グルーデン新HC 記者会見トム・ケーブル 新OLコーチ 責任重大説

2018年01月10日

新体制コーチングスタッフ《OC DC STC》

sahaっす

本日より正式に新たなスタートをきったグルーデン新体制
主要コーチングスタッフである各カテのコーディネーターも決まりました。

OC
グレッグ・オルソン Greg Olson
1963年3月1日 (54歳)
_20180109_145856
_20180109_180202
過去のキャリア
・San Francisco 49ers (2001)
Quarterbacks coach
Chicago Bears (2003)
Quarterbacks coach
Detroit Lions (2004–2005)
Offensive coordinator & quarterbacks coach
St. Louis Rams (2006–2007)
Offensive coordinator
Tampa Bay Buccaneers (2008–2011)
Offensive coordinator & quarterbacks coach
Jacksonville Jaguars (2012)
Assistant head coach & quarterbacks coach
Oakland Raiders (2013–2014)
Offensive coordinator
Jacksonville Jaguars (2015–2016)
Offensive coordinator
Los Angeles Rams (2017)
Quarterbacks coach

グルーデン新体制のOCは、ご存知G・オルソンとなります。
グルーデンがTBでのHCを終えることになる2008シーズンにOCを務めていました。
個人的にはサプライズ人事でしたが、オルソンはカーのルーキーイヤーにあたる2014シーズンのOCであり、オルソンのフィロソフィをカーは既に理解しているはずです。
2014シーズンを3勝13敗で終了後、デルリオ新体制に変わると同時にRAIDERSを離れ2015シーズンから2年、JACでOCを務めることとなります。
2015シーズンは前年31位だったJACパスオフェンスを10位へ押し上げました(2016シーズンは20位)。
QBボートルズのチカラを巧く引き出したと評価されたオルソンは、2017シーズンにNFL最年少記録となる31才という若さでLAのHCに抜擢されたS・マクベイからQBコーチのオファーを受けLAのQBコーチとなります。
結果2017シーズン、前年31位となったLAパスオフェンスを31位から10位へと向上させたことでQBコーチとして2年目のQB J・ゴフのチカラを巧く引き出したと考えることもできるわけです。
グルーデンがオルソンをOCとして抜擢した理由を考えるなら、2017シーズン16位に終わったRAIDERSのパスオフェンスを改善するために適任と判断したと思えばおかしな話ではありません。
2014シーズンのオルソンを知っているだけに不安な部分もありますが、ここ2年間を見るとオルソンの方が前任者よりよっぽど優れていると考えられるようになります。 
2018シーズンは是非強力なパスオフェンスを作り上げてもらいたいものです。
ランオフェンスについては、グルーデンがリンチを残すか否かがカギになると思いますが、リンチをカットする場合はドラフト2巡あたりで即戦力のRBを指名を期待します。
_20180110_010229

DC 
ポール・ギュンサー Paul Guenther
1971年11月22日 (46歳)
_20180109_145923
_20180109_192550
過去のキャリア
Washington Redskins (2002–2003)
Offensive Assistant coach
Cincinnati Bengals (2005–2013)
2005 Assistant
2006 DB/Special Teams Coach
2007–2011 LB/Special Teams Coach
2012–2013 LB Coach
Cincinnati Bengals (2014–2017)
Defensive coordinator
Oakland Raiders (2018–present)
Defensive coordinator

グルーデン新体制のDCとなるP・ギュンサー
前職はCINのDCを4シーズン務めています。
グルーデンの弟であり2014シーズンからWASのHCを務めているジェイ・グルーデンの前職がCINのOCであった2011–2013シーズンにLBコーチがギュンサーであったことから、グルーデンはギュンサーを知ることになります。LBコーチ時の2012年はドラフトのLBプロスペクト上位でありながら、体重超過、素行不良、薬物検査NGなどの理由でドラ外となりCIN入りしたB・バーフィクトに対し前日練習の映像から良い点、悪い点、非常に悪い点を説明させたり、プレーブックの細部指導を熱心に行い、一流選手へ成長させています。
その後、2014シーズンにギュンサーはDCへ昇格します。
グルーデンはDCとしてのギュンサーのディフェンスを好んでいて、コーチとして資質と技量も把握していることから今回のオファーに至ったようです。
ギュンサーなら若い選手の適正を見極め、ポテンシャルを引き出すことも期待できそうです。RAIDERSディフェンスをリーグトップレベルへ押し上げてもらいましょう。

STC 
リッチ・ビサッチア Rich Bisaccia
1960年6月3日 (57歳)
_20180109_145945
no title
過去のキャリア
Tampa Bay Buccaneers (2002–2007)
Special teams coordinator
Tampa Bay Buccaneers (2008)
Assistant head coach, running backs coach & special teams coordinator
Tampa Bay Buccaneers (2009–2010)
Assistant head coach & special teams coordinator
San Diego Chargers (2011)
Special teams coordinator
San Diego Chargers (2012)
Special teams coordinator & assistant head coach
Dallas Cowboys (2013–2017)
Assistant head coach & special teams coordinator
Oakland Raiders (2018-Present)
Special Teams Coordinator

まず、あのオーナーが率いるDALで5シーズンもコーチを務めていただけで立派だと思いますw
グルーデンがTBのHCとして指揮した2002–2008シーズンにSTCを務めておりグルーデンにとって信頼のおけるコーチであることは間違いなさそうです。
オフシーズンの注目としては、開幕前のIR入りで全試合欠場となったジャニ公の去就です。
開幕戦でヒーローとなり、後釜候補となったタベッキオもシーズン中盤以降は不安定なパフォーマンスだっただけに、タベッキオを正キッカーとして来シーズン挑むのかという不安もあり、キッカーは課題となりそうです。
仮にジャニ公が引退(個人的には来シーズンも勇姿を見たいですが)となれば、長年連れ添ったLSコンドーさんの去就問題も発生するわけです。
キッキングユニットで安心できるのは実力もありエンターティナーでもあるパンターのキングぐらいです。
もう何年も見ていないキックオフorパントリターンタッチダウン。
新STCには接戦で勝負を決めることができるスペシャルチームを是非。

オルソン、ギュンサー、ビサッチア
グルーデンと共に頑張ってもらいましょう!!

GO RAIDERS!!



saha4678 at 07:25│Comments(10)RAIDERS 2018 

この記事へのコメント

1. Posted by mat   2018年01月10日 22:55
グルーデンのもと各参謀が馳せ参じました感が何だかとってもかっこいい(笑)
スタッフ、FA、ドラフトとグルーデンのチーム作りが楽しみで仕方がないです❗
2. Posted by #00   2018年01月11日 11:57
OCがオルセンかぁ……。
あまり良い想い出がないような……。
まあ、今シーズンのジャガーズは確かに10勝してるけど……。
3. Posted by John rider   2018年01月12日 01:26
やはりオルセンが…皆不安は一緒ですね(苦笑)

CINのディフェンスは嫌いな奴ばかりでしたが、DCの能力は高そうなのでまぁ良いか。

この後の興味はSBよりドラフトですね(笑)
個人的には将来LTを任せられるRTと有力なDTが欲しいです。
恵体のTEも。
リンチほ来年も居て欲しいなぁ(お安く 笑)
4. Posted by ふて猫   2018年01月12日 11:43
オルセンは多少不安ですが、前任者よりはまともですかね😅スタッフはこの顔触れで良いのではないのでしょうか?
後はFA選手との契約があります。これを何とか乗りきって欲しいものですね
5. Posted by John rider   2018年01月12日 16:13
>ふて猫さん
ダウニングもQBコーチの時は有能評価で長期契約でしたからなんとも言えませんね。
マスグレイブはDENで思いっきり馬脚を表しましたが(笑)

マックはワットの契約が目安でしょうね。
V・ミラー以下は有り得ませんし。
ただ今年(マックとしては)成績が良くなかったのでフランチャイズタグも視界に入っているのでは?

つーかホントにルーニー・ルール引っ掛かってるとは思わなんだ。
キノコはしゃぎすぎ!余計な一言がで罰金?
まさか契約解除ないよな…。
6. Posted by ふて猫   2018年01月12日 17:55
>jone riderさん わざわざご説明ありがとうございます❗️どうか来期は飛躍のシーズンにしたいものですね❗️
7. Posted by saha   2018年01月20日 00:29
@matさん

各アシスタントコーチも決まったようで、3月はFAですね。個人的にはDLこOLの補強を期待していますが…
グルーデンがどのポジションの補強をポイントとしていいるのか、誰を狙っているのか…興味はつきません。
8. Posted by saha   2018年01月20日 01:25
@#00さん

彼の使命は2016シーズンのカーに戻すことですね。
『RAIDERSはカーが全て』と言ったそうです。
こちらとしては『お前のプレーコールが全て』なんですがね。

9. Posted by saha   2018年01月20日 01:38
@John riderさん

将来LTを任せられるRT欲しいですよね。
シャーブも期待できませんし…FAよかやっぱりドラ1指名はOTですかね。
グロンクやケルシーみたいなデカくて早いTEが入れば面白そうですけどね。

リンチとグルーデンうまくやってほしいです。
10. Posted by saha   2018年01月20日 01:50
@ふて猫さん

OCについては途中からプレーコールがグルーデンに変わるようなことが無ければいいんですけどね。
しょっぱなからグルーデンがコールする可能性もなきにしもあらずですがw

DCは久々に良さげですから強いディフェンスを作ってほしいですね。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
グルーデン新HC 記者会見トム・ケーブル 新OLコーチ 責任重大説