sahaっす

image

 DEN戦で勝ったのは2011年9月12日まで遡るそうですが、4年以上も勝ってなかったんですね。

この試合の後半を、先日のラグビーW杯からラグビー好きになったものの、アメフトとラグビーの区別すらろくについていない『にわかファン』1000人に見せたとしても、全員がこの試合のMVPは白いほうの52番と答えるであろうカリル・マック圧巻のパフォーマンス。
何より敵地マイルハイに集まったDENファンにマックの凄さをアピール出来たことを個人的にとても嬉しく思っています。
DENのミスにも助けられての勝利ですが、運も実力のうち。
これで 6 勝7敗です。
image
image


オフェンス
(RUSH 27Yds PASS 99Yds TOTAL 127Yds)image

これが前半終了時のチームスタッツです。image
獲得Ydsはマイナス12。
FD更新は1回(しかもペナルティ)。
タイムオブポゼッション6:56。
いくらDENのディフェンスがメチャクチャ強いったって、ここまでオフェンスが何も出来ないとなると、今季RAIDERSが勝った試合はD・カーが300Yds以上投げているという余計な情報がインプットされていたこともあって、このオフェンスのスタッツに心が折れそうになっていましたが、ディフェンスは前半押し込まれながらもTDを与えずに4FGの12点で凌いだことが、後半ディフェンスやSTのビッグプレイが出れば、チャンスが廻ってくるかもしれないと、微かな希望を抱いてはいました。

後半3Q最初のオフェンス。
DENのCB C・ハリスに完全に抑えこまれたA・クーパーは、この日結局Rゼロ。
M・クラブツリーもこの日はCB A・タリブのマッチアップに苦しみ4Rec19Yds。
L・マレーもDENの強力なランディフェンスに苦しみRun16/27Yds/Avg1.7とこの日沈黙したわけですが、このドライブでカーはTEのM・リヴェラへ29YdsのパスをヒットしC・ウォルフォードへ25Ydsとパスをヒットimage

最後はS・ロバーツへ11YdsTDパスをヒットしEXP成功で7-12と反撃開始(ウォルフォードのフィンガーキャッチは見事でしたし、ロバーツはこれで今季5つ目のTD。BAL戦/@CLE戦/@TEN×2といつも大事なところで決めてくれます)image
その後、SAFETYで9-12と詰めより4Qへ
DENのRRがパントをマフしたところをJ・コンドーがリカバーして得たチャンス。
このチャンスにTEリヴェラに16YdsのTDパスをヒット(リヴェラ今季初TD)とクーパー、クラブツリーへ投げれない状況でもTDが獲れるというところを見せてくれました。image

カーのスタッツはComp12/Att29/Pct41.4%/Yds135/Avg4.7/TD2/Int0/Sck3/QBRate79.0/FUM1/Lost0でしたが、この試合で良かった点は、DENディフェンスのプレッシャーにある程度我慢することが出来ていた事とINTが無かった事。
そしてチャンスを逃さすTDパスをキッチリ決められた事の3点だと思います。