2016年10月12日

WEEK5 SD 肉を切らせて骨を断つ

sahaっす

image

4勝1敗スタートは2002年以来だそうで、その年RAIDERSはスーパーボウルに進出しています。
しかし、まだシーズンは約1/3を終えたばかり。
油断は禁物です。

とはいえ、なんだかんだ地元で初勝利を挙げることが出来ました。
しかもそれが同地区ライバルとなればオークランドのRAIDER NATIONもさぞかし盛り上がったことでしょう。

この10何年の低迷期からの復活こそファンが待ち望んでいたことです。
プレイオフ常連チームのようなズル賢い勝ち方は出来ませんが、例えていうなら
肉を切らせて骨を断つとでも言いましょうか。
こんな戦い方RAIDERSっぽくて僕は好きです。

では試合を振り返ります。

1Q【得点経過】
・残13分40秒 QBカーからRB ワシントンへのパスがINTされる。
・残12分10秒 ILB P・ライリー(新加入 元WAS) がSD TE A・ゲイツにいきなりのFF!! FS ネルソンがリカバーしTO!!
・残3分50秒 CB スミスがディープパスをINT!! 2回目のTO!!
・残4分K ジャニコウスキーが20YdsFG成功 3-0
・残1分30秒 K ジャニコウスキーが50YdsFG失敗

2Q【得点経過】
・残13分10秒 SDがTDパスをHITされ 3-7
・残7分10秒 K ジャニコウスキーが26YdsFG成功 6-7
・残4分20秒 SDにFGを決められて 6-10
・残1分50秒 SS ジョセフがディープパスをINT!! 3回目のTO!!
・残2秒 K ジャニコウスキーが56YdsFG成功 9-10


《ハイライトシーン》

image
image
エースRB#28 L・マレー欠場もルーキーRBコンビの#33 D・ワシントンと#30 J・リシャードは共に活躍しランとレシーブでその穴を埋めた。
#33 D・ワシントン
※Att9 Yds23 Avg2.6 LG8※Rec5 Yds29 Avg5.8 LG10
#30 J・リシャード
※Att8 Yds31 Avg3.9 LG7※Rec6 Yds66 Avg11.0 LG22

image
CB#21 S・スミスはこの試合でも1QでINTとWEEK2以降は期待どおりのらしさを発揮した。
※Solo3 Ast2 PDef2 INT1
image
MLB#50 B・ヘニーIR入りにより新加入したILB#56 P・ライリーJr.は全スナップに出場し7タックル1ファンブルフォースといきなりの活躍を見せた。
※Solo6 Ast1 FF1
image
20Yds26Yds56Yds48Ydsと4本のFGを決めたK#11 ジャニコウスキー
50Ydsを1本外したが56Ydsをあっさりど真ん中に決めるあたりはさすがだった。

3Q【得点経過】
・残12分40秒 SDにTDパスをHITされ9-17
・残11分30秒 WRクーパーへディープパスがHIT!! RAC64YdsTD!! 16-17
・残10分10秒 SDにTDパスをHITされ16-24
・残4分50秒 K ジャニコウスキーが48YdsFG成功 19-24
・残4分 DT マギーのタックルでSD RBM・ゴードンがファンブル!! SS ジョセフがリカバーし4回目のTO!!
残1分10秒 4thダウン3からギャンブル敢行 WR クラブツリーへ21YdsTDパスが決まって25-24!!
さらに2PコンバージョンもWR クーパーへのパスが決まり27-25!! ついに逆転!!

4Q【得点経過】
・残12分50秒 RB オラワレの1YdsTDランが決まり34-25
・残6分30秒 SD TE A・ゲイツへTDパスを通され34-31
・残2分10秒 SDが同点狙いの26YdsFGを選択するもH(ルーキーP)がスナップされたボールをファンブルしFG失敗
・RAIDERS最後のドライブで時間を残り20秒まで消費しパント SD残11秒何もできずジ・エンド


《ハイライトシーン》

image
68Ydsレシーブで今季自身初TDを決めたWR#89 A・クーパーはこの試合138Ydsを記録し2Pコンバージョンでも魅せた。AC/DCがTD量産態勢に入ればハイパーオフェンスがさらに強力なものとなる。
※Rec6 Yds138 Age23.0 LG64T 1TD
image
全スナップに出場したドラ1ルーキーSS#42 K・ジョセフはキャリア初のINTを記録。またファンブルリカバーでターンオーバーを奪うなどチームに欠かせない存在となってきた。
※Solo3 Ast3 PDef1 INT1
image
この試合DTではなくDEとして出場した#92 S・マギーがDLでピカイチの活躍を魅せた。
※Solo3 Ast1 Sck1.5 FF2
image
先週は3TDと大暴れし、この試合でも逆転となる21YdsTDレシーブを決めた千両役者WR#15 M・クラブツリーの勝負どころでのパフォーマンスはネ申がかり的だ。
※Rec3 Yds47 Age15.7 LG21T 1TD
image
追加点となる1YdsTDランを決めたFB#49 J・オラワレのパワーランはエースRBマレーの不在を感じさせないプレイだった。
※Att6 Yds22 Avg3.7 LG17 TD1※Rec1 Yds2 Avg2.0 LG2
image
地元オークランドで初勝利 拳を上げて声援に応えるQB#D・カー
スタッツではSDのリヴァースに勝てなかったが勝負には勝った。オークランドのファンが長い間待ち望んでいたのはスタッツ云々ではない。勝てるQBだ。
※Att25 Comp40 Pct62.5% Yds317 AVG7.9 TD2 INT1 Sack3 QBRate93.4


■チームスタッツimage

■所感
・SD戦3連勝
・とにかくカーは素晴らしい。
・RTはアレキサンダーで良い。序列はアレキサンダー>ハワード>ワトソンと大逆転でかまわない。
・ディフェンス陣はパス喪失ヤード351と相変わらずだがターンオーバー4回はデカかった。
・新加入P・ライリーJr.(183㌢109㌔28才元WASの2010年ドラフト4巡 キャリア7年目)が本職のILBではなく欠場したOLB M・スミスの代役としてWLBで出場。
何日前に合流したかはしらないが思いのほかやりそうな印象が残る。レジー恐るべし。
・ジョセフは持ってる。
・ランはトータル89Ydsと100Ydsを切るもパスオフェンスとのバランスは悪くなかったが、やはりマレーとワシントンとリシャードの3人セットが最高のユニットだと改めて気付かされる。次のKC戦ではぜひともマレーに復活してほしいところ。
・DCのシャクレモアイにはそろそろ危機感を持ってほしいところ。
・次回同地区対決ROUND2 鬼門 KC
・ホントの勝負はここからです。

saha4678 at 04:20│Comments(4)RAIDERS GAME 2016 RS 

この記事へのコメント

1. Posted by mat   2016年10月12日 15:50
シャクレモアイw 絶妙なネーミング、思わず吹きましたw
D#はとにかくディープ対策ですね。通ればチャンス、INTでもパントみたいなもんですからね。そりゃ狙ってきますよね。KCはここを狙いながらのRB、TEのRAC、駄目ならQBが走ってきますからホント嫌らしいチームです。
殴りあいの試合は見てて楽しいですが(負けることは1ミリも考えていないので)、そろそろスカッと勝ってもいいんじゃないでしょうか(笑)
2. Posted by saha   2016年10月12日 18:39
>matさん

もうシャクレモアイ以外思いつきませんでしたw

『KCはここを狙いながらのRB、TEのRAC、駄目ならQBが走ってきますからホント嫌らしいチーム』ディープ対策φ(.. )……ですよね。 ホント嫌らしいオフェンスをしますよね。いつの間にかレッドゾーンに進入してくる印象があります。
ディフェンスもそこそこ強いですし去年は自滅に追い込まれたり。
リベンジしたいです。絶対に。
3. Posted by tomo   2016年10月12日 19:25
もう、シャクレモアイが頭からはなれません(>_<)
改めてレイダースディフェンスを見てますが、やっぱりあのハイブリッドフロント7はシステム的に欠陥だと思う(笑)
あれが成立するのは相当なFSとMLB(キークリー的な後ろにも前にも強い)CBも大きく速くなくてはならない(>_<)

MLB付近FS前のゾーンのTEルートに弱いのは仕方ない感じがしますね。
そういや、いやらしいTEがKCにいましたね!
去年のプロボウルでカーとの相性抜群の(笑)
4. Posted by saha   2016年10月14日 14:00
シャクレモアイとデルリオがLB出身だけに色々なことをやりたいって気持ちは分からないでもないですが、色々なことをやろうとしすぎて結果グズクズになっている感じがします。

A・スミスのイヤらしいスクランブルとあのTEのRACは要注意ですね。
J・チャールズも出るらしいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字