sahaっす

バイウィーク明けWEEK7
GBに惜敗したものの最後まで追い詰めるパフォーマンスを披露したQB P・リヴァース擁するSDと敵地での対戦となります。image

現時点のAFC西順位表です。
image
只今暫定ながらAFC西2位です。
ライバルチームの状況ですが、ここまで全勝DENがぶっちぎりで首位を独走中。
しかし今季のDENは、兄者のパフォーマンスが不安定で攻守ともに手がつけられないほどの強さを持っているというわけではありません。
このまま、すんなりぶっちぎりの優勝という程のチーム力はないと思います。
また、KCはシーズン序盤にRB J・チャールズがIR入りし同地区ライバルながら御愁傷様状態。
KC地区優勝の可能性は極めて低いと思います。
そしてWEEK7で対戦するSD。
WEEK6の@GB戦をたまたまCSで見ました。
QBリヴァースが、43/65(66%) 503Yds獲得と球団記録を打ち立てる始末で絶好調。
しかしケガ人も多くInjury reportではGB戦でレシーブ157YdsのWR K・アレンは尻、 95YdsのレシーブのTE A・ゲイツも膝を痛めているようですが結果スタッツはQuestionable
キーとなる両選手だけに多少無理をしてでも出てくると思われます。

我らがRAIDERSはというとバイウィーク中、 #91 DE J・タックがDEN戦で胸筋を断裂しており結果IR入りという信じたくない出来事が起こりました。
タックはプレイ以外の面でもディフェンスラインの要として大きな存在だっただけに、タックが抜けるのは大きな痛手ですが、その穴を埋めるべくチャンスを掴むことになりそうなのがルーキーのDE #97 M・エドワーズJr.です。

4-3スキームではDTとして、3-4スキームではDEに対応出来る万能性とL・ウィリアムスに匹敵するポテンシャルというファンからしてみれば半信半疑な理由から今年の2巡でRAIDERSが指名したマリオ。
ここまでは、いまいちパッとしませんでしたがWeek5のDEN戦でTackle:Solo3Ast3Sack0.5@snap50:86%とスナップ数の増加と共に結果も出るようになってきました。
以前開幕前、マリオについて書いたエントリはこちらです。
image
とにかくガムシャラに立ち向かってほしいと思います。

また、タックのIR入りを受けて先日カットしたばかりの#27 S T・メイズとリサイン。image

そして、リターナー要員としてW・パウエル(180㌢86㌔)とWR枠でサインしています。
#19 パウエルは2014年ドラフトでARIが6巡指名。同年昨季NYJに在籍しリターナーとしてKR 8回233Yds(Ave.29.1)/PR12回48Yds(Ave.4.0)という数字を残しています。
今季ファイナルロスターから漏れBUFのPSとして登録されていました。
現在リターナーとして#38キャリー/#89クーパー/#26ヘル/#45リース/#22ジョーンズと主力選手も兼任で務めており、ケガのリスクも高いリターナーにはあまり使ってほしくなかったのでパウエル獲得は朗報と言えます。
リターナーについては、かのJ・フォード(現FA)以来、良いリターナーに恵まれていないだけに、カバーチームとの兼ね合いがありますがパウエルが活躍してくれることを切に願っています。image

lnjury reportでは#78 DT J・エリス(足首)が Doubtful
#24 S C・ウッドソン隊長(肩・膝)と#28 RB L・マレー(肩)がProbable
隊長が無理をして出場し大きなケガを負わないか心配ですが、周りが止めてもきっと隊長は強行に出場すると思います。

そういう男です。