新体制コーチングスタッフ《OC DC STC》セバスチャン・ジャニコウスキー 卒業

2018年01月20日

トム・ケーブル 新OLコーチ 責任重大説

sahaっす

2008シーズンから2010シーズンにRAIDERSのHCを務めたトム・ケーブルがOLコーチとして復帰します。

1516204228422

OL 
トム・ケーブル Tom Cable
1964年11月26日 (53歳)
_20180117_174254

ケーブルのRAIDERSでのキャリアをおさらいすると、2007シーズンにOLコーチとなり2008シーズンもOLコーチでしたが、当時HCだったレーン・キフィンが1勝3敗となったところで解雇され、W6より暫定HCとなりました。
_20180114_211456

結果5勝11敗でシーズンを終え(内訳はキフィン1勝3敗/ケーブル4勝8敗)で終えることになりますが、正式にHCとなった2009シーズンは前年と同じ5勝11敗という成績でシーズンを終えます。2010シーズンもHC続投。
結果8勝8敗と勝率5割(同地区対決は全勝)で終えるも、アル爺はOCのヒュー・ジャクソンをHCに昇格させたかったのでしょう。ケーブルは契約満了との事で解雇されてしまいます。

2011シーズンは2010シーズンよりピート・キャロル政権となっていたSEAでOLコーチ/AHCとなり、2017シーズンまで7年間OLコーチを務めあげました。
seahawks-concussion-violati

SEAでは2010シーズン31位だったランO#を2011シーズン21位へ押し上げ、2012シーズンから2015シーズンまで3位→4位→1位→3位とリーグトップクラスに変貌を遂げたラン#Oですが、これは2012年ドラフト3巡指名でルーキーイヤーから先発に抜擢されたR・ウィルソンとRB M・リンチのランによるところが大きいと言えます。_20180118_014921
事実2012-2017シーズン6年間でウィルソンが受けたサックは248(Ave.41.3)にもなり、パスプロはかなり厳しい状況でウィルソンを守れませんでした。
それでもパスO#で2016シーズン10位、2017シーズン14位という数字が出せたのはウィルソンのパサー能力によるところが大きいでしょう。
(※ちなみにカーは2014-2017シーズン4年間でサック91(Ave.22.7)とOLには恵まれています。

エースRBのリンチを失ったランO#は、2016シーズンは25位、2017シーズンは 23位と2年連続で低迷し、その煽りを受けケーブルはシーズン終了後に解雇されました。

そして、この度HCグルーデンは2015シーズンよりOLコーチとして尽力してきたM・タイスを留任させずにOLコーチにケーブルを選択しました。
※ちなみにカーが2014-2017シーズン4年間でサック91(Ave.22.7) OLには恵まれています。
puffer-16
タイスの実力については申し分ないと思いますが、黒い噂(相性が悪いOC B・マスグレイブを更迭させるべくQBコーチのT・ダウニングをOCに昇格させるネタをHCデルリオに吹き込んだ)もあることからグルーデンはケーブルを選んだのかもしれません。
しかし、カーにウィルソンと同じように走りまくらせるのもリンチをSEA時代のように使えと言うのは無理な話です。
どの道2018シーズン、ケーブルに課せられる責任が重大であることに間違いはありません。
グルーデンにドヤされ続けるであろうケーブルを陰ながら応援しましょう。


saha4678 at 01:50│Comments(4)RAIDERS 2018 

この記事へのコメント

1. Posted by vinta   2018年01月21日 08:37
この説は正しい。来シーズンのOLがSEAと同じレベルだったら確実に負け越し、今後勝つためにはOLの更なる充実が必要だからです。FAに頼らずドラフトクラスを鍛えることでこれができれば、様々な選択肢が生まれるからです。
頑張ってもらいたい。
2. Posted by John rider   2018年02月13日 02:30
ケーブルとは直接関係無い話なんですが…
アマーソン、カットですか。
アマーソンよりスミスが先じゃないのかとは思いますが(苦笑)

ここ何年も続くCB問題ですが、コンリー、メリフォンヌのコンビになるか、
FAやドラフトで動くのか。

目が離せなくなって参りました(笑)
3. Posted by saha   2018年03月07日 16:55
@vintaさん

お疲れさまです。

FAに頼らずドラフトクラスを…仰るとおりだと思います。
崩れたら崩れっぱなしで放置ということにだけはならないようにトータルバランスを考えてバックアップにも注力してもらいたいです。
きっと良くなる。強くなると信じています!!
4. Posted by saha   2018年03月07日 17:03
@John riderさん

お疲れさまです。

アマーソンは好きなCBでしたが、欠場が響きましたね…
残念ですが、2017ドラフト1巡2巡のふたりと、これからのFAとドラフトが楽しみですね。
グルーデンには、デルリオ体制との違いを、ハッキリ見える形で見せてほしいですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新体制コーチングスタッフ《OC DC STC》セバスチャン・ジャニコウスキー 卒業