本場RAIDERSファンの今季開幕スタメン予想(ディフェンス編)彼は何事もなかったかのように100%の状態で戻ってきたらしいです。

2015年06月12日

ファン必見 Novel『Raider Nation』後編 by#00さん

sahaっす

それでは#00さんの作品『Raider Nation』後編をお楽しみください…
※前半はこちらから
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
image

「君、名前は?」
「余です」
「アマリ!」
「何と!やはり君は生まれながらのRaider Nationだ」
「え?どういうことですか?」
「今年のドラフト一巡、期待の星と同じ名前なんじゃよ、アマリ・クーパー、才能溢れるWRじゃぞ」
「アマリって…ファーストネームでしたか」
「君のファーストネームは?」
「義男です」
「ヨシオ…シオ!」
「塩?」
「違う、シオ・ムーア、これからレイダースのディフェンスを牽引するようになるであろう若きLBじゃよ…そう言えばさっきの封筒をもう一度」
「これですか?」
「さっきは良く見なかったが…マック商会じゃと?」
「それも何か?」
「シオと一緒にレイダースを牽引するであろう、若きスターの名前…ん?そう言えば『愛され続けて52年』じゃったな」
「え、ええ…」
「断言しよう、君の会社の社長もRaider Nationじゃよ」
「なぜ?」
「マックの背番号が52なんじゃよ」
「ああ…それで半端な年数なのにこんなキャッチフレーズを…」
「マスター!#89のジャージはあるかね?」
「ああ、昨日届いたばかりだ」
「彼に着せてやってくれんか?アマリ君に」
「もちろんだよ」

 #89のジャージを着て皆と一緒に生まれた日に行われた一大スポーツイベントを観戦した。
 それまでルールも知らなかったが、映像を見ながら解説してもらえばそう難しいものでも無い、後半が始まる頃には皆と一緒に楽しむことができるようになった。
 画面では#32が縦横無尽に走り回り、#16から#21へのパスも面白いように決まってレイダースの圧勝、大いに盛り上がった。

「ああ、面白かった」
 勝利を祝って乾杯した後、#00の老人と入り口近くのテーブルに戻った。
「それは良かった、君のおかげで皆も盛り上がったよ」
「レイダースって強いですねぇ、いわば決勝戦でしょ?それをあんなに圧勝で」
「残念ながら今は少し苦しい時期が続いておるがな」
「そうなんですか?」
「2002年のスーパーボウルに敗れて以来、勝ち越したシーズンがまだないのじゃよ」
「えっ?…そんなに長く?」
「甦るチャンスはあった…だが、あいつに賭けたのが間違いの元じゃったんだ」
 #00の老人はドアマットを指差した。
「それで皆が踏みつけるドアマットに背番号を?」
「まあ、そう言うことじゃ…才能あふれる選手じゃったが、努力すると言うことを知らん怠け者でな、期待が大きかっただけに落胆も大きかった…」
「なるほど、そうだったんですか…でも、12年も勝ち越していないのに応援し続けるファンがいるなんて最高じゃないですか」
「ああ、それは我らの誇りじゃな…それにシオ、マック、クーパー、カーと言った若く有能なスター候補は目白押しじゃ、近い将来、いや今年にでもレイダースは甦ると信じておるよ」
「僕も信じます、今日はとても楽しかった」
「ああ、我らもじゃ…」

 翌日、地元に戻った義男はすっかりフットボールの、レイダースのファンになり、シーズンの到来を待ちわびた。

 2015シーズン、レイダースは若い力とベテランの経験が、オフェンスとディフェンスががっちりとかみ合い、快進撃を見せてスーパーボウル進出を決めた。
image

 義男はぜひあの店でスーパーボウルを共に見たい、レイダースを応援したいと思い、有給を取って上京、渋谷に向かった。


「何故?…」
 あの黒と銀の扉はそこになかった…木目調のドア、店の名前も変わっている。
「すみません、ここにRaider Nationって店があったと思うんですけど、閉店したんですか?」
 隣にあるブティックの店員が店に入ろうとするところを捉まえて聞いてみたのだが・・・。
「Raider Nation?知らないわ、お隣は3年前からそのパブよ」
「そんなはずは…去年はここにあったんだ」
「どこか違う場所なんじゃないかしら?」
「いや…お宅の店名も憶えてるくらいだから間違いないんだけど…」
「夢でも見たんじゃない?…」

 夢…夢だったのだろうか…。
 でも…。
 とても夢だったとは思えず、義男はその木目調のドアをそっと押してみる…と、それは開いた…。
「あ…まだ準備中なんですけど…」
 カウンターの下から声をかけられた…どこか聞きおぼえがあるような…。
 そして店内の様子にも見覚えがある、祭壇とスクリーンは見当たらないが、椅子やテーブル、カウンターは確かにあの店のもの…。
Just win baby!
 思い切ってそう言ってみると、マスターがひょっこり顔を出した。
「あ…マスター、僕、憶えてくれてますか?」
「憶えてるとも、アマリ君だろ?」
「そうです!みんなと一緒にスーパーボウルを見たくて…でもどうして?…」
「ははは、Raider Nationは店の名前じゃないのさ、Raider Nationとはレイダースを心から愛する者たちの事を指すんだ、ほら、みんなが集まってきたぞ…」
 そう言われて振り返ると、いつのまにか店内は黒と銀のジャージで埋まっていて、壁にはスクリーンが。

Just win baby!
 アル爺がそう叫ぶとスクリーンにはレイダースの選手たちの入場シーンが映し出される…#4が、#28が、#89が、#52が、#55が躍動し、#11と#24もお互いに肩を叩き合いながら嬉しそうに走って来る…。

image

Go! Raiders!
 それが乾杯の合図だ、それを共有できない仲間はここにはいない。
Just win baby!
 その精神を理解できない者はこの店を探し当てることすらできないのだ。

 なぜならここはRaider Nation、レイダースを愛する者の王国なのだから…。

image



saha4678 at 08:45│Comments(4)#00さん 

この記事へのコメント

1. Posted by vinta   2015年06月12日 21:38
vintaです。。

レイダースファンでも、ひとつのストーリーを作るまでは出来ないですね…。♯00さんには脱帽です。

僕の場合、まともな文章にならないね…。

マルコム・スミスがスキンヘッドになったら「マルコメ」・スミスだっ!…、そのレベルです。。

でも、今年はハートフルで終わっちゃ駄目、ハードでグレイトじゃなきゃイカン。。

ウッドソン隊長は、練習「皆勤」ですって…。
病み上がりで「解禁」とか言っているワカゾーとは違うんじゃ、今年も面倒臭い中年で駆け抜ける…。いや駆け抜けずタックルかますぜぃ。。
2. Posted by #00   2015年06月13日 04:59
vintaさん、お褒めに預かり有難うございます。
これ、趣味なんで・・・。
ぱっと書いて大して推敲もしないでsahaさんにお預けしちゃったんで、ちょっと密度が薄いんですけど、ネ申と隊長が肩を叩きあいながら入場するシーンが書きたくて・・・。

「マルコメ・スミス」面白いですよ、逆に私にはそう言うセンスがないので。

隊長、素晴らしいですよね、試合でも練習でも若手の鑑、なんとかリングをはめてもらって、いずれはHCでもリングをはめてもらいたいものです。

sahaさん、カッコイイレイアウト有難うございます。
「RAIDERS FOR LIFE」しびれます。


実際、今年は良いんじゃないですか?
マリオの出来にもよりますけどDLはかなり強化されましたし、ILBががっちり固まりましたからマック&シオも躍動しそう、あとはDJが覚醒してくれれば。
O#もアマリは間違いなくやってくれるでしょうからカーも一皮向けるでしょうし、マレーのブレイクが本物で、フェリシアーノがバーンズからポジションを奪ってくれれば・・・リベラ好きなんでちょっと残念ですけど、ウォルフォードが定着すると骨太なO#になりそうな気がします。
たら、ればが多いですけど、可能性の高いたら、ればですから。
3. Posted by saha   2015年06月20日 00:34
>vintaさん

隊長はホント素晴らしいです。
仰るとおり、隊長のためにも今年は正月明けも戦ってもらわないとです。

あっ vintaさんのセンス、僕リスペクトしてますから。
これからもドンドンかましてくださいw
4. Posted by saha   2015年06月20日 00:44
>#00さん

RAIDERSファンとして、とても楽しんで読ませていただきました。

他チームのファンの方々にもRAIDER NATIONの熱い気持ちは伝わると思います。

僕には文才が無いので、#00さんが羨ましいですが、また機会があれば是非お願いします♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
本場RAIDERSファンの今季開幕スタメン予想(ディフェンス編)彼は何事もなかったかのように100%の状態で戻ってきたらしいです。