sahaっす

ラフトまで残すところ2週間程になりました。

FA解禁前のモックでは、当然のようにCBが1巡指名に挙げられていましたがFAでの順調な補強を経て各メディアのモックも変化しています。
今季2016年シーズンのRAIDERSは、2002年以来のプレイオフをガチで狙っている様子が伺え、ファンとしては超注目のシーズンとなることは間違いありません。

GMレジーの頑張りでFSのR・ネルソンとサイン。今オフのFA補強は予想以上の結果を収めたと言って過言ではないと思います。
昨季2015シーズンは7勝9敗と復活の兆しを見せたRAIDERSの1巡指名権は久々の中位となる14位であるため、GM就任以来これまで1巡上位指名権を手にドラフトで成功を収めてきたドラフトゴリラ レジーとしての真価が問われるドラフトとなりそうです。
(2013年は忘れてあげましょうw)

直近のRAIDERS1巡モックをグラフ化した画を見つけましたので紹介します。image
このグラフによると
1番人気 R・ラグランド ILB アラバマ(21.8%)
2番人気 E・アップル CB オハイオ州立(13.9%)
3番人気 J・コンクリン OT ミシガン州立(8.9%)
3番人気 M・アレキサンダー CB クレムソン(8.9%)
5番人気 S・ランキンス DT ルイヴィル(7.9%)
6番人気 D・リー OLB オハイオ州立(6.9%)
7番人気 W・ジャクソンⅢ CB ヒューストン(5.9%)
その他候補か25.7%と約1/4を占める形となっています。
去年の同時期、ほぼ3人(A・クーパー/K・ホワイト/L・ウィリアムス)に絞られていたことを考えると、今年の1巡指名は分散される状況となっていてニーズはディフェンスが中心となっています。

一方オフェンスでは1巡指名にOTやRBを推す一部メディアもありますが、今年のドラフトでのオフェンスニーズは中位から下位指名で、結果バリューピックで当たりだったという勝手な希望を持っています。
ちなみに今季のOLについてはこれ迄も何度か書き込みしているように近年稀に見る充実ぶりでメディアもこぞって評価しています。
下の画はPFFに掲載されていたリーグトップクラスと評価されるDALのOLとの比較したものとなります。image
ご覧のように各選手のグレードではDALの3人(LT T・スミス/C T・フレデリック/RG Z・マーティン)にかないませんが、OL5人の平均ではDAL81.94/OAK 82.76とRAIDERSがその上をいっています。
欲を言えばドラフトで今年33才となるペンの後釜を指名したいところではありますが、ペンは2014シーズンのRAIDERS入りから全32試合にスタメン出場しており、故障とは無縁。
OT1巡指名最優先の話は、FAとなったペンが他チームとサインした場合の話であり、2年延長でリサインできた今年については、即戦力となりうる1巡有力選手の指名をとりあえず回避できたと考えてます。
(というかそう考えましょうw)

さて、続いてこの画もPFFに掲載された現ロースターから見る今季ディフェンスの先発予想となります。image

SSに昨季6試合5タックルのCB D・マクドナルド(去年のドラフト7巡c)が配置されているのは解せません。
現状ではN・アレンが先発濃厚と言われていますが、アレンでは物足りないのも事実です。

1列目と2列目はハイブリッドスキームを基本とするため3-4/4-3/5-2と適宜変わりますが3-4とした場合の画に見えます。
4-3の場合は、DTにJ・エリスが入る格好になりますが、デプス的には薄いので補強は必要となります。去年のドラフトではFAでDT D・ウィリアムスを獲得しながらもRAIDERSにラブコールを送っていたL・ウィリアムスをスルーしましたが、これは当時FAで獲得したM・クラブツリーがどれぐらいやれるか未知だったことも鑑みて、ドラフトでD・カーの相棒となるレシーバーを獲得すべきという判断によりA・クーパーを1巡(全体4位)指名したと思います。
結果、この判断は成功しクーパーはルーキーとしてRAIDERS史上初の記録を打ち立てるまでに大活躍しました。

懸念されるのはM・エドワーズJr.(首の負傷で昨季終盤離脱)が今季無事に復帰出来るのか否かということです。
JDRはマリオの首の状態を楽観視し、問題ないとコメントしていますが、実際どうなのかはハッキリしていないだけに心配な状況です。

また、画的に見るとILB(MLB)の補強が最優先すべきポジションということになり、やはり1巡で指名すべきは先程モックで1番人気となっていたR・ラグランドとなってきますが、B・ヘニーやM・スミスもILB(MLB)として出場機会が増えるにつれて成長するでしょうし、そこそこやってくれる気がします。

但し、ILB(MLB)は指名する必要がないということではなく、デプスを厚くする必要はありますので、2巡以降で指名したとしてもレジーがきっと当たりを引いてくれると信じていますし、2巡以降で入ってきたライバルなら、ヘニーの闘争心に火がついて切磋琢磨する環境が結果オーライとなりそうな気がしています。
OLBでは、D・リーの名前が挙がっていますが、今季はN・ボールに期待しているのと11月に暴君 A・スミスが復帰することを考えると1巡でOLBを指名する必要は無いと思います。