WEEK15 JAX 自分の心はひとつです。WEEK16@LAC 奇跡の予感

2019年12月22日

WEEK16@LACに向けて

sahaっす

同地区 CHARGERSと敵地で対戦します。
日本時間 12/23(月) AM6:05
1576758578958
CHARGERSとの過去3シーズンと今シーズンの戦績
3敗 (2016シーズン 2勝 0敗/2017シーズン 0勝 2敗/2018シーズン 0勝 2敗/2019シーズン1勝)

RAIDERSに残されたプレーオフ進出の可能性は1%
_20191221_202225RAIDERS勝利は当然として他 4チームの勝利という他力本願200%の条件。
奇跡的にそうなったとしても最終戦WEEK17でRAIDERS勝利プラス他 4チームの勝利という およそ1%も無いんじゃないか思われる奇跡 × 2のようなものですが4連敗しながらも最後までファンの心を鷲掴みにする演出を忘れないRAIDERSを誉めてあげましょう。

パワラン
_20191219_185920
RAIDERS
1ランクダウン↓ 22⇒23
CHARGERS
LAC  3ランクダウン↓ 18⇒21
勝ち星ではRAIDERSが上回るもCHARGERSより低いランクとなっているのは試合内容と連敗続きというマイナス要因が影響していると思われます。
ホーム3連勝後は12位だったのに…今シーズンはWEEK12JETS戦がターニングポイントでした。

WEEK15結果
RAIDERS
RAIDERSはパワラン32位のJAGUARSにOAKLAND最終戦の4QでルーキーQB G・ミンシューに2TDを献上し屈辱的な逆転負け (16-20)
まさかの4連敗で6勝8敗となりました。
CHARGERS
毎年シーズン後半から猛チャージを駆けてくるイメージのCHARGERSですが今年はらしくありません。
ホームにNFC北の雄 VIKINGSをホームに迎えたWEEK15も地力の差を見せつけられ惨敗(10-39)
5勝9敗となっています。

チームスタッツ
_20191220_004101
パスオフェンス RAIDERS 15位/ CHARGERS 5位
ランオフェンス  RAIDERS 12位/ CHARGERS 23
パスディフェンス RAIDERS 27位/ CHARGERS 4
ランディフェンス RAIDERS 14位/ CHARGERS 17
ターンオーバーレシオ RAIDERS -2 / CHARGERS -16
ペナルティ 1試合平均 RAIDERS 8.1回/ CHARGERS 6.6回 

CHARGERSターンオーバーレシオ -16はリーグ最下位タイとなっています。
ちなみに、同地区優勝のCHIEFS+7です。

インジャリーレポート
RAIDERS
#28 RB J・ジェイコブス(肩)  Out
#52 LB M・リー(つま先) Out
#64 LG L・インコグニート(足首) Out
CHARGERS
LT R・オクング(足首) Doubtful

_20191219_215455
#77 RT T・ブラウン(胸部) Reserve/Injured
WEEK15 JAGUARS戦に欠場したブラウン。
プロボウルにも選出されましたが直後にIR入り。
残念ながら2試合を残しシーズンアウトとなりました。

_20191219_215514
#28 RB J・ジェイコブス(肩) Out
ジェイコブスはCHARGERS戦欠場決定。
OROY (Offensive Rookie of the Year)筆頭候補のジェイコブスのシーズンラッシングヤードはWEEK15終了時点1,150Ydsでリーグ6位となっています。
CHARGERS戦は#33 D・ワシントンと#30 J・リシャードでスナップを分け合う事になりますが新加入の大型RB#34 R・スミスを見てみたい気もします。

1576912550750
#13 WR H・レンフロウ  Active
WEEK12@JETS戦での肋骨負傷を最後に試合から遠ざかっていたレンフロウが復帰予定。
ルーキーながらスロットレシーバーとして要所で活躍していた戦力だけに IR入りを回避しての復帰は嬉しいニュースです。

注目選手
1576924157108
ルーキーながらここまで8.5サックを記録している"マッドマックス" #98 DE M・クロスビー
対戦相手CHARGERSDE J・ボサはキャリア3年目の今シーズン ここまで10.5サックを記録していますがルーキーイヤーの2017シーズンは12.5サックという記録を残しています。
クロスビーが残り2試合で4サックを記録すればルーキーイヤーのJ・ボサの記録に並ぶわけですがWEEK11 BENGALS戦で4サックと爆発したクロスビーならそれも無理な数字ではないのかもしれません。
ちなみにクロスビーと同期の49ERS DE N・ボサはここまで9.0サック。
このルーキー対決も気になります。

1576940106025
ルーキーズの活躍が目立った今シーズンですが開幕からカーのパスターゲットとしてブレイクした #83 TE D・ウォーラー
昨シーズン後半に加入し途中出場4試合6Rec75Ydsという記録に終わったウォーラーでしたが、ここまで80Rec 1,001Ydsを記録。
ここ3シーズン RAIDERSはTEをメインターゲットとして使う傾向がありJ・クックは2017シーズン 54Rec 688Yds/2018シーズン 68Rec 896Ydsを記録し2年連続でチームのリーディングレシーバーでした。
ウォーラーをターゲットにしたプレーコールがどのシチュエーションで多く使われているかも気にしてみたいと思います。

残すところ2試合
全力応援です!!






saha4678 at 03:15│Comments(4)RAIDERS GAME 2019 

この記事へのコメント

1. Posted by John rider   2019年12月22日 11:47
振り替えるにはまだ早いですが今季は怪我人が多すぎでしたね。
OLなんてまともなのミラーだけ。
トレントとハドソンとゲイブはずーっとリミテッドでしたし…
特にトレントはもう来季を睨んでのIR入りかなぁ…って感じます。

レンフロゥ肋骨折ったって話ですが復帰早いですね。
カレッジ時代はアメフトだけでなく野球とかでも奨学金貰ってたとか。
大人しそうな顔してフィジカルエリートだったんですね(笑)
無理せず慎重に器用して欲しいです。
2. Posted by mat   2019年12月22日 23:27
本当にこの試合は勝ってもらわないと困ります。ジェイコブスがいない時にどう試合を組み立てられるか、ですが、これまではかなり不満の残る内容でした。カーの奮起に期待します。
3. Posted by saha   2019年12月27日 02:31
>>1

おっしゃるとおり初戦でのエイブラム離脱から始まり怪我人続出のシーズンでしたね。
NFLでシーズンフル出場というのは相当なフィジカルを持ってしてもなかなか大変ですからね。
それを考えるとレンフロウはこれからも期待できますね。



4. Posted by saha   2019年12月27日 02:34
>>2

ジェイコブス不在ながらよく勝ってくれました🙌
カーもOLの援護が厳しい状態ということを前提によくやってくれましたね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
WEEK15 JAX 自分の心はひとつです。WEEK16@LAC 奇跡の予感