カテゴリ:#2/QB Terrelle Pryor

まあ元気でやってくれよ。さらばTerrelle Pryor!!!

sahaっす

新天地はSEAだそうです。
image

今年の7巡とトレードとのこと。

RAIDERSとしてのTPをクローズアップすることは二度と無いと思いますので昨季先発で迎えた開幕から先発降格。今回の放出を決定的にした最終試験までを振り返ります。

Week1@IND【17-21】LOSE
TPが残した記録は3つ。
①.1試合 QBチーム記録のRun112Yds
②.1試合 Run100Yds&Pass200Yds
(リーグ史上7人目のQB)
③.1試合 Run100Yds&Pass200Yds
(敗けた史上3人目のQB)

試合終盤のINTでジエンドとなりましたが、いきなり112Ydsを疾走したTPのプレーを見てと期待に夢が膨らんだ方もいたのではないでしょうか。
*TPスタッツ
Comp19/Att29/Pct65.5/Yds217/Avg7.5/TD1/Int 2/Sck1/QBRate70.6
image

Week2 JAX【19-9】WIN
開幕戦では惜敗するもホーム初戦となったJAX戦では内容より勝つことが重要でした。
TPとDMCが#Oを牽引し#DではCWがMJDをぶっ壊しJAXのラン#Oを封印。シーズン初勝利を挙げました。
*TPスタッツ
Comp15/Att24/Pct62.5/Yds126/Avg5.3/TD 0/Int 0/Sck3/QBRate76.0
image

Week3@DEN【21-37】LOSE
Pマニが前半246Yds 3TDとRAIDERS#Dはお手上げ状態でしたが、TPはポケットの中で良く我慢するようになりパス28回中19回成功の281Yds/TD1回/INTゼロのレーティング112.4と自己ベストの記録を残します。
しかし残り4分。激しいタックルを頭部に受け脳震盪を起こし退場。
Week4 WAS戦でのRG3との対戦は叶いませんでした。
*TPスタッツ
Comp19/Att28/Pct67.9/Yds281/Avg10.0/TD 1/Int 0/Sck3/QBRate112.4

image

Week5 SD戦【27-17】WIN
WAS戦を欠場するもSD戦でTPは復帰。ここの試合は#D陣が奮闘。411Ydsを許しながらも要所でSD#Oの芽を摘み3つのINTを含む5つのターンオーバーやゴール前1Ydsの4thダウンギャンブルを阻止。
TPは初先発した2012シーズン最終戦@SD戦(21-24)のリベンジを果たし2勝目を挙げます。
この試合で記録したレーティング135.7はTPのキャリアハイとなります。
*TPスタッツ
Comp18/Att23/Pct78.3/Yds221/Avg9.6/TD2/ Int0/Sck4/QBRate135.7

image

Week6@KC【7-24】LOSE
開幕5連勝のKCとアローヘッドで激突。
RAIDERS#Dは奮闘するも#Oは故障者続出のラインが崩壊。TPは10サックを喰らいます。
TP自身も開幕@IND戦以降INTはありませんでしたが、この試合では3INTとパサーとしての限界がこれまで以上に取り沙汰されるようになりました。
*TPスタッツ
Comp18/Att34/Pct52.9/Yds216/Avg6.4/TD1 /Int 3/Sck9/QBRate45.7
image
これで2勝4敗と借金が増えてしまったRAIDERSはAFC西地区の最下位。
しかしTPはPLAY OFF進出へ諦めていませんでした。image

KC戦後『CSN Bay Area』に語ったTPのコメントです。
「KC戦の敗因は自分にある。取り戻したい。チーム状態は良くなっていくだろうし、オフェンスのリーダーとして有言実行しチームが一丸となって進む必要がある。現在は黒星先行だが、ここから奮起してPLAY OFF 進出をつかむ。そうしてみせる」
続きを読む
sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

そうか。お前の要求はトレードかカットかぁ… その気持ち分からんでもないが情けないな。

sahaっす

レジーがTPを近いうちトレードかカットするだろうと明言

image

TPは先発機会を求め、最近雇った代理人にRAIDERSからトレードかカットして欲しいと
伝えたらしく、レジーはTPと直に話してないそうです。

そうですか…
まあ本人がそう願うのであれば、そうさせてあげましょう。

人間万事塞翁が馬災い転じて福と成す

どっかに行っても頑張れTP

もう知らん。

image



sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor その5

sahaっす

前回WEEK10@NYG戦の記事に寄せられた皆さんのコメントを読ませてもらうと、皆さま各々のRAIDERS復活への熱い想いが伝わってきます…(ToT)
本当にありがとうございました。

とりわけTPについては様々なご意見があるようですが、こんな記事がありましたので紹介します。
TPの直近4試合《W6@KC戦(L)/W8 PIT戦(W)/W9 PHI戦(L)/W10@NYG戦(L)》 のパサーレイティングは平均42.0 (45.7/25.7/55.7/40.9) だそうで、TDパス1回(KC戦 D・ムーア39Yds)に対しINTは8回。
これは、J・ラッセルの2009シーズン開幕からの4試合《W1 SD(L)/W2@KC(W)/W3 DEN(L)/W4@HOU(L)》のパサーレイティング 平均 41.2 (47.6/46.0/22.6/48.5)TDパス1回、INT4回に匹敵し、TPのINT8回でTDパス1回は史上最大のバスト以下だという内容です。
さらに、TPがモバイル型(※プロデイのタイムは40Yds 4.42)というラッセルとの決定的な違いがあるも、最近は軽いプレッシャーでもポケットから出てしまう傾向があり、カレッジでは通用していたとしても、NFLでは厳しいと限界を示唆しています。

僕としても、皆さんの意見と同じようにTPにはパサーとして成長してもらいたいです。
シーズン通して先発を張るためには、ケガのリスクが低いプレーの習得が当然で、そうならなければフランチャイズQBとはなり得ません。

TPと同じ3年目のC・ニュートン、2年目のRGⅢもそうですが1年目は二人とも自分の能力にまかせてガムシャラにプレーしていたと思います。
しかし先発としての経験を積むにつれデザインされたプレーやデザイン崩れのスクランブル以外で自ら走ることを控えるようになり、ランプレーであればRBを使い、パスならターゲットをとなるレシーバーを探すことに注力し意識が向いています(と思います)。
TPも同じことを意識していますが、現時点では思うように出来ていません。
しかし、TPは実質ルーキーのようなものです。
今季はTPを最後まで使ってみた結果で、来季に向けたチーム作りをTPを軸として進めて行くか否かをフロントが判断しても良いと思っています。
マグロインやT・ウィルソンを試すのが悪いとは思いませんが、その彼らだって成長するには時間がかかります。

僕は、開幕前にTPが先発と決定してから今季は最後までTPで戦って欲しいという想いがあります。
QBというオフェンスの軸が曖昧であれば、軸に合った補強やドラフトで獲得する選手の選定も曖昧になってしまうと思います。
僕も含め皆さんが本当に望んでいるのは、ワイルドカードでやっとこさPLAYOFFに進むRAIDERSではありません。
レギュラーシーズンでは、ブッチギリで地区優勝してリーグ制覇の最有力と言われるようなRAIDERSの復活だと思います。
続きを読む
sahasaha4678コメント(0)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

こんな日に届きました。

sahaっす

確かに注文しましたよ。

image

でも今日
タイミング悪すぎだろw


image

偶然とはいえ…いやみかw
sahasaha4678コメント(0)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor その4

sahaっす

image
image

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
OAKLAND RAIDERSのQB T・プライアーが、今季のPLAY OFF進出へ意欲を見せている。

OAKは現地13日、KCと対戦。
計10サック献上とKC守備陣の激しいプレッシャーを浴びて7対24で完敗した。
プライアーはパス34回中18回成功、216Yds、1TD、ラン6回60Ydsを記録するもチームを勝利へ導けなかった。

 これで2勝4敗と借金が増えてしまったOAKはAFC西地区の最下位。
同地区ライバルには開幕6連勝中のKCとDENの2強がいるが、プライアーはそれでもPLAY OFF進出へ諦めていないようだ。

「チームが一丸となって進む必要がある。現在は黒星先行だが、ここから奮起してPLAY OFF 進出をつかむと『CSN Bay Area』に語ったプライアー。さらに「(WEEK6の)敗因は自分にある。取り戻したい。チーム状態は良くなっていくだろうし、オフェンスのリーダーとして有言実行しなければならない。そうしてみせる」と意気込んでいた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
番記者「PLAY OFFを狙っているってマジすか?」
TP「大マジだよ。文句あんのか?」
番記者「ないですけど、無理なんじゃないかなぁ…なんて。何勝ぐらいでPLAY OFFに行かれる予定なんすか?」
TP「うーん。多分13勝ぐれぇだべ。」
番記者「無理だと思いますが…」
TP「無理?んなわけねえべよ。残り全部勝てば行けんだろうよ。」
番記者「残り全勝でも12勝4敗ですので、13勝は逆立ちしても無理ですw」
TP「………。 知ってるよ12勝だよ。12勝。」
番記者「DENとKCがここまで無敗で6連勝ですが、大丈夫ですか?」
TP「大丈夫だよ。しつけーなぁ。KCなんてどうせ1回コケたら何連敗もするからよ。DENだっておっさんがバテてせいぜい13勝ぐれぇのもんだろーよ。」
番記者「じゃあ、無理じゃないすかw」
TP「……。ワイルドカードっつう便利なもんがあんだろーが。そっちだよ。そっち。」
番記者「あ、そっちなんすね。」
TP「誰が地区優勝するって言ったよ。」
続きを読む
sahasaha4678コメント(4)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

TP 練習復帰

sahaっす

image
練習に復帰したようです。image
WAS戦でRG3との対決を見たいのですが…

sahasaha4678コメント(8)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor その3

sahaっす

DAがWEEK2以降も先発はTPと明言。
開幕@IND戦のインタビューでは、こうコメントしています。
「テレルはプレシーズン中に先発の座を勝ち取った。今日はよくできた部分もあったが、まだこれから成長が必要な部分も多い。だが、今日はボールをダウンフィールドへ進めることができた。これは大事なことだ」
そう。大事なことです。
フリンではこうは行きませんでしたから。

そういえば中継でフリンはLSU(J・ラッセル)→GB(A・ロジャース)→SEA(R・ウィルソン)→OAKと結局全てバックアップと紹介していましたが、そういう星の下に生まれたと諦めてもらうしかないのでしょう。
システムQBなんてそんなもんです。

一方、TPは開幕戦で3つ記録を作りました。
①.1試合 QBチーム記録のRun112Yds
②.1試合 Run100Yds&Pass200Ydsでリーグ史上7人目のQB
③.1試合 Run100Yds&Pass200Ydsで敗けた史上3人目のQB

まあ、3つ目は良い記録とは言えませんが記録は記録ですw

て、レギュラーシーズン残り15試合の先発をTP任せるとして勝敗も去ることながら個人的にM系QBとしての記録も気になってきます。
シーズンを楽しむためにも追って行きたいと思います。それはRunです。

僕的に現在のNFLでM系と思われるQBを昨季のスタッツから挙げてみました。
※スタッツはレギュラーシーズン
※GS=先発

①.R・グリフィンⅢ(WAS) 815Yds/GS15
②.C・ニュートン(CAR) 741Yds/GS16
③.R・ウィルソン(SEA) 489Yds/GS16
④.C・キャパニック(SF) 415Yds/GS7
⑤.M・ヴィック(PHI) 332Yds/GS10

TPはWEEK1で112Yds。昨季51Yds/GS1でしたので既に昨季の数字を上回りました。
なお112YdsはWEEK1でリーグ1位です。
※ちなみに2位はAD(MIN)93Yds

これらライバル5人にTPを含めたRunスタッツを毎週ランキング形式で追って行きたいと思っています。

最終的にTPに達成して欲しいのは2006シーズンにATL時代のヴィックが成し遂げたQBのシーズンRunレコード1,039Ydsを塗り替えることなんですが。

心配なのはケガですが、各チームの#O事情を考えると先発QBのRunに一番頼らざるを得ないのはRAIDERSのような気がします。
image

意外とあっさりクリアするかもです♪
sahasaha4678コメント(3)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor その2

sahaっす
3年目のシーズンを迎えたプライアーに、またもや壁が立ちはだかります。
image

その噂は2月に出ました。
そのとき書いた記事です(抜粋) 。
【まさかのマット・フリン】
2013.02.23

あるサイトによるとC・パーマーは契約見直しに応じない場合、確実にカットされるとのこと。
カット前提で考えた場合、自動的に2013シーズンの先発QBは200% T・プライアーと思いきや、何の障害もなくお山の大将にしてしまうのはそれはそれで問題とのこと。

先発争いさせるに相応しいQBが必要ということで、浮上してきたのがまさかのM・フリン
というか、もーいいでしょ。
先発プライアーで。
___________________
その噂が現実となったのは4/2でした。

SEAとのトレードが成立したフリンの入団会見が開かれました。
(同じ頃パーマーはARI入りの会見)
その時点でのフリンの立ち位置は、プライアーの当て馬的立場だったような気がしますが、GBの人事担当時代からフリンを知ってるマウンテンゴリラGMレジーがどう判断するのかが鍵となるのは間違いなく、アル爺の忘れ形見である3年目プライアーとGMレジーの秘蔵っ子で争うことになりました。image

___________________
の後、争うこともなく先発最有力はフリンと
名言したフロントは、ドラフト4巡でT・ウィルソン(アーカンソー)を指名。
さらにUDFAで4人目のQBとして、K・パドロン(イースタンワシントン)を獲得します。

そのK・パドロンは後にカットされますが、5/16にUDFAでM・マグロイン(ペンシルバニア州立大)を獲得しQB4人体制でのキャンプは続きました。

その間に行われた先発QBに関するファンのアンケート結果は以下となりました。
image
1位 #15 M・フリン(35%)
2位 # 8 T・ウィルソン(34%)
3位 # 6 T・プライアー(25%)
4位 #14 M・マグロイン(5%)

キャンプ序盤、ウィルソンの評価が非常に高かったこともありました。
キャンプ中、プレ戦前まで1stチームでスナップの多くを受けていたのはフリンでした。

その頃、アンチRAIDERSでお馴染みのNFL.com G・ローゼンタール氏はこう評してます。
「M・フリンは、まだ周囲に実力を証明できていない。報道によればキャンプにおけるQB陣の内容はとてもひどいものだったという。フリンはロングパスに不安を抱えているが、それはライバルのT・プライアーやT・ウィルソンも同じ。もし、3人のうち誰かが脱落するならば、プライアーだろう。現状では、フリンを開幕で起用することが一番の安全策とみられる」

プライアーに対する評価はあまり高くは無かったのですが、プライアーは入団以降これ迄の経験からメディアの評価などあまり気にしないようになっていたのでしょう。黙々とトレーニングを積んでいました。
image

___________________
続きを読む
sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

ついにトップを掴んだ若者#2/QB Terrelle Pryor

sahaっす

い起こせば2011年11月1日
RAIDERSの記事として最初に書き込んだのは#2 T・プライアーでした。
下がその記事です。

《#6/QB Terrelle Pryor》

身長/体重/198cm/106Kg
生年月日:1989年06月20日(22)
出身校:オハイオ州立大

オハイオ州立大在学中にNCAA(全米体育協会)の規定違反を犯したとして、今シーズンの開幕5試合出場停止処分を科せられ、今季同大でプレーすることを断念。
8月に行われた補足ドラフトでRAIDERS入団。QBとしての評価は高くなく指名も5巡が妥当と言われていましたが3巡で指名。その後、大学時の処分がNFLでも適用されWEEK6でロスター登録。
背番号については、大学時代につけていた愛着のある#2を本人が希望したものの、RAIDERSとしては2007年全体1位で入団し『史上最大のBUST』の烙印を押され2010年5月に放出したあの野郎と同じでは縁起が悪いということもあり却下。#6で落ち着いたw

将来のフランチャイズQB候補として只今猛勉強中の身。
モバイル型QBとして期待

5b9f7c0b.jpg

それから2年目のシーズンのオフ
悩する若者#6/QB Terrelle Pryor】
《昨季に5試合出場停止のQBプライアー「最だった」と苦悩語る》
2012.05.11by nfl.com
 プライアーは『SI.com』紙の取材に対して「とても厳しい状況だった。処分の期間中はチームとコンタクトすることを禁じられ、給料も出なかった。そしてやっと処分が明けても、シーズン中のコーチたちは次の試合に向けて忙しいから俺は彼らの邪魔にならないようにした。彼らがストレスを感じていることが分かったから、助けを求めるのは簡単ではなかった。理解はしているが、知っているべきである物事を知らずに取り残された状況は苦痛で最悪だった」と語った。
 その葛藤から一時は「本当に試合が好きなのかどうか自問自答した。感情的になっていたんだ。プレイすることなく1シーズンを過ごす中で、これが俺のしたいことなのかどうか考えていた」と告白したプライアーだが
今は前向きに考えている。
 RAIDERSは今オフにD・アレン新HCを迎え、すでにパーマーが先発を務めるとしている。さらに先週にQBマット・レイナートを獲得するなど22歳のプライアーにとっては依然として厳しい状況である。しかしプライアーは今、かつてないほど集中しているとコメント。
「もし1日でも休んだら誰かが俺のチャンスを取ってしまうかもしれない。(大学時代のHCのジム・)トレッセル・コーチは毎日1%でも向上ししろと言っていた。(セインツQB)D・ブリーズも自伝の中で同じことを言っていた」
ファイル0029

____________________
《2年目QBプライアー RAIDERSで先発目指す》
2012.05.20by nfl.com
昨年の補足ドラフトでRAIDERS入りしたQB T・プライアーは、昨季に出場機会なし。
だが今季は控えに甘んじるつもりはないと、先発奪取に意欲を見せている。
プライアーはオハイオ州立大で活躍したが、NCAAの規約違反で5試合の出場停止処分を受け、それがNFL後も適用された。
しかもチームには昨季途中に実績十分のC・パーマーが移籍し、このオフにはM・レイナートも加入した。
 プライアーは「カーソンが先発だろうが、俺だっていつまでも控えでいるつもりはない。『控えQBになりたいんだ』なんて言って座ってることなどできない」とコメント。
「プレーするために練習を積む。その機会がいつ来てもいいようにね」と語った。
85e407a1.jpg

____________________
《QBプライアー、元RAIDERSのQBギャノン氏に指導を依頼》
2012年05月29日 by nfl.com

RAIDERSのQB T・プライアーは、NFLで活躍できるQBになるためオフの間も熱心に練習に励んでいる。

 プライアーは弱点となっているフットワークの改善のため、元RAIDERS QBのR・ギャノン氏と連絡を取り指導の依頼をしたと明かした。「安定性に欠けるフットワークを改善することが第1の目標だ。これが安定すればいいパスを投げられるからね」

オフの間も熱心に練習を行っているプライアーについて、ジョン・デフェリポQBコーチは「プライアーはよい選手になるために真摯な態度を見せている。リーグで優秀な選手になるチャンスを自分自身に与えている。毎日ジムに通い、チーム施設いること、フットボールの話をすること、試合でプレイすること全てに情熱を持っている。日々成長している」と評した。
HC

___________________

ールを脱いだ若者#6/QB Terrelle Pryor】
そして2012年8月25日 DETとのプレ3戦目。
後半出場で2ndチーム相手でしたが、プライアーはパス成功率60% 投げて2TD走って1TD、レーティング143.7と、これ迄で最高のパフォーマンスを見せます。
【Pass】
5投/3回成功(成功率60%)/137Yds獲得/TD2回/INT0回/QBRate143.7
【Run】
5回/90Yds/TD1回
プライアー(DET戦)

プレ戦(主に2ndチーム)での合計スタッツは以下のような結果でした。
【Pass】32投/19回成功(成功率59%)/251Yds獲得/TD2回/INT1回/QBRate92.0
【Run】14回121Yds/平均8.6Yds/TD1回
続きを読む
sahasaha4678コメント(5)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor 

スターターはTP2に決定

sahaっす

レ最終戦のスターターがプライアーに決まったようです。
相手はR・ウィルソン擁するSEA

image

以下一昨日プレ第3戦(CHI)終了後のDAのコメントと試合内容を載せた記事です。

《「この試合でマットのプレーぶりは良くかった。テレルが登場してから、攻撃に勢いがてた。彼はよくプレーしていた。これから映像を見なければならず、今晩決定するわけではない。映像を見て、どのようなプレー展開だったか確認する。だが、今晩テレルが輝きを見せたのは確かだ」

フリンは昨日パス6回中3回成功で19ヤード獲得のみ。インターセプト2回を投げ、無得点のまま第1Q途中でQBプライヤーへ交代した。

プライヤーはCHIの1stチームのディフェンスがまだ出場していた前半残り1分からの攻撃ドライブで3得点。第1Qに49ヤードのFGに失敗したKのS・ジャニコウスキーが名誉挽回をかけ、時間切れと共に58ヤードのロングゴールを決めた。

後半には自身の25ヤードTDラン、30ヤードのFG、新人TE N・カサへのタッチダウンパで20点獲得。ディフェンスのラッシュをかわし、ジャンプしながらWR R・ストリーターへ19ヤードのパスを決めるなど高い運動能力を発揮した。

image

CHIのディフェンスはすでにセカンドチームが登場していたが、パス9回中7回成功で93ヤード獲得したプライヤーの活躍は否定できない。

RAIDERSのプレシーズン最終週の対戦相手はSEA。敵地での試合となる。1stチームのディフェンス相手にプライヤーのプレーぶりを評価するには絶好の機会と見える。

しかし、開幕を2週間後に控えた故障を恐れ、先発QBは全く出場させないチームもある中、プレシーズン最終週まで先発争いを持ち越すのは当然リスクも伴う》
続きを読む
sahasaha4678コメント(2)  
カテゴリ: #2/QB Terrelle Pryor