sahaっす

何年か前なら新天地としてRAIDERSを選択する選手が少なかったことは確かでしょうが、今は違います。
12勝を挙げ、そろそろスーパーも視野に入れてチームを作って行くであろうRAIDERSを新天地として選択する選手は目玉と言われる選手の中に少なからず存在しているはずです。
昨オフにRAIDERSが獲得した、LG K・オセメレ、OLB B・アーヴィン、CB S・スミス、FS R・ネルソンについて巷の評価はそれぞれのようですが、僕的には成功だったと思っています。
S・スミスとR・ネルソンについては良いプレーばかりではなく良くないところが目立つ場面もありましたがチームは12勝したわけですから、結果的に良しとしています。
2017シーズンは2016シーズンよりもハードなスケジュールのようですがロードで勝てるようにもなりましたしハードと言われようが、そこは楽観的に考えています。

2017シーズンは13勝して地区優勝を果たしてもらいたいというのが僕の希望です。
そして、プレーオフでカーが投げている姿が見たい…そんなところです。

さて、今年もそろそろFA解禁です。
コンバイン関連の情報は他の方々におまかせするとして、溢れんばかりのFA情報から僕的に是非ともRAIDERSに来てほしいと思う選手を挙げてみました。

image
Riley Reiff, OT
No. 71 Detroit Lions
Position:Offensive Tackle
Personal information
Date of birth:December 1, 1988 (age 28)
Height:6 ft 6 in (1.98 m)Weight:319 lb (145 kg)
College:Iowa
NFL Draft:2012 / Round: 1 / Pick: 23
2016 stats G14 GS14

DETのR・リーフは悩みを抱えるRT問題の救世主となりえる選手です。リーフの加入によりケガがちでうだつの上がらないM・ワトソンと好不調の波がありすぎのO・ハワードのRT争いに終止符が打たれることになるでしょう。
OLはドラフトよりプロとしての実績が分かるFAでの獲得が安全と勝手に考えていますので、リーフはほしいです。
プロ入り後、LTとしての経験も多くDETの諸事情によりRTへコンバートされましたが、リーフの加入により、近い将来くるであろうLT D・ペン(今年35歳)の後継者になりうる存在であることから一石二鳥ということになります。
多少値が張ってもRAIDERSが獲得すべき選手だと思います。

image
Dont’a Hightower, LB
No. 54 New England Patriots
Position:Outside linebacker
Date of birth:March 12, 1990 (age 26)
Height:6 ft 3 in (1.91 m)Weight:265 lb (120 kg)
College:Alabama
NFL Draft:2012 / Round: 1 / Pick: 25
2016 stats G13 GS13 Comb65 Solo31 Ast34 Sack2.5 SFTY1 PDef2

憎きNEのILBですが、ILBとしてFA市場の目玉となるのがD・ハイタワーです。
2016シーズン フロント7はハイブリッドで流動的なシフトを敷いたRAIDERSですが、MLBは期待された2年目のB・ヘニーが2週目で負傷しIR入り後、ドラ6のC・ジェームズが先発(3週~6週・12週)、WASをリリースされたP・ライリーJr.を7週目からMLBで先発起用し(5週~6週はOLB)結果3選手が努めました。
P・ライリーJr.ではダメだとは言いませんがハイタワーはワンランク上のグレードです。
3-4でも4-3でも5-2でも攻撃的な守備と多様性を持つハイタワーはRAIDERS的に喉から手が出るほど欲しい選手と言えるでしょう。
ハイライトはこちら