衝撃走る Mr.RAIDERS カット俺の選手名鑑2016《ディフェンス編》

2016年09月28日

WEEK3@TEN RAIDERS ロード2連勝

sahaっす

image

セスがTDを決めた試合は全勝というジンクスは守られました。
ルーキーのドラ1 SS K・ジョセフとドラ6 MLB C・ジェームズが初先発した@TEN戦でロード2勝目挙げることができました。
ふたりにとって忘れられない試合となるでしょう。
先週WEEK2までボロボロにやられていたディフェンス陣、特にDBについては期待されていたFAスミスの出来に不穏な空気が流れていましたが、3戦目にしてようやくスミスらしさを取り戻し、アマーソンはほぼ完璧な出来でした。
PFFのWEEK3パフォーマンストップ10では、アマーソン1位/スミス5位とRAIDERSのCBふたりがランクイン。今後が楽しみになってきました。
試合のカギはオフェンス、ディフェンスにしろランと予想していましたがRAIDERSオフェンスはランで開幕から3試合連続100Yds超えと、この試合でもランオフェンスが機能したことが勝因のひとつだったと思います。

試合を振り返ります。

1Q【得点経過】
・残8分50秒 RBマレーが22YdsTDで7-3
2Q【得点経過】
・残8分10秒 K ジャニコウスキーが52Yds FG成功 10-3
・残30秒 WR ロバーツが19YdsTDレシーブを決めて17-3


《ハイライトシーン》

image
#28RB L・マレーは3試合連続となるTDラン(22Yds)を決めエースとしての役割を果たした。
※Att10 Yds37 Avg3.7 TD1 LG22T
※Rec1 Yds1.0


image
#33RB D・ワシントンが、30Ydsランと14Ydsランでチャンスを演出。
※Att6 Yds57 Avg9.5 LG30
※Rec1 Yds5


image
ドロップもあったが、随所に素晴らしいプレイを見せた#89WR A・クーパー
※Rec4 Yds62 Age15.5 LG25

image
#11K S・ジャニコウスキーは、50Yds以上で自身53本目となる52YdsFGを決め健在ぶりをアピール。

image
勝利を呼ぶ男#10WR S・ロバーツは2Q残り30秒に、2ポゼッション差に突き放すTDレシーブを決めた。
※Rec2 Yds27 Age13.5 LG19T

3Q【得点経過】
・残5分50秒 TEN RB D・マレーに5Ydsランを決められ17-10
4Q【得点経過】
・両チーム得点なし

《ハイライトシーン》

image
3戦目にしてついに先発出場を果たした#42SS K・ジョセフ
※Solo6 Ast4

image
デプス2番手の#57MLB C・ジェームズが#50MLB B・ヒーニーに代わり初先発し合格点と言える活躍を見せた。ヒーニーに強力なライバル出現だ。
※Solo6 Ast1

image
ほぼ完璧な仕事をした#29CB D・アマーソンはPFFによるWEEK3パフォーマンストップ10で1位となった。
※Solo2 Ast1 PDef4

image
INTでターンオーバー!! この試合、#27FS R・ネルソンと#21CB S・スミス共にRAIDERSでの初INTを挙げた。
※#21 S・スミス Solo2 Ast1 PDef1 INT1
※#27 R・ネルソン Solo4 Ast2 PDef2 INT1


image
この試合100Yds超え。#15WR クラブツリーは、#4QB D・カーにとって最も信頼のおけるレシーバーだ。
※Rec8 Yds102 Age12.8 LG31

image
ラスト エンドゾーンで勝利を決定づけるパスカバーを決めた#38CB T.J.キャリー


■チームスタッツimage


■所感
・先週トータル528Yds喪失とボロボロにやられていたディフェンスが今週393Yds(135Yds減)と改善。
内訳を比較すると先週ラン139Yds/パス389Yds⇔今週ラン181Yds(+42Yds)/パス212Yds(-177Yds)と、ランディフェンスは相変わらず厳しい状況ながら、パスディフェンスで177Yds減。DB陣(CBアマーソン/CBスミス/SSジョセフ/FSネルソン)が目を覚ましたか。
・ターンオーバー3回のウチ2回はスミスとネルソンのINT(1回はマリオタのスクランブルからアーヴィンのFFをネルソンがリカバー)によるもの。
・そのマリオタのファンブルから得たオフェンスでウォルフォードにTDパスが通るもペンのホールディングで取り消し。OLのペナルティがただでさえ気になっている昨今この手のペナルティは勘弁してほしい。
・カーの記録CP/AT 21/35(60.0%) Yds249 TD1 INT1 PRT79.3と決して誉められたものではないが、短いパスを繋いでランと絡ませたオフェンスは悪くない。
・パス成功率60%は数えきれない程のドロップによるもので、カーの調子が悪かったと判断する材料にはならない。
・キングクラブは8回102Ydsと今季初の100Yds超え。カーのINTはキングが弾いたところをキャッチされたものだが、キングの活躍を見ればチャラ。
・2Q残り2分またもやRTワトソンが負傷。ハワード&マキャンツ共に登録外のため、RTは驚異のドラ7アレキサンダーが務める。予想通り合格点。
・DJの生きる道は余計な事を考えずにタックルをぶちかますSB対策要員が最適か。
・MLBスタメンのドラ6ジェームズ。ヒーニー推しとしてはヒーニーより良いとは認めたくない。@BAL戦に注目。
・ロングゲインするワシントンの姿を見ると豆タン派としてはたまらない。
・T.J.キャリーの曲者感もたまらない。
・ジョセフ❤

saha4678 at 20:00│Comments(0)RAIDERS GAME 2016 RS 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
衝撃走る Mr.RAIDERS カット俺の選手名鑑2016《ディフェンス編》