2017年03月28日

OAKLAND RAIDERSとしてスーパー制覇を。

sahaっす

前回以降のFA戦線進捗状況。
個人的に希望していたLB D・ハイタワー(元NE)はNEと再契約し、DT D・ポー(元KC)がATLと契約、WR T・プライアー(元CLE)はWASと契約ということになりました。

RAIDERSからは、エース L・マレーがMINと、A・ホームズがBUFと、M・リヴェラがJAXと契約とのことで、残るはQB M・マグロイン、ILB P・ライリーJr.、LS J・コンドの3名となり、13名中10名がRAIDERSを離れました。

RAIDERSがOT M・ニューハウス(元NYG)とWR/KR C・パターソン(元MIN)に続き、新たに契約したのは以下3選手です。

TE J・クック(元GB)
QB E.J マニュエル(元BUF)
LB J・ジェンキンス(元MIA)

image
Jared Cook
Position:Tight end
Date of birth:April 7, 1987 (age 29)
Height:6 ft 5 in (1.96 m)Weight:254 lb(115 kg) College:South Carolina
NFL Draft:2009 / Round: 3 / Pick: 89
2015年ドラ3で指名され、入団時にデルリオからコンプリートパッケージと称賛されたTE C・ウォルフォードは1年目28Rec 329Yds 3TD、2年目も33Rec 359Yds 3TD プレーオフ1試合2Rec 16Ydsと覚醒することなく、業を煮やしたレジーが獲得に動いたと思われるのが、今年4月で30才となるベテランJ・クックでした。
キャリアを調べると、2009年ドラ3指名でTEN入り後、2010年~2012年STL、2016年GBと渡り歩いてきたようで、昨シーズンのスタッツはレギュラーシーズンは30Rec 377Yds 1TDといまいちもプレーオフ3試合で18Rec 229Yds 2TDと活躍したようです。
特長は恵まれたサイズとスピードを活かして相手ディフェンスをセパレートでき、フィールド全体でパスキャッチができること。
ブロックはパワフルではないがスキルはあるので、ある程度は相手ディフェンスをコントロールできると。
マイナス面では集中力に多少難がありドロップが多いと言われたりしますが、フレームが大きくターゲットとして狙いやすいことはQB D・カーに取っては朗報といえます。
カーもクックの加入を喜んでいるようです。

image
EJ Manuel
Position:Quarterback
Date of birth:March 19, 1990 (age 27)
Height:6 ft 4 in (1.93 m)Weight:237 lb (108 kg)
College:Florida State
NFL Draft:2013 / Round: 1 / Pick: 16
次に契約したのは2013年ドラ1QB E.J マニュエルです。
この年のドラフトで唯一1巡指名(16位)を受けたのがE.J マニュエル(USC)でした。
2人目に指名を受けたQBがG・スミスだったことを考えるとQB不作の年だったといえます。
ルーキーイヤーに先発10試合投げて1,972Yds 11TD 9INT Rate77.5 Run324Yds 4TDと当時RAIDERSのQBだったプライアーと同じようなスタッツということからするとモバイル系ということになりますが、2年目以降は出番も少なく2014年は先発4試合、2015年先発2試合、2016年先発1回とBustと言わざるを得ない状況となっていました。
今回獲得した背景には、2014年にBUFのQBコーチを務めていたOC T・ダウニングとの関係も絡んでのことと推測できます。
それでも、先発経験から考えるとFAとなっているM・マグロインや、プレーオフで先発デビューした2015年ドラ4のC・クックより、現時点での実力は上は上でしょう。
バックアップ争い注目です。

image
Jelani Jenkins
Position:Linebacker
Date of birth:March 13, 1992 (age 25)
Height:6 ft 0 in (1.83 m)Weight:240 lb (109 kg)
College:Florida
NFL Draft:2013 / Round: 4 / Pick: 104

フロント陣が狙っていたLB Z・ブラウン(元BUF)との交渉が巧く行かず、契約に至ったのはJ・ジェンキンス。
今のところSFへ移籍したLB M・スミスの後釜としての起用が考えられています。
しかし、ブラウン的には新天地をウチかMIAのどちらかに決めかねているとの情報もあります。

さて、RB A・ピーターソンの獲得については、SEAがRB E.・レイシーと契約したとたんBEAST MODEことRB M・リンチの獲得話にすり替わり、メディアが多いに盛り上がっていましたが、それが現実に起こるとは思えません。
リンチも30才です。その話題もようやく落ち着いてきました。

やはり、レジーと言えばドラフト。
ということでRBはドラフトで指名することになりそうです。

LAS VEGASへの移転も決まりましたが、少なくとも2年か3年はOAKLAND RAIDERS。
OAKLAND RAIDERSとしてビンスロンバルディを獲りにいくためにも是非を。image
ハイライトはこちら

saha4678 at 17:55│Comments(4)RAIDERS FA 2017 

この記事へのコメント

1. Posted by mat   2017年03月28日 22:24
コンドーさんは再契約ですね。これなにげに嬉しかったです。ジャニ公、キングとコンドーさん、頼りにしてます。
OAKLAND RAIDERSとしてスーパーボウル制覇すべくFAでしっかり補強できていると思います。
リンチ復帰あればビッグニュースですが、どうなりますやら… 
現時点での僕的ドラ1はワシントン大のBudda Baker。ニッケルCBとしてSSジョセフと大暴れしてくれそうです。将来はレジーネルソンのようなFSになるかも。
2. Posted by vinta   2017年03月29日 08:36
マレー離脱後、まともに補強していないのでRBをドラフトで獲得するのはありそうですね。ただドラ1、2巡を使うべきなのか悩みます。

sahaさんはミクソンですか、確かに抜け出すと止まらないスピードがありますねぇ。2巡か3巡あたり、ドラフト2日目で他チームの様子を見ながら勝負ですねぇ。

1巡ではマキャフリーに届くか届かないか、ですからいつRBを仕入れるかって悩みどころなんですね。

1巡でポジション別にトッププロスペクトが落ちてきたら指名していいんじゃないかぐらいに思っています。ゆるめのBPAって感じですかね。
3. Posted by saha   2017年04月20日 07:58
>matさん

ジャニ公、キング、コンドーさん。
このユニットじゃないとしっくりきませんよね。
セスやオートリーと再契約したのも朗報です。
リンチのRAIDERS入りはドラフト前迄がリミットのようです。
matさんはドラ1Budda Baker推しですか。
僕も次はドラフト関連の記事をUPします。
4. Posted by saha   2017年04月20日 08:00
>vintaさん

優先順位を考えてたらRBは僕的モックでは3日目Pickになってしまいました。
しかも、ミクソンは素行面でレジーが…とか。
マキャフリーは面白いと思いますがレジーが獲りに行くかは微妙な感じがしますね。
モックドラフトって真面目に考えると結構疲れちゃうもんですねw

コメントする

名前
URL
 
  絵文字