2017年11月08日

WEEK9@MIA 地区暫定2位

sahaっす

[画像:8d4f0a39-s.jpg][画像:88364f4b-s.jpg]

苦手としていたMIAに勝利
やっとこさ勝目 ですが、KCとDENが負ける理想的な展開で同地区位に浮上しました。
[画像:64c9458b-s.jpg]

とは言えDENとLACが8試合であることから、あくまでも暫定
WEEK10はウチとKCはバイで、DENとLACは以下のカードが組まれているので来週の結果如何では再び最下位になる可能性もあります。
[画像:789009bf-s.jpg]
[画像:bef61ffd-s.jpg]
他力本願ではありますが試合の行方を見守りましょう。

しかしMIAに勝ってバイ明けメキシコシティでのNE戦に挑めるのはモチベーションからしても間違いなくRAIDERSにとって好材料であり、バイを有効に使い準備をしっかりしてシーズン後半に挑んでほしいと思います。

@MIA戦の振り返りは選手メインで。

[画像:940cd36e-s.jpg]
#20 SS O・メリフォヌ
個人的に期待していたドラ2 O・メリフォヌのデビュー戦のスタッツは3Tackle(Solo2Ast1)スナップカウントは7/67(10.4%)と少ないながらも、ひとつは3ダウンを止めています。
現在CBとして先発しているのはアマーソンとT.J キャリーですが、アマーソンが欠場中の代役として出場しているマクドナルドは決して良いとは言えず、ドラ1コンリーについてはバイでIR入りするか否かチームが判断を下すことになるでしょうが、Sのポジションにジョセフ&ネルソンのコンビが健在なうちはCBとして出場機会を与えてるか、TE対策としての適正を見るうえで出場機会を与えて欲しいと思います。
シーズン後半の活躍に期待です。


[画像:70d62b3a-s.jpg]
#16 WR J・ホルトン
俊足を生かしWEEK4@DEN戦で決めた64YdsTDと同じような形から、44YdsのロングボムTD決めたアル爺好みのレシーバー ホルトン。
今シーズンRec2で2TDとTD率100%更新中です。


[画像:7ccdf4aa-s.jpg]
#87 TE J・クック
WEEK7 KC戦でRec6 107Ydsを記録したクックがこの日もRec8 126Ydsと爆発し、ここまで9試合でRec39 499Ydsと期待通りの活躍。ケガなく出場続ければ 2011シーズンTEN時代に記録した759Ydsをクリアする勢い。計算できるレシービングTEを欲していたRAIDERS的には◎の成功補強と言えます。
カーとの息も試合を重ねる毎に良くなって来ていますし、シーズン後半も勝利に貢献する仕事をして盛り上げてもらいましょう。


[画像:1b13b8a5-s.jpg]
#24 RB M・リンチ
例の事件で1試合出場停止となり@BUF戦欠場。
そして、この日に2TDを決めたBEAST MODE リンチ 
スナップをリシャード&ワシントンと分けあい8試合出場でAtt86 323Yds(Ave.3.8) 期待された数字ではなくともオフェンスへの貢献度は高く、実際TDはSAEでの2015シーズンの3TDを既に上回っていて、ここまでケガもなくブランクを感じさせない走りはリンチだから成せる技ではないかと思います。


[画像:44459daa-s.jpg]
#53 MLB N・ボウマン
RAIDERSに来てから3試合で早くもディフェンスリーダーとしての地位を築きつつあるボウマン。
この日10Tackle(Solo5/Ast5)を決め3試合通算31Tackle(Solo18/Ast14) 
RAIDERSでの初戦がWEEK7 KC戦でしたが、あの試合はボウマンの活躍がなければ、おそらく勝てなかったでしょう。


[画像:a993fe83-s.jpg]
#4 QB D・カー
この日のスタッツは21/30(70%)300Yds(Ave.10Yds)1TD 1INT QBRate99.3 
今シーズンのカーはここまで8試合に出場し176/270(65.2%)1954Yds(Ave.7.2)13TD 7INT QBRate 91.8と決してパフォーマンスが良いとは言えません。
ちなみに昨シーズンのWEEK9終了時点のスタッツが2,505Yds 17TD 3INTでしたので、数字的にもパフォーマンス低下が顕著に表れています。

WEEK4@DEN戦では3Q残り5分でアクシデントに襲われてしまい(腰の骨の一部にひび)、2週間~6週間の離脱と報道されました。
しかし、WEEK6 LAC戦で復帰。結果16-17で負けはしましたが回復力の早さを見せました。
そしてWEEK7 KC戦では29/52(55.8%)417Yds(Ave.8.0)3TD 0INT QBRate101.2というスタッツで4Qラストドライブ残り0秒で同点となるTDを決めチーム勝利に導きました。
昨シーズンのカーは、このような4Qでの逆転劇でチームを勝利に導きましたが、今シーズンのカーは逆転勝利がKC戦の1試合のみでありクラッチ感が影を潜めていますが、
これはOCのプレイコールが多いに関係していたと思われます。
そのプレイコールもKC戦を機に変えてきており、カーが先発しフル出場した試合は7試合で4勝3敗。それほど悲観していません。
シーズン後半戦のスケジュールは厳しいスケジュールとなりますが9勝がプレーオフへのボーダーラインと言われている今シーズン残り7試合を4勝3敗で勝ち越し、あわよくば5勝2敗。10勝を挙げプレーオフ進出を果たしてもらいましょう。

[画像:4991e0c3-s.jpg]
WEEK11はメキシコシティでのNE戦となります。






















saha4678 at 20:45│Comments(3)RAIDERS GAME 2017 

この記事へのコメント

1. Posted by ふて猫   2017年11月08日 21:13
Bye明けの対戦相手がPATS戦(場所はメキシコですがね)とは今期最大の山場になりそうですね〜😅果たして勝利の女神はRAIDERSに微笑むのでしょうか?
2. Posted by #00   2017年11月09日 16:09
>果たして勝利の女神はRAIDERSに微笑むのでしょうか?

「あら、#12より#4の方が若いしハンサムね、こっちにしよっ(^^)」
3. Posted by saha   2017年11月15日 17:08
@ふて猫さん

Bye明けでいきなり強敵が相手ですが、勝てば勢いづきますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字