sahaっす

あらためまして今季初勝利を振り返えさせていただきます。

image

スタメンに先週開幕戦で肩を脱臼した隊長こと#24 FS C・ウッドソンと手に打撲を負った#4 QB D・カーが名を連ね迎えたWEEK2 BAL戦

試合前に読んだ記事にBAL戦でカーに求められているのは、フル出場できるか否かクォーターバッキングリーダーシップの3点と書いてありました。
結果カーのスタッツはAtt46 Comp30 Pct65.2% Yds351 AVG11.7 Yds TD3 INT1 Sack1 QBRate 100.9
レーティング100.9
獲得Ydsはキャリアハイ351
TDパス3
ヒットしたのが、ドラ1ルーキーの#89 WR A・クーパー、FA新加入の#15 WR M・クラブツリー、ドラ外2年目にしてロスター入りした】10 WR S・ロバーツというのも3人に投げ分けているところも洒落てます。

その記録もさることながら、とても印象に残ったのは、先週同じようなランプレーで手に打撲を負ったにも関わらず今日も自らランで1st downを獲りにいく姿でした。
カーは勇敢でしたね。image

口ではなんとでも言えます。多少なりとも怖さもあったはずです。それでもカーは躊躇なく走っていたように見えました。

NFLのQBはいわゆるデキた人間でないと務まらないのでしょうが、昨季から今日の試合までのカーを見ていると、その資質が十分あると認めて良いと思います。

NFLの選手おけるフランチャイズの定義は色々な意見もあるでしょうが、僕が見つけた中でしっくりきたのは 『偉大な才能と世間に受ける(要するに人気のある)スポーツ選手であり、チームの成功と将来にきわめて重要であるとみなされる。』という定義でした。
であれば、カーはフランチャイズQBの器を持っているということになると思います。image

…と、少し真面目になりすぎちゃいましたので、ここからはざっくばらんに。
さて、何年ぶりかは覚えていませんが37得点。

まずパスオフェンスについてですが、WR陣のスタッツは以下です。
#10 S・ロバーツ Rec1 Yds12 Avg12 Lng12 TD1
#15 M.クラブツリー Rec9 Yds111 Avg12.3 Lng37 TD1
#89 A.クーパー Rec7 Yds109y Avg15.6y Lng68 TD1
#18 A.ホームズ Rec3 Yds50y Avg16.7y Lng21

クーパーの本物ぶりをアピールする68YdsTDレシーブを皮切りにWR陣で3TD。
先発のクーパーとクラブツリーは100Yds超えの揃い踏み。
このハイパーオフェンス的な感じ。素直に嬉しいです。image
これから幾度となく見ることになるであろうクーパーのTDセレブレーション

ランオフェンスについては、スピードとクイックネスを持ち合わせ且つゴリゴリでもいける#28 RB L・マレーのスタッツは以下です。
Att15 Yds65 Avg4.3 Lng9 TD1
欲を言えば平均5Ydsは欲しいところ、お願いしたいところですが、要所ではキッチリとゴリッてくれてました。頑丈ですし、1Ydsでも前に突き進もうとする意識が見てとれました。
今後もっと良くなってくると思います。image
1Yds TDランを決めるマレー。今後も期待です。