2015年07月29日

“化ける“ためにはランが出なければどーにもならないことも十分知っていますが、なんだかんだでデルリオ丸は発進します。

sahaっす

image

2015デルリオRAIDERS。
まずはルーキーによる夏キャンプ始まったようで、今週末からはベテランも加えた、2015シーズン夏キャンプが開始されます。
サバイバルです。

OLB S・ムーアがActive/PUP入りとのこと。
評価の高いR・アームストロングやSEAから新加入のM・スミスもいますのでOLBのポジション争いは熾烈です。
とはいえムーアは欠かせない選手なので、開幕迄にPUPから除名されることを願っています。

では、今回の話へ
こちら昨季2014シーズンのスタッツです。
image

ご覧のとおりオフェンスの1試合平均ラッシングヤードは77.5ヤードとリーグ最下位でした。

去年の7月の話ですが、LTのD・ペンはオフェンスの指針について、こうコメントしていました。当時のエントリはこちら
『俺達の攻撃はラン、ラン、そしてランだ。』

その俺達の攻撃の要となったRB陣のスタッツは以下のようなものでした。

DMC 534Yds(155キャリー/平均3.4Yds)
L・マレー 424Yds(82キャリー/平均5.2Yds)
MJD 96Yds(43キャリー/平均2.4Yds)
M・リース(FB)
85Yds(21キャリー/平均4.0Yds)
今オフDALへ移籍したガラスのエースDMCが平均3.4。
今オフ引退を決めた、MJDが期待を裏切り大誤算。
当時のエントリはこちら
リースはキャリー数が2013シーズンの46から半分にも満たない21へ減ったことにより85Ydsに留まり、光が見えたのはシーズン後半にブレイクしたマレーひとりぐらいでした。

また、大本営は当時image

と言っていました。
その期待の新人カーが全試合先発にも関わらず、ラン#Oはいっそうどころか、リーグ最下位…orz

レシーバー陣についてRAIDERSの関連の色々なサイトを斜め読みするとルーキーWR A・クーパー、FAで獲得したM・クラブツリーが先発確定または濃厚やら、故障から復帰するR・ストリーター(昨季3試合で早期離脱。一昨年2012シーズン888Yds)が先発で、クラブツリーは3番手争いやら、その3番手争いはA・ホームズvsK・トンプキンスなど、クーパーとクラブツリーの加入により激化必至の状態。
さらには、UDFAのJ・ハーパー推しの声もあったりでグチャグチャです。
image
image

昨季開幕時のファイナルロスターWR枠はB・バトラー/D・ムーア/A・ホームズ/R・ストリーター/J・ジョーンズという面々でした。
このうちD・ムーアとJ・ジョーンズがチームを去りました。
現ロスターに登録されているWRは次の11名です。
#10 S・ロバーツ
#12 B・バトラー
#13 O・ウィリス
#15 M・クラブツリー
#17 M・ウィリアムズ
#18 A・ホームズ
#19 J・ハーパー
#80 R・ストリーター
#83 K・デュラム
#85 K・トンプキンス
#89 A・クーパー
今季も5名ないし6名がWR枠になるでしょうが、確実な戦力UPが望めます。

J・ライスは言ったそうです。
『A・クーパーはT・ブラウンになれる』と。
彼だけはシーズン通して出場してほしいものです。どれだけの器なのかこの目で確かめたいです。image

TE枠のファイナルロスターは例年3人枠ですので今季も3人枠でしょうが、ルーキーのcomplete package(完璧)ことC・ウォルフォードがM・リヴェラを差し置いて先発を勝ち取ると予想されていますが、必要に応じてリヴェラとダブルTEなんて使い方も可能性ありです。
ちなみに昨季のファイナルロスター3人枠に残ったのはM・リヴェラ/D・オースベリー/B・レオンハルトでした。
現ロスターに登録されているTEは次の5名です。
#81 M・リヴェラ
#82 G・ホームズ
#86 L・スミス
#87 B・レオンハルト
#88 C・ウォルフォード
中途半端だったD・オースベリーがチームを去りリフレッシュされました。
3人枠は何なければM・リヴェラ/C・ウォルフォード/L・スミスで決定と言って良いでしょう。TE陣今季はレシーバーとして見ても期待できます。

ということで、やはり今季の(今季も)#Oの重要課題はランということになります。

こちらは過去6年のオフェンススタッツですが、勝率5割で終えたシーズンの数字はランが良く出ていて、パスとのバランスが取れていました。

《#Oトータル/ラン/パス》
2014 32位 282.2y / 32位77.5y /26位204.7y (3勝13敗)
[HC] D・アレンorT・スパラノ [OC] G・オルソン
2013 23位 333.8y /12位 125.0y /25位 208.8y (4勝12敗)
[HC] D・アレン [OC] G・オルソン
2012 18位 344.0y /28位 88.8y /8位 255.2y (4勝12敗)
[HC] D・アレン [OC] G・ナップ
2011 9位 379.5y /7位 131.9y/11位 247.6y (8勝8敗)
[HC] H・ジャクソン [OC] A・サンダース
2010 10位 354.6y/2位 155.9y /23位 198.8y (8勝8敗)
[HC] T・ケーブル [OC] H・ジャクソン
2009 31位 266.1y /21位 106.3y /29位 159.8y (5勝11敗)
[HC] T・ケーブル [PGC(※)] T・トールナー
※パッシングゲームコーディネーター

8勝8敗の2シーズンは共にコーチとしてH・ジャクソン(現CINのOC)が絡んでいますが、アル爺逝去により新生RAIDERSとしてスタートした2012年1月、アル爺以外では初のGMとしてマークが招聘したのはレジー・マッケンジーでした。

そのレジーが手始めに実行したのは、アル爺色に染められていたRAIDERSを変えることでした。
それが、HCを変えることが正解であったかは疑問ですが、当時選手からの信頼も厚かったH・ジャクソンは解雇されました。

そして、そのポストに抜擢したのは、当時の DAことD・アレンだったわけです。
当時ライバルチームのDENのDCからNFL最年少のHCとして期待されたものの、8勝28敗(勝率.222)と、目もあてられない結果だけ残し昨季2014シーズン序盤に解雇されました。

これについては、過ぎたことを今さら言っても仕方ありませんし、レジーは不良債権の処理やドラフトで、一定の成果を挙げてくれたわけで全てがダメなGMだとは言いませんが、やはりH・ジャクソンを切ってDAをHCとして抜擢したうえ、ろくなOCも連れてこれなかったことも事実です。
アメフトはコーチのスポーツとも言われるだけにコーチ陣が違っていたら…なんてことも思いますが。

…と、話が脱線しそうなので戻します。
さて、重要課題のRB陣ですが、昨季2014シーズンのファイナルロスターに残ったのはFB含め5人。
DMC/MJD/マリー/リース(FB)/オラワレ(FB)
選手のスタッツは冒頭のとおりです。
(オラワレのスタッツは2キャリー/3Yds)

現ロスターに登録されているRB(FB)は次の8人です。
#22 T・ジョーンズ
#26 R・ヘル Jr
#28 L・マリー
#33 T・リチャードソン
#34 J・アトキンソン III
#40 M・ダイアー
#45 M・リース(FB)
#49 J・オラワレ(FB)
RBのファイナルロスターが今季も5人だとしたら貴重な5人枠です。
消去法で考えさせてもらいますが、今季の面々を見るにFBのオラワレはいらないと思います。FBはリースひとりで十分なのでバックアップとして必要ならPSでお願いしたいです。
CBからRBへ再びコンバートされたT・ジョーンズに期待する仕事の多くはリターナーorガンナーですのでRB枠には入れてほしくない。GA3も昨季スタッツはキックオフリターン7回134Yds平均19.1Ydsということで期待したほどの活躍はできませんでしたのでPSに残るかどうかという感じでしょうか。
というわけで、RB陣のファイナルロスターは以下の5人を希望します。
#26 R・ヘル Jr
#28 L・マリー
#33 T・リチャードソン
#40 M・ダイアー
#45 M・リース(FB)

ここでカギとなる推しメンを。
UDFA入りしてから、ずーっと気になっていたマイケル・ダイアーimage

ダイアーは1990年10月13日生まれの24才でサイズは173㌢99㌔の豆タンク系RBです。
5年前、2010シーズンはオールアメリカンに選ばれたこともある逸材ですが、紆余曲折あってドラフトには引っ掛かりませんでした。


現在のところ先発RBはL・マレーで確定したようなものです。
それぞれタイプが異なるため、2番手争いについては色々言われていますが、あちらのRAIDERSファンによるエントリを、 助っ人A氏にお願いして翻訳してもらいましたのでご紹介します。

《M・ダイヤー RAIDERS No.2 RBとしての論述》

T・リチャードソンとM・ダイヤーはRAIDERSのNo.2 RBの座を争い再びライバルとなった。

もしあなたがカレッジフットボールのファンなら、オーバーンが2010年BCSナショナルチャンピオンシップに参戦した奇跡のシーズンを覚えているだろう。
QBのC・ニュートンとダイヤーは凄まじい攻撃力で14連勝しオーバーンをシーズン無敗に導いた。image

翌年、リチャードソンのアラバマ クリムゾンタイドは12―1でBCSナショナルチャンピオンシップで勝利している。

この2人のライバルは同郷同士というだけでなく、攻撃の優位性という点も共通している。
リチャードソンが2012年NFLジュニアのドラフト入りを宣言した時、ダイヤーは2年生だった。
リチャードソンはドラフト全体3位でCLEに指名された。
もしダイヤーにその資格があったならば、彼はリチャードソンの後にセカンドランニングバックとして選ばれたかもしれない。

AL comのライター、マイケル・カサグランデによれば、その代わりにオーバーンの前スターは、フィールドの外での規制や法的処置
の為に全2012シーズンをぼうにふってしまった。
ダイヤーはルイヴィルで2年間過ごしたが、そこでの彼のパフォーマンスは低迷する一方だった。
image

彼はケガや、RBを構築する新しいシステムに馴染むことができず不調続きだったために、オーバーンを率いたグランドアタックの半分の力も発輝していなかった。

最終学年の年、ランキング2番目のFSUとの対戦で彼はかつてオーバーンで発揮していた実力を垣間見せた。

ルイヴィルでの彼のベストゲームでは、リチャードソンが最近の2シーズンで不足していたもの以上の能力を発揮した。

オープニングのヒット時の視野の広さや決断力、ダウンヒルスタイルのランニングは、彼の能力のなかでも素晴らしく魅力的なもの
だ。
こうした彼のクオリティの高さは、ビデオを見る限り134ラッシュ中28回のトライと3タッチダウンを記録しているところからも分かるだろう。VTRはこちら
明らかに彼はオーバーンのゲーム全てを棄てていたわけではないのだ。

NFL.com のランス・チアランによれば、彼はルイヴィルでの最終年でキャリー当たり平均4.4ヤードを維持。

また、プロスタイルのオフェンスやボールキープのスタイルでプレイする事を心得ていた。

プロボウラー並みのプレイ、自ら積極的にタックルの合間を縫って走り抜く。
決して体力まかせではないが、彼の足元を抜こうとするオープンフィールドタックルをかわすには十分な強さを持っている。
最終シーズンのビッグゲームとなった対FSUでのドロップパッドレベルとインパクトでのボール防御は彼のベストプレイであろう。
ルイヴィルでの153キャリー中、彼がヘマしたのはたった1度だけだ。image

ダイヤーは本気でフットボールキャリアを築くため、彼は過去を葬り去り、眼球検査にパスした。
彼はNFLトライアウトに名を刻んだ。

ESPNのビル・ウィリアムソンは、彼はフィールドでの練習に合わせて普段からしっかりと体調管理をしている。

ダイヤーの心と身体は、RAIDERSの登録簿に確実に名を記すために費やされている。
リチャードソンはCLEのルーキーイヤーから陥っている下降低迷状態から抜け出せず、リーグでこの後いつまでプレイ出来るのかが話題になっている。
1キャリー当たり平均3.3ヤードというリチャードソンの実績は、NFLのチームにとってはもはや魅力的な数字ではない。

リチャードソンがRB陣の一員として有効性があるかどうかは疑問が残る。
2012シーズンのリチャードソンは267キャリー、モンタリオ・ハーデスティが65キャリーで彼に追従している。
CLEは元ドラ1のリチャードソンを、彼が過去2年間にドナルド・ブラウンとアハマド・ブラシュワンド・ダン・ヘロンと共に奮闘したINDにトレードした。

ディフェンスが縮小されたなかで、大きく熾烈なランニングバックが効力を発揮するためにはキャリー数が必要だ。
GBのエディ・レイシーとSEAのマーション・リンチは多くのキャリーによってそれぞれのチームで存在意義を示した。
L・マレー、M・リース、R・ヘルJr 或いはダイヤーといったオプションを持つRAIDERSでは、リチャードソンが多くのキャリーを任されることはないだろう。

ならばRAIDERSのNo.2 RBとして相応しいのは誰か?

3~4名のボールキャリー陣営に入ってリチャードソンが際立った存在となっている姿を想像するのは難しい。
プロフットボール・トークの記者マイケル・ディヴィッド・スミスによれば、リチャードソンに向いているのはサードダウンかゴールラインバック、それも彼が好まない状況下という条件であろう。

RAIDERSのRBには、マレーのように多くのキャリーを期待できそうな選手を補う内容のシステムが必要だ。
カレッジRBのトッププレイヤーから一転低迷してしまったダイヤーは、その後復活に向けハードなトレーニングに励んでいる。
彼のポジションなら、彼はより受け入れられるだろうしリチャードソンより容易に生産性を上げるだろう。image
世論もそう思っているようです。

ロイヘルJrはパス-キャッチランニングバックとして役立つだろう。
OLコーチのマイク・タイスがシリウスXM NFLラジオでコメントした内容からもそれは明らかだ。
タイスはロイヘルjr. について他にもポジティブな発言をしている。

そして我々がWASから選んだサンローマン出身の若者、彼は素晴らしい俊敏さと意識を持ち合わせており、オフシーズンに抜きん出ていた存在だったと思う。

WASから来た青年の良いところは、バックフィールド外でキャチングだろう。
No.2 RBの座を勝ち取るためには平均10~12 回はキャリーするという任務を受け入れなければならない。
リチャードソンには向いていない任務だ。

ダイヤーがルイヴィルのバックアップの役割を務めた時、彼はゲーム当たり平均15近くはキャリーをしていた。
また、マレーがケガで不調(ゲームから外れた)の時はその穴を埋める役割も務める事が出来る。
ダイヤーはヒットスピードと壁を押し退ける下半身の強さを併せ持っていて、この2つはリチャードソンがキャリア絶頂期のレベルに匹敵している。

ということです。
まだ若いですし、ポテンシャルがありながら、これまでのキャリアで身体を酷使していないというところも魅力です。
夏のキャンプで台頭しファイナルロスターに残れば面白い存在。ラン#Oのカギとなるかもしれません。
とりあえず開幕前まで注目していきたいと思います。

色々書きましたが、今季のHCはJ・デルリオ。
OCはラン#Oのフィロソフィーを持つB・マスグレイヴです。
確実にRAIDERS#Oは変わります!!
楽しみです!! #Dもレベルアップし強力です!!
うわさの彼が来たらもっと強力です!!
image
(こないかw)
なんかグチャグチャになりましたが、とにかく今季は強いということです!!
皆さんの意見もお聞かせください!!
盛り上がって参りましょう!!
GO!! RAIDERS!!

saha4678 at 21:45│Comments(10)RAIDERS 2015 

この記事へのコメント

1. Posted by John rider   2015年07月30日 09:53
T・リッチ、皆に糞味噌言われてるけど
僕は期待してるよ。
勿論OAKの全選手も。
そして元所属選手も移籍先で頑張ってくれたら、
きっと幸せな気分になれると思う。
特にMJDはもう一花咲かせて欲しい。
DALなんてRBには最高のチームに行けた
今期は絶好のチャンスだと思うし。

ただしパーマー、お前は許さん。
2. Posted by John rider   2015年07月30日 10:00
あ、今回のエントリー、
読み応え抜群で物凄く良いですね。
拝見していてとても楽しい気持ちになれました。
ありがとうございます(^-^)/
3. Posted by vinta   2015年07月30日 11:59
去年のラン攻撃宣言はなんだったんだろう…、というぐらい昨シーズンのランは酷かったですね。

ランが でないのによくカーは頑張っているなぁ、と感心していました。ランが出ればカーのスタッツはもっと良くなると思います。ケミストリー必至なので、ラン攻撃の構築は手厚めでお願いしたいですね。。
4. Posted by #00   2015年08月01日 06:15
 実際、3-3で終えたラスト6試合はマレーが出ていましたものね、ホント、MJDには期待していたんですけど・・・。
 今年はカーのターゲットはかなり強化されていますので、マレーが昨年並みか、それ以上の活躍を見せてくれれば見通し明るいですよね。
 TRも随分身体を絞って切れが戻っているってレポートもありましたね、マレーも実績という点ではまだまだですから、TRが底上げをしてくれるといいですねぇ。
5. Posted by John rider   2015年08月02日 01:23
Oops…
DMCと打ったつもりがMJDと…
お恥ずかしい(;´д`)

6. Posted by deaf   2015年08月02日 14:02
5 やはりランが出ないと厳しいし、見てて楽しくないですからね!
ダイアーは私も注目してました、ニュートンとやってたころはドラフト一巡あるなぁと思ってたぐらいの逸材です!
で、Lマレーは期待していいと思います。
確かにシーズン通してコンスタントに活躍出来るか不安ですが、スクリメージの穴を見つけて走ることに関してはDMCやMJD以上だったと思います。

で、かつてのアイドルDMCはPUPリスト入りだそうです…まぁ、ですよねー(>_<)
7. Posted by saha   2015年08月04日 20:09
>John riderさん

T-RichはアクティブNFIとのことで、キャンプには参加していないようですね。
理由は良く分かりませんが、身体が絞れてきたとのことで期待していたのですが…
代わりに推しメンのダイアーの評価がうなぎ上りということで、個人的には♪の今日この頃です(^_^)
あっ お褒めいただきありがとうございます!!
8. Posted by saha   2015年08月04日 20:19
>vintaさん

あれだけ宣言して…ですよねw
まあ今季はコーチ陣も一新しましたから、#Oも#Dもどー良く変わるのか。
RAIDER NATIONの期待値は上がる一方ですよね。
ランが出るようになれば、#Oオプションも増えるでしょうし楽しみにしましょう!!
9. Posted by saha   2015年08月04日 20:28
>#00さん

RBの先発はマレー、サードダウンバックとしてパスシチュエーションではロイヘル、ゴールライン付近ではT-Rich&ダイアーなんて感じで考えられそうですが、リースも身体を絞って来ているらしいのでやる気マンマンです♪ 
ランが出るようになれば…今季は半分以上勝てそうな気さえします。
10. Posted by saha   2015年08月04日 20:35
>deafさん

軸となるのがマレー&ダイアーの凸凹コンビってことになれば、面白いと思います。
リースが黙っていないでしょうがw
あとはOLがどの程度やってくれるかですね
OL… (-。-)y-゜゜゜

コメントする

名前
URL
 
  絵文字