カテゴリ:RAIDERS FA 2014

FA解禁③進捗状況…あとはフリーマン獲ってからのドラフトでワトキンス指名で完結か。

sahaっす

ここまでのRAIDERSの補強。
お世辞にもうまく行っているとは言えません。
フロアとキャップ…マークとマッケンジー…もう何がしたいのか分かりませんが、これまでだって何がしたいのか分からなかったわけですから、たいして変わりません。

この程度で腹が立っているようならSEAのファンに転向するのをオススメします。
そのほうが今年は楽しめると思います。

ドラフトでバストを引き当て、小飼で使えそうな選手が育てば外に出ていく。
外から補強した選手が活躍して巧くいけばそれで良し。

さて、そんなRAIDERSに新たに加わった選手。これまでディフェンスでは4人です。

【フロント7】
DE ヒューストンがCHIへ。
DT ウォーカーがKCへ。
クラウニーがコンバインで見せつけたポテンシャルにより1巡指名の希望も消滅。
こういった事情を鑑みるとDLとLBを2~3枚補強するのは必然です。

ということでRAIDERSがサインした2~3枚は次のとおりです。

image
NYG⇒OAK
DE 196㌢ 122㌔
2年契約 1,100万ドル(約11億2,000万円)
今月で31歳になるタックは、たび重なる故障でここ数年は低迷。ただし昨季のラスト6試合では9.5サックと復調気配を示しており、完全復活できれば大きな戦力となる。

image
PIT⇒OAK
DEorOLB 188㌢ 120㌔
2年契約 1,200万ドル(約12億2,000万円)
今年29歳。 カレッジではDEだったがサイズ不足を指摘されプロ入り後はOLBに転向したウッドリー。
体調さえ万全で起用法がフィットすれば、まだプロボウル選出も期待できる選手。4-3のRAIDERSが3-4のOLBを本職とするウッドリーに合うかという疑問は残るが、戦力になればお買い得の契約だったと言えそう。

image
HOU⇒OAK
DE 191㌢ 124㌔
2年契約 900万ドル(9億1,200万円)
32歳になった昨季はタックル30回、サック5回、ファンブルフォース1回を記録している。

【セカンダリー】
DBではCB ポーターはWASへ。
代わりに獲得したCBは糞SFからでした。image
SF⇒OAK
CB 178㌢ 88㌔
1年契約 350万ドル(3億5,400万円)
今年29歳のブラウンは49ersから3年総額で1,000万ドル(10億円)以上を提示されていたと見られるがこれを拒否。RAIDERSと単年契約を結び、来年のFAで大型契約を結ぼうとするプランを選択した。

昨日、FSのヤングと2年契約でリサインしています。image
昨季、ローテーション要員として出場し26タックル 2.5サック 1INTを記録。
首のケガの影響等で12試合出場。

オフェンスはここまで1人。
RB ジェニングスはNYGへ。
【オフェンスライン】
OT ヴェルディアはARIへ。
LTの代替えとして契約したSTLのR・サフォードが、ひと悶着あり契約破棄に。
OTとして獲得しているのはA・ハワードのみです。
image
NYJ⇒OAK
OT 201㌢ 151㌔
5年契約 3,000万ドル(約30億1,000万円)
26歳のハワードはここ2年、NYJで全試合に先発出場。特にパスプロテクションで成長を見せており『Around The League』のFAランキングでは81位
続きを読む
sahasaha4678コメント(7)  
カテゴリ: RAIDERS FA 2014 

FA解禁②OT R・サフォード移籍取消。STLと再契約へ(-.-)y-~と思っていたら…

sahaっす

真面目な話、なんなんでしょうか。
以下某サイトより

『RAIDERSと5年総額4,250万ドル、支払い保証2,100万ドルの契約に合意していたOT R・サフォードが、身体検査に不合格となりSTLと再契約することが明らかになった。ESPNがサフォードの代理人の話として伝えている。

代理人によると、RAIDERSはサフォードの肩の状態に強い懸念を抱いているとのこと。
STLは全く問題視していないという。代理人は両チームとは無関係の医師にサフォードのMRI映像を診断してもらったが、異常なしとの結果を得ている。

RAIDERSは自チームから無制限FAとなったLT J・ヴェルディアとは再契約せず、サフォードとの契約を選んだ。

ヴェルディアはFA解禁日にARIと5年総額3,500万ドル、支払い保証1,050万ドルの契約で合意。RAIDERSはその翌日、ヴェルディアの穴埋めとなるべきサフォードとの契約を断念し、左タックル探しは振り出しに戻ることになった。

NFL.comでは、サフォードとの契約中止はM・デービスの決断によるものと伝えている。
たとえ手術を受けることになっても、トレーニングキャンプには間に合うはずだったが、デービス・オーナーはそれを受け付けなかった。
レジー・マッケンジーGMの面目は丸つぶれで、RAIDERSの内部事情が伺える。

右タックル要員には、NYJとの契約が満了したOT A・ハワードと5年総額3,000万ドル、支払い保証1,500万ドルで契約している』

と思っていたら…
続きを読む
sahasaha4678コメント(10)  
カテゴリ: RAIDERS FA 2014 

FA解禁① ヴェルディアはARI ヒューストンはCHI ジェニングスはNYGへ そしてDMCは…

sahaっす

1年400万ドルでリサインしました。
つーことでDMCはキャリア7年目のシーズンもsilver&blackの#20を纏いRAIDERSでプレーします。
image
image

Career Rushing Stats
Year/Rush/Yds/Yds(G)/Avg /Lg/TD/Fum/Lost
【2008】 113 499 38.4 4.4 50 4 3 1
【2009】 104 357 29.8 3.4 28 1 4 3
【2010】 223 1157 89.0 5.2 57 7 3 2
【2011】 113 614 87.7 5.4 70 4 1 1
【2012】 216 707 58.9 3.3 64 2 1 1
【2013】 114 379 37.9 3.3 30 5 1 1
Totals: 883 3713 55.4 4.2 70 23 13 9

無双 LT J・ヴェルディアは予想されていた通りARIでC・パーマーのブラインドサイドを守ることになり、DEのL・ヒューストンはCHIへ。
そしてDMCに代わり昨季活躍したRB R・ジェニングスはNYGへ…
主力3人が初日からRAIDERSを去っていきました。

image
image
ヴェルディアの代わりとしてはなんですがSTLのR・サフォードとサインしています。
Offensive tackle
Personal information
Date of birth: June 6, 1988 (age 25)
Place of birth: Bedford, Ohio
Height: 6 ft 5 in (1.96 m) Weight: 332 lb (151 kg)
Career information
High school: Bedford (OH)
College: Indiana
NFL Draft: 2010 / Round: 2 / Pick: 33
Debuted in 2010 for the St. Louis Rams
Career history
St. Louis Rams (2010–2013)
Oakland Raiders (2014–present)
image

image

キャリア4年で欠場17試合。
昨季は正ポジションであるRT(LTじゃねーし)からRGへ切り替えられているようです…
続きを読む
sahasaha4678コメント(16)  
カテゴリ: RAIDERS FA 2014 

無双 LT J・ヴェルディアとトップクラスのDE L・ヒューストンはタグなしでFA市場へ放出されます。

sahaっす

昨日見たニュースです。
image

契約延長交渉が難航していたヴェルディアに加えヒューストンまでがFA市場に放出されることに。
FA解禁日となる現地11日までに契約がまとまる可能性は低いでしょう。

個人的にヴェルディアの近況からヒューストンをフランチャイズ指定するものと予想していただけに少し驚いています。

ヴェルディアが残留するのがベストですがARIが狙っていると噂されています。
万が一を鑑みて考えるとFA市場に出てくるOTで即戦力となりうる選手はこの4人でしょうか。
Eugene Monroe(ユージーン・モンロー) BAL
Branden Albert(ブランデン・アルバート) KC
Anthony Collins(アンソニー・コリンズ) CIN
Michael Oher(マイケル・オアー) BAL
残留するのがベストですが、E・モンローとB・アルパートについてはMIAとの争奪戦になりそうです。

ヒューストンについても残留してもらうのがベストですが代役として活躍できそうな選手が4人ほどいます。
Michael Johnson(マイケル・ジョンソン) CIN
Michael Bennett(マイケル・べネット) SEA
Arthur Jones(アーサー・ジョーンズ) BAL
Justin Tuck(ジャステン・タック) NYG

さて、先日アップされたnfl.com記事によると
『RAIDERSはFA解禁と同時に積極的に動くとされ、M・デービスが「ここ数年かけて少しずつ形を作ってきた」と話す通り、サラリーキャップ・スペースはリーグ最大の6,600万ドル(約67億1,800万円)

潤沢な資金を確保したオーナーのM デービスは、レジー・マッケンジーGMに「もう言い訳をする余地はない」とプレッシャーを与えている。もう後がないマッケンジーGMは、この資金を用いて攻守の両面で多数のベテラン選手の獲得に乗り出すことは確実だ。ファンは、マッケンジーGMが有効に資金を活用してくれることを祈るのみだ』

そのとーり。
もう 言い訳する余地は無いのです。

またコラムでは
『先月28日、NFLは2014年のサラリーキャップが1億3,300万ドル(約135億円)となったことを正式発表した。2013年は1億2,300万ドル(約125億円)だったため、1,000万ドル/約10億円)増額されたことになる。

年俸を支払うことに頭を悩ますことになるチームもある。CBAにおいて各チームはサラリーキャップの89%を必ず使わなくてはならない、いわゆるサラリーフロアが設定されているためだ。

今回のサラリーキャップ発表は、2014年のサラリーフロアが1億1,800万ドル(約120億円)に引き上げられたということでもある。

この点からデータを見てみると、RAIDERSの総額は現在約5,942万ドル(約61億円)しかない。約5,800万ドル(約59億円)余り足りておらず、チームはかなりの大型契約を連発する必要が生じているのである。
RAIDERS以外にもCLEやJAX、IND、WASが1億ドル(約101億円)に達しておらず、サラリーフロア・クリアに労力を割く必要がありそうだ』
ということです。
続きを読む
sahasaha4678コメント(7)  
カテゴリ: RAIDERS FA 2014 

サスカチェワン・ラフライダースのエースRBとサインしたそうです。

sahaっす

来季の開幕まで残っている可能性は極めて低いと思われますが、このたび今季NFLで言うところのSBにあたるCFLのGrey Cup(グレイカップ)で優勝したSaskatchewan Roughriders(サスカチェワン・ラフライダース)のRB Kory Sheets(コーリー・シーツ)とサインしたそうです。
(ちなみにシーツはGrey Cupで197Yds 2TDを挙げMVPに選出されたそうです)
image

サイズは180㌢93㌔とNFL的には小柄ですが、ラフライダースへ加入した2012年からの2シーズン通算で516回 2,875Yds(平均5.6Yds)TD23回でレシーブも86回 783Yds (平均9.1Yds)TD2回とUCFながら中々の記録を残しています。

これ迄のキャリアは2009年にパデュー大からUDFAでSF入りしPS登録。
その年の終盤MIAでロスターへ昇格し2010シーズン2試合出場で5回 5Yds。
MIAをカットされ、2011年にCARでPS登録。
2012年からラフライダースへ。
ハイライトはこちら
続きを読む
sahasaha4678コメント(4)  
カテゴリ: RAIDERS FA 2014 

M・ヴィックは獲得する価値があるのではないでしょうか。

sahaっす

2014年 RAIDERSの各ポジションニーズは以下のようです。

Returners - Grade C, Moderate Need
Kicker/Punter- Grade C-, Low Need
Safety- Grade C-, Moderate Need
Corners- Grade D+, High Need
Linebackers- Grade C+, Low Need
Defensive Ends- Grade C, Urgent Need
Defensive Tackles- Grade C, High Need
Guard/Center- Grade D+, High Need
Offensive Tackle- Grade B, Low Need
Tight End- Grade C-, Moderate Need
Fullback- Grade A, Low Need
Running Back- Grade C+, High Need
Quarterback- Grade D, Urgent Need
補強最優先ポジションとして挙げられているのはGrade DのCとG、そしてQB。
センターはウィズがいますがバックアップはいません。ガードも現ロスターのM・ブリシール、T・バーグストロム、J・コーネル、L・ニックス。バーグストロムに至っては今季期待されながらも開幕前にIRしてしまいました。
正直万全の状態でバーグストロムが使えるかどうかも良くわかりません。
この辺りを鑑みると今オフ補強が必要なボジションとして優先順位は高いようです。

そしてQB。
マグロインで行くのか、ドラフト1巡で指名するのかFAでフリーマンを獲るのか予想できませんが、1年契約でFAのM・ヴィックを獲る可能性もゼロではありません。
今年34才になるヴィックは年齢的にスピードこそ衰えていますが、それは以前のヴィックと比べた場合です。
実際パスの精度が向上したのはPHIでNFL復帰を果してたからでありベテランQB(マグロインのバックアップ)としてRAIDERSが獲得しても良いのではと個人的に思っています。

2011シーズンの大活躍を境に2012年以降はパッとしませんが、本人も十分まだやれるとコメントしている以上、他のチームでやるのであればRAIDERSで全力でやってキャリアを終えて欲しいです。

今季のスタッツは以下のとおりですが7試合のみ出場でN・フォールズに先発を奪われ不完全燃焼のままシーズンを終えました。
Att Comp Pct Yds AVG Yds/G TD INT Sack QBRate
141 77 54.6 1215 8.6 173.6 5 3 15 86.5

Run Yds AVG Yds/G TD
36 306 8.5 43.7 2

こちらの映像は2011シーズンのものだとは思いますが、スピードが衰えたとしてもRAIDERSでは十分やれそうです。

結局はRAIDERSのヴィックを見たいだけという完全な個人的意見なので賛同を得られるとは思っていませんがw
image
sahasaha4678コメント(10)  
カテゴリ: RAIDERS FA 2014