俺のモックドラフト2020スケジュール 2020 

2020年05月05日

ドラフト2020 雑感

sahaっす

遅くなりましたが 2020ドラフト雑感です🙋

1587896439813

Pick12 
ヘンリー・ラッグス III (アラバマ)
Henry Ruggs III  
No.11
College:Alabama
Position Wide receiver
January 24, 1999 (age 21)
5-11, 188lb (180cm, 85kg)
Grade:6.72

Best Trait: Speed/RAC Ability/Functional Athleticism
Worst Trait: Physicality/Catch Radius
Player Comparison: Tyreek Hill (KC)

RAIDERSの1巡ニーズはWRかCB
3位でDETがCBの目玉として挙げられていたジェフ・オクーダを指名した事により、RAIDERSの指名はWRが濃厚となり、おそらく指名は
シーディー・ラム (オクラホマ)か、ジェリー・ジュディ (アラバマ)というところでした。
11位までWRの指名は無く、ラムもジュディも残っている状況でしたが、ここで RAIDERSは フォーティ4.27のヘンリー・ラッグス III (アラバマ) を指名。

指名の瞬間、2009年のドラフトがフラッシュバックしましたが、DHBの時を振り返ると、あのドラフトは当時WRのトッププロスペクトとして挙げられていたマイケル・クラブツリーをスルーして(他にもジェレミー・マクリン、パーシー・ハーヴィン、ハキーム・ニックスなどがいました)フォーティの記録だけでDHBを指名したことによる、いわゆるアル爺イズム発動によるものでしたが、今回の場合、ラッグスがWRトップ 3に名を連ねていたことを考えるとDHBのそれとは状況が違うわけです。

今回、メイヨックがラッグスを選んだのは、抜群のスピードを持つラッグスがRAIDERSのオフェンスに変化をもたらし、計り知れない効果を生み出すと考えてのこと。
ラッグスにはリターナーという役割においても大きな期待を寄せているのではないかと思います。

まぁ、アル爺イズムを全く感じられなくなるのはRAIDERSファンとしては寂しいものですが。

それはそれとして、メイヨックの決断は間違えていなかったと思える活躍に期待しましょう。

_20200504_020551

1587939202413

Pck19 
デイモン・アーネット(オハイオ州立)
Damon Arnette
No.20
College:Ohio State
Position:Cornerback
September 2, 1996 (age 23)
6-0, 195lb (183cm, 88kg)
Grade:6.10

Best Trait: Man Tech/Ball Skills
Worst Trait: Tackling/Run Support
Player Comparison: Darius Slay (PHI)

👑Second Team All-Big Ten (2019)

 WRの指名を終えた残る1巡ニーズはCBですが、3位 でジェフ・オクーダ(オハイオ州立)、9位で C.J.アンダーソン(フロリダ)、そして16位 で A.J.テレル(クレムソン)が消えてしまいました。
2巡指名権のないRAIDERSとしては、トレードダウン(1巡後半でひとつ + 2巡ひとつ、もしくは 2巡ふたつ)で指名権を増やしたかったところですが、交渉相手が見つからなかったようで、下馬評では 2巡クラスと評価されていたデイモン・アーネット(オハイオ州立)を指名。

こちらも瞬時に 2017年の1巡指名ガレオン・コンリー(現HOU) を思い出しました。
コンリーもアーネットと同じくオハイオ州立出身のCBで、当時 CBのトッププロスペクトとして1巡11位で指名を受けたマーション・ラティモアの逆サイドでプレーしていたことから、今ドラフトのオクーダの逆サイドでプレーしていたアーネットと被ります。

リーチと言われていますが、3巡までには消えていたと思いますし、
ボールに対する嗅覚と読みの良さ、マンでもゾーンでも対応できるカバレッジ能力。
スピード面では、コンバインでの フォーティ4.56が気になりますが、メイヨック曰くハンドタイムでは4.43を記録しており、フィールドでのプレースピードは全く問題ないとのこと。

コンリーは昨シーズン途中にトレードされましたが、以降スターターに定着した2年目のトライボン・マレンとのコンビとして逆サイドを任せられることになるでしょう。

_20200504_022919



1587950730555

Pick80 
リン・ボーデン (ケンタッキー)
Lynn Bowden
No.33
College:Kentucky
Position:Running back/return specialist
October 14, 1997 (age 22)
6-1, 199lb (185cm, 90kg)
Grade:6.24

Best Trait: Versatility
Worst Trait: Route Running/Polish/Explosiveness
Player Comparison:Randall Cobb (HOU)

👑Consensus first team All-American (2019)
👑Paul Hornung Award (2019)
👑First Team All-SEC (2019)

優先ニーズであったWRとCBの 1巡指名を終え、2日目の 2巡~3巡デー
2巡指名の無いRAIDERSがの 3巡ひとつめで指名したのはリン・ボーデン (ケンタッキー)
ドラフトではWR登録でしたが、RBとしての指名となります。

デアンドレ・ワシントンがチームを去ったため、RBの序列はジョシュ・ジェイコブス > ジェイレン・リシャード>ボーデンとなりそうですが、ボーデンの魅力はカレッジでWR/RB/QBに加えリターナーとあらゆるポジションで活躍した超バーサタイルプレーヤーというころにあります。

昨シーズンはレシーブで348ヤード、ランで1,468ヤード、パスで403ヤード、リターンで273ヤードを記録しており、メイヨックは、このマルチスキルをオフェンスのジョーカーとして、また、スペシャルチームではパントリターナーとして期待しているようです。

昨シーズン、大事な場面では攻めあぐねるオフェンスを何度も見ましたが、今シーズン、ボーデンが入った時にどんなプレーコールで、どんなプレーを見せてくれるのかとても楽しみです。
活躍いかんではチームに欠かせないプレーヤーになるでしょう。

_20200504_015554



1587988221770

Pick81 
ブライアン・エドワーズ(サウスカロライナ)
Bryan Edwards
No.89
College:South Carolina
Position Wide receiver
November 13, 1998 (age 21)
6-3, 215lb (190cm, 97kg)
Grade:6.34

Best Trait: Physicality/RAC Ability
Worst Trait: Separation/Release/Agility
Player Comparison: Odell Beckham Jr. (CLE)

👑Second Team All-SEC (2019)

続いて、3巡 ふたつめは、WR ブライアン・エドワーズ (サウスカロライナ)を指名。

こちらは、理想的なサイズの優れたルートランナーで、RAC能力も高いワイドアウトということになります。

脚のケガの影響で評価を下げたが健康を維持出来れば、既にRAIDERSでベストルートランナーである可能性があり、身体を使ってボールをディフェンダーから守る方法を知っているため、サードダウン、レッドゾーンでは、すぐにカーのお気に入りのオプションのひとつになるだろう』という記事を読みました。

現時点ではWR開幕ロースター予想に名を連ねています。
1.ヘンリー・ラッグスⅢ (R)
2.タイレル・ウィリアムズ
3.ハンター・レンフロー
4.ブライアン・エドワーズ (R)
5.ゼイ・ジョーンズ
6.ネルソン・アゴラー (FA)

健康を維持出来れば…のくだりが少し気になりますが、期待しましょう。

_20200504_083110


1588107616761

Pick100
タナー・ミューズ(クレムソン)
Tanner Muse 
No.55
College:Clemson
Position:Linebacker
September 6, 1996 (age 23)
6-2, 230lb (188cm, 104kg)
Grade:5.80

Best Trait: Versatility
Worst Trait: Flexibility
Player Comparison: non

👑First Team All-ACC (2019)

NE相手にトレードダウン (91位・159位⇔100位・139位・172位)して指名したのは、2019ドラフトでは 3人を指名 (RB ジョシュ・ジェイコブス/CB トライボン・マレン/WR ハンター・レンフロー)をしたメイヨック推しのクレムソンから LB タナー・ミューズを指名。
ドラフトではS登録でしたが、LBとしての指名となります。

ここ何年か1巡指名の優先ニーズとされていたLBにおいては、FAでコーリー・リトルトンとニック・クイカウスキーを獲得出来たことは大きな収穫でした。

4-2-5がベースのディフェンスにおいて、ミューズに期待されているポジションはサブパッケージでの役割だと言われていますが、それが 4-3時のストロングサイドなのかウィークサイドか、もしくは 3-4時のインサイドに適正があるのか見極めるには少し時間がかかるようです。

当面はスペシャルチームが主戦場となりそうですが、ドラフト組だけにファンとしては、フルタイムのラインバッカーとして定着することを願うばかりです。

_20200504_102321



1588134849768

Pick109
ジョン・シンプソン(クレムソン)
John Simpson
No.76
College:Clemson
Position:Offensive guard
August 19, 1997 (age 22)
6-4, 330lb (193cm, 149kg)
Grade:6.35

Best Trait: Play Strength/Functional Power
Worst Trait: Foot Quickness/Functional Athleticism
Player Comparison: Kelechi Osemele (FA)

👑Consensus first team All-American (2019)
👑First Team All-ACC (2019)

2回目のトレードは、DETを相手にトレードアップ (109位⇔121位・172位)し、またもやクレムソンからガードのジョン・シンプソンを指名。
2019~2020ドラフトでメイヨックがクレムソンから指名したのは5人目。
2019は 9人中 3人、2020は 7人中 2人、 計 16人中 5人 とクレムソン率は 31%となります。
来年も間違いなく、クレムソンからひとりは指名するでしょうから2021ドラフトの選手をチェックする時はクレムソンをお忘れなく。

さて、シンプソンですが 2巡クラスのガードと評価されていたので、この位置で指名できたのはラッキーだったと思います。

横の動きには課題があるものの、縦に押し込むパワーが持ち味。
ゲイブ・ジャクソン、リッチー・インコグニートの後釜として育て上げてほしいところ。
横の動きについてはトム・ケーブルにみっちり鍛えてもらいましょう。

_20200505_034448



1588139882487

Pick139
アミク・ロバートソン(ルイジアナ工科)
Amik Robertson 
No.41
College:Louisiana Tech
Position:Cornerback
July 6, 1998 (age 21)
5-9, 183lb (175cm, 83kg)
Grade:6.20

Best Trait: Ball Skills
Worst Trait: Size
Player Comparison: Tyrann Mathieu (KC)

👑FWAA All-American (2019)

ラストは、巷で注目のスリーパーと言われていた CB アミク・ロバートソン (ルイジアナ工科)を指名しました。

サイズ不足と、プレースタイルから懸念されるケガの問題でここまで落ちてきましたが、卓越したボールスキルとスピードは、タイラン・マシューを彷彿とさせる多くの類似点あり。
DCポール・ギュンサーのディフェンスに完璧にフィットするタイプとのこと。

もしかしたら、シーズン中にもラマーカス・ジョイナーからポジションを奪うかもしれないと言われる程の注目のスロットコーナーです。

もう期待しかありません。

1588619255841

去年のドラフトでは、ジョシュ・ジェイコブス、マックス・クロスビー、ハンター・レンフローと当たりを引いたメイヨックです。
今年もその眼力に期待しましょう 🙌













saha4678 at 07:30│Comments(6)RAIDERS DRAFT 2020 

この記事へのコメント

1. Posted by John rider   2020年05月06日 01:13
更新待ってました!&ありがとうございます!

ラグスの指名は当初『なんでやねん!』となりました。
だってラムもジョディ残ってたし。
でも今現在改めて考えると、その三人の中で一番現チームに必要な人材だったのかな…と思っています。
ラムとジョーディと同じ活躍が出来そうな選手は確かに居ないのですが、近いプレースタイルの選手が居ない訳では有りません。
でもラグスタイプは完全に居ないんですよね。
昨年のカーはロング・ミドルが極端に少なかった事を批判されていましたが、ターゲットが居なかったってのも有ると思います。
だから毎年トップレシーバーがTEになるのかな…と(クイックリリースのショートが大好きなのは勿論ですが 笑)
ラグスのカレッジのスタッツ云々って有りますけど、ジョーディとパス分けあってるんだから見栄えのある数字にはなりませんて(ジェイコブスもカレッジの数字が飛び抜けていたわけじゃないですし)
むしろドロップが少ないってのが好印象です。

アーネットもアミクも身体能力お化けって言われてますね。
特にアミクは2020ドラフト全体No.1CBなんて書いてるアナリストもいたぐらいなので期待大です。
ミューレンも含めてCBのスターター争いが活性化しそうでワクワクしてます。

ボーデンはハリス亡き後のリターナーとして、
ミューズはハイライトの動き見てるとLBですね。
カレッジ時代からリーダーシップも評価されていますし、結構期待してます。
2. Posted by #00   2020年05月06日 06:02
以外背はありましたが、基本的にはニーズを埋めたドラフトだったと思います。
ただ、一つ大きなポジションを忘れているように思います……。
今年もOCはオルソンかよ~!
3. Posted by saha   2020年05月07日 03:55
>>1

ラッグスは仰るとおりですね!!
バマのWRはハズレるイメージが無いですし、あのスピードは相手にとって脅威となるはず。
ケガせずシーズン通してプレー出来ることを願ってます。

飛び道具的な使い方が予想されるボーデンですが、KCに一泡吹かせてやりたいところです。

ディフェンスはFAでも良い補強が出来てるので、ベガス初年度は勝ち越し期待です🙋
4. Posted by saha   2020年05月07日 04:05
>>2

なんとかニーズを埋めてくれましたね。
メイヨックには去年の実績があるだけに文句も言えません。
きっと何人かは、当たりが紛れてると信じてます🙋

OC…🙍 崖っぷちだと思って奮起してもらわないとです。

5. Posted by John rider   2020年05月09日 03:41
エドワーズもハイライト見ちゃうと物凄いですね。
NFLプレーヤーだと誰?でOBJなんて書かれてて、やれやれだぜ…とか思ってたけど、こりゃ確かにOBJに例えるわ、と(笑)
怪我からの回復がどれだけ順調なのかが全てですが完全復活出来るならWRはもう磐石ですね。

そしてUDFAのドミニク・エバーレ。

カールソンを見切った訳ではありませんが、
去年のプレー見てるとちと不安。
Kって勝敗に直結するとても大事なポジションですしジャニ公以降全幅の信頼を置けるKが居なかったのも事実。

エバーレ、カレッジの4年間でPATが167/167ですって(笑)
FGも昨年は21/24。
Kはどれだけ飛ばすかではなくどれだけコントロール良いかが大事だと思うんで、彼の加入は我が意を得たり…ってな感じです。
去年もUDFAでインゴールドやAJコールなんて当たりを引いてますし、今年も来たかなこりゃ(笑)
6. Posted by ばすてぃー   2020年06月02日 15:57
ttps://nfljapan.com/headlines/53776

やっぱりレイダースの一巡はこうでなきゃ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
俺のモックドラフト2020スケジュール 2020