ・アロンソ(昨季開幕前のACL断裂でシーズン全休の3年目。オレゴン大出身)との選手間トレードというアッサリした話で立ち消えましたw
PHIフロントはチップ・ケリーに、あらゆる権限を与えてるようでオレゴン時代のかわいい教え子をゲットするために、リーグ屈指のRBと交換しちゃいました。
PHIやNYJというチームは面白いことをやってくれるんですが一貫性がないと言うかよくわかりません。
まあアル爺を失ってからのRAIDERSもそうでしたが、今年からは違うと信じたいです。
デルリオさん、そこんとこヨロシクです。

さて、現地3/10のFA解禁前ということで今もっとも注目されている話題と言えば、契約更新すれば最低でも32億というサラリーの問題でタグ無しでFA市場に出てくる可能性が大きくなったビッグネームDETのDT ダムコング・スーの動向、新天地捜しです。
候補としてJAX/TB/CHI/IND/MIA/NYJと解禁日までに交渉を進めるであろうDETに残留という可能性もあるようですが、隠れRAIDERSファンのNFL.comローゼンタール氏によると①キャップスペースがリーグ2位の66億と余裕があること②DLの補強が必要であること③スー自信が西海岸でのプレイを望んでいることなどから最有力候補はRAIDERSとコメント。
image
NFL.comのコラムニスト生沢氏曰く
『スーは今年のFA市場でもっとも注目される選手になる。2010年のドラフトで全体2位指名を受けてからライオンズディフェンスの要として活躍し、2014年は3年連続4度目のプロボウル、2年連続3回目のオールプロに選出された。まだ28歳でNFLキャリアの絶頂期にあるといっていい。これほどの選手がFAとなるオフシーズンは久しぶりだ。
スーはパワーとスピードを兼ね備えた稀有なDLだ。安定したランストッパーであるばかりか、ポケットを破壊してQBにプレッシャーをかけるパスラッシャーでもある。サラリーキャップに余裕があるなら、どのチームもスーを獲得したいだろう』
とのこと。
そういえば1月末にも#91 DE ジャスティン・タックがスー獲得を推すコメントをしていました。
『スーにはRAIDERSが似合う。実にRAIDERS的な選手だよ。RAIDERSファンがスー獲得を歓迎すると思うのもその理由の一つ。タフで闘争心溢れる選手はRAIDERSにフィットすると思う。スーのような選手の隣でプレイする機会を得られれば嬉しい。今までは自分の役目だったダブルチームもすべて引き受けてくれるだろうしね』