2018 ドラ7ドラフト2日目レビュー

2018年05月01日

ドラフト初日レビュー

sahaっす

今年も仕事でリアルタイムで視聴することはできませんでした。
あのドラフト特有のドキドキ感をリアルタイムで味わえた方々を思うと羨ましくて仕方がありませんが時間が出来た時に少しずつレビューしたいと思います。

まずは初日。

1巡10位をトレードダウン(交換条件はARI 1巡15位&3巡79位)して1巡15位で指名したのはOT コルトン・ミラー(UCLA)でした。

1525017022240
77 Kolton Miller
Born:September 2, 1995 (age 22)
Height:6 ft 9 in (2.06 m)Weight:309 lb (140 kg)
College:UCLA
NFL Draft:2018 / Round: 1 / Pick: 15
Prospect Grade:5.80
2017年 All-Pac-12 セカンドチーム選出

10位までFS ミンカ・フィッツパトリック(アリゾナ)が残っていたにも関わらずOTを指名に打って出た裏にはLT ドナルド・ペンの脚の術後の回復が思わしくなく且つ35才という年齢もあって、かなり深刻な問題であり、後任探しが最重要課題となっていたことが改めて確認できた指名でした。
(この指名に関係してかペンが嫁へのDV容疑とのニュースもあり状況はより深刻なものになっています)。

モックで1巡指名筆頭と予想されていたILB ロクアン・スミス(ジョージア)が8位でCHIに指名、9位でSFがOT  マイク・マクグリンチー(ノートルダム)を指名を受けてからのトレードダウンということで、モック上スミスと共に候補とされていたDT ビータ・ベア(ワシントン) ※12位でTB指名、DT ダロン・ペイン(アラバマ)13位でWAS指名を考えると1巡ニーズはOT>DTであったことが分かります。

ミラーについては2016年はRT、2017年はLTを経験いており、サイズは身長206センチ、140キロと申し分なく、運動能力的にはSFが9位で指名したマクグリンチーより上と見られているようでチャッキー&レジーもその伸びしろを買っているようです。
今年RAIDERSに戻ってきたOLコーチのトム・ケーブル指導のもとミラー成長に期待しています。
ちなみに、UCLAからの指名は去年のドラ3 DTエディ・バンダードーズに続いて2年連続となります。

_20180508_012715


1525800909895
さらに、この日トレードダウンで得た3巡79位指名権とPITの#12 マータビス・ブライアントのトレードが成立。
ブライアントはクレムソン出身の長身(196センチ)WRで2014年ドラフトのPIT4巡指名。
2016シーズンは薬物規定違反により1年間出場停止で全休するも、ルーキーイヤーの2014シーズン 549ヤード、2015:シーズン 765ヤード、2017シーズン 603ヤードと平均500ヤード以上のレシーブを挙げている計算できるレシーバーです。
PITとしても手放したくない存在でしたが、2017年10月にブライアント本人が起用法について不満を漏らしPITへトレードを要求し、このままでは2018シーズンのホールドアウトについても示唆するコメントがブライアントから出ていたこともあって今回トレードとなったようです。
まだ26才と若く、多少素行に問題を抱えていますが実力は確かです。
現在QB デレク・カーの主なターゲットとしては、WR アマリ・クーパー、WR J・ネルソン、TE ジャレッド・クックなどのタレントを揃えていますが、これにブライアントという武器を加えることなります。


ドラフト初日は近い将来LTと期待されるOTの指名と即戦力WRを獲得という結果になりました。
これはこれで良しとしましょう。



saha4678 at 20:10│Comments(6)RAIDERS DRAFT 2018 

この記事へのコメント

1. Posted by John rider   2018年05月02日 02:05
sahaさーん、ミラーの体重~(笑)

一巡からロマン枠ぶっこんで来ましたよね。
OTに幅跳び能力の高さがどれだけ反映されるのか分かりかねますが、身体能力が高いに越したことはないので歓迎します。

レジー的には去年SBの思惑が外れ、
今年で立て直して来年以降勝負を狙っているのかな?
…って印象のドラフトでした。

ブライアントを含め問題児枠が多いのが特徴のドラフトでもありました(笑)
2. Posted by saha   2018年05月02日 02:51
@John riderさん

体重が140キロメートルになってましたw(修正済)

ブライアント以外にも問題児が2巡以降に控えていますからね。
今回でチャッキーが問題児嫌いというわけじゃないとわかりましたが、チャッキーがキングをカットした理由もわかりました。
ただ単にあのキャラを生理的に受け付けないということだったんですねw
3. Posted by vinta   2018年05月02日 13:46
少し地味なドラフトになったのはやはりOLを1番に指名したからでしょうね。Tは3巡でも指名しましたので、当分は中位以下の指名権で維持できる体制を整えたと言うことなのでしょうか。
あとOL全体が活性化しますのでランをしっかり出せるような体制を作りたいのだとも感じました。
ブライアント獲得まで考えると1日目は良かったと思います。
4. Posted by ♯00   2018年05月02日 16:38
正直、一巡はミンカかビータだと思ってましたのでちょっとガックリ。
結局ペンはもう計算できないってことなんでしょうかね、2016シーズン最終戦~POで、ペンを欠いたo#がガタガタだった事を思えば、OTの指名は必然だったと思うことにしましょう。

『問題児枠が多い』w
いや、それってレイダースらしくていいじゃないですかw
5. Posted by saha   2018年05月02日 22:10
@vintaさん

そうですね。1巡OTは地味に映りますからw
しかしミラーの指名はペンの状態を考えると必然だったのでしょうね。
妥協することなく『良い』と思って決めていたのがミラーであれば消える前に指名しますからね。
OLの活性化は歓迎しないとですよね。
シーズン始まってからペラッペラでは後の祭りですw
6. Posted by saha   2018年05月02日 22:17
@♯00さん

良い子ばかりの選手が揃ったRAIDERSなどRAIDERSではありませんw
問題児が何人いても勝ち続ける常勝チームこそがRAIDERSであり理想です。

チャッキーは何気にアル爺イズム継承者かもしれません。
ドラフトでそう感じる部分もありましたねw


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2018 ドラ7ドラフト2日目レビュー