カテゴリ:RAIDERS 2015

“化ける”可能性があるのは十分知っています。

sahaっす

久々の更新となります。
カリフォルニアのナパで行われるトレーニングキャンプ(ルーキー7/26 ベテラン7/30)まで数日となりました。

さて、RAIDERSファンであれば、既にご覧になられたと思いますが、RAIDERSファンでない方々にも今季のRAIDERSはちょっと違うということを少しでも分かっていただくために、先日nfl japan.comに掲載されたK氏のコラムを紹介させてもらいます。
最近LA移転に関する話題が多いRAIDERSですが、とりあえず先の話は置いといて、今季もOAKLAND RAIDERSを全力応援です。

“ 化ける”可能性を秘めたRAIDERSは復活なるか!? 

『NFLシーズンも、いよいよトレーニングキャンプがスタートする7月に突入した。

 フランチャイズがある都市の地元紙を見ると、どこも、チームの新シーズンにむけての展望や課題が取り上げられ、キャンプに向けての期待が高まっている。

 そんな中、昨年NFLで唯一、ルーキーQBを開幕からスターターに抜擢して戦い、3勝に終わったOAKLAND RAIDERSにもファンの期待は高まっている。

 昨年、AFC西地区は3勝でダントツの最下位に終わったものの、RAIDERSは1TD差以内の試合をほとんど落とす(2勝5敗)など接戦に弱く、今年は、それらの試合を勝利で積み上げて飛躍を期待するファンは多い。

 中心メンバーが育っていることも心強い要素だ。オフェンスでは、昨年、ドラフト2巡指名ルーキーながら開幕スタメンQBの座を勝ち取ったD・カーが頼もしいパフォーマンスを見せた。ルーキーイヤーに全16試合に先発出場を果たし、レーティングは76.6と芳しくない。が、新人でパスを600回近く投じて、パス成功率58.1%、TDパス21本に対してインターセプトは12本に留め、ルーキーQBとしての責任を期待以上に努めた。
image

カーのターゲットとして、今年のドラフト1巡4位で、即戦力WRの呼び声高いA・クーパーを指名。
image

更にフリーエージェント(FA)では、サンフランシスコ・49ersのWR M・クラブツリーを獲得して補強を行っている。また、FAで獲得したRB T・リチャードソンも減量に成功して動きにキレが戻っていると評判になっている。
image

ディフェンスにも、チームの軸となる若手選手が出現している。昨年、リーグのルーキー最優秀ディフェンス賞は投票で3位となって惜しくも逃したが、スポーツ放送局の『ESPN』が選出するDROYに選ばれたLB K・マックにも大きな期待が集まっている。
image

今年もドラフトで2巡指名のDT M・エドワーズJr.を筆頭に合計5人のディフェンス選手を指名しており、昨シーズン、トータル21位だったディフェンスのテコ入れを本格的に行った。
image

RAIDERSは「化ける」のではないかという期待は確かに筋は通っている。これまでと違い、エースQBが定まっている状態でシーズンの準備を行えていることだけでも、近年のRAIDERSには珍しいことである。他の球団と一線を画すことで知られるRAIDERSという球団がドラフト補強を中心とする正攻法でチームの補強を行って、成果を上げている点もファンの今シーズンへの期待につながっている。

そうなれば、今年こそはQB R・ギャノンを擁して2002年シーズンに第37回スーパーボウルに出場して以来、13シーズンぶりの勝ち越しシーズンとプレイオフ出場の夢を見られるのではないかと期待も膨らむ。

2015シーズン開幕まで、あと2か月となったNFL。今年は、近年ドアマットチームになり下がっていたRAIDERSの一味違うシーズンを秘かに期待している。』
image

ということで、もうひとつの期待要素であるデルリオ新体制には触れられてませんが、我々も秘かに感じている13シーズンぶりの勝ち越しシーズンとプレイオフ出場の夢という期待を、改めて言っていただくと、やはりテンションは上がります。
続きを読む
sahasaha4678コメント(4)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

本場RAIDERSファンの今季開幕スタメン予想(ディフェンス編)

sahaっす

前回に続いて今回はディフェンス編

Defense 4-3 Scheme

Defensive End
image
image
RAIDERSで成果をあげた最初のシーズンからのタックは、これまでどうり前年と同じ役割を担うだろう。
2014年のタックは5サックと19QBハリーを記録した。
J・デルリオはエドワーズを2015年から起用させたがっており、恐らくその通りになるだろう。
つい最近もエドワーズは"奴等を挑発してやる"くらいの勢いでプレイすると言っていた。
まさに彼の口からそう言ってくれるのを望んでいた言葉だ。
エドワーズは素晴らしいポテンシャルを持っているが、フィールドでそれを常に発揮させるよう集中する必要がある。
エドワーズのスカウトにあたり問題視されていた点は、幾つかのゲームでOLを簡単に抜けられたのにそうしなかったり、手を抜いてしまうような事が見受けられた事だ。
これまでエドワーズは間違った発言はしていないので、なんとしてもそれをフィールド上で実行してもらいたい。

次に目を放せないのはルーキーのM・ヴァレスだ。image
ヴァレスはドラフト終盤ラウンドでは良い選手だ。
ヴァレスはもう少し身体を大きくすべきだが、スピードとパワーのあるエッジラッシャーだ。
ヴァレスがスナップを為し遂げれば、ファンに彼の名を覚えてもらえるはずだ。
saha: 今年のドラフト6巡ヴァレス。ルーキーキャンプ~OTAでの評価も良く、デルリオとノートンJrはタックの後釜として期待しているようです。このままの調子でいけば開幕ロスター入りは間違いないでしょう。

Defensive Tackle
image
image
新加入のダン・ウィリアムスはディフェンシブラインでWeek1に投入されるだろう。
アリゾナカーディナルズ時代の彼はかなり活躍していた。ウィリアムズはパスゲームも得意だが、ランゲームになると更に力を発揮する。
昨シーズン、ランディフェンスにおいて彼はNFLでベストプレイヤーの一人だ。
もう一人のディフェンシブタックル先発の権利はエリスが手に入れるだろう。エリスは非常に効果的なストッパーである。タックルも効果的だしライン突破もできる。彼以外は考えられない。
saha:昨季の開幕戦はP・シムズ(30才)とA・スミス(34才)のベテランコンビ。
何もなければ、今季はFA新加入のウィリアムズ(28才)と昨年のドラフト4巡-a、Week3から最終戦まで先発を務め上げたエリス(24才)のヤングコンビで確定です。


Sam Linebacker
image
マックは昨シーズン最も有効なパスラッシュを連発するLBだった。
今後10年、このパスラッシュの嵐を見せてくれるはずだ。
2年目シーズンとなるマックには更なる成長が望むことができる。
もっともそれが僅かな成長だとしても、彼がリーグの中でパスラッシャーとして最強のLBのひとりであることは間違いない。
saha: 何も言うことはありません。RAIDERSから久々にオールプロを狙える器のマックには更なる高みを目指していただきましょう。

Mike Linebacker
image
元NOのMLBは今シーズンお気に入りのポジションでプレイするのは明らかだ。
ロフトンは昨シーズンNOで144タックルをかました非常に素晴らしいタックラーだ。
ロフトンのバックアッブは終盤ラウンドのルーキーLB組だから、ロフトンが男を挙げるのは確実だ。
saha: 安定感あり故障なし。FA新加入の鉄人MLBです。

Will Linebacker
image
昨シーズン、S・ムーアはWLBとしてスタートするつもりだったが、その為にはキャンプとプレシーズンをしっかりこなすべきだった。ムーアは走れるディフェンダーだが、パスゲームでは彼の弱味が出てしまう。できればムーアではなく、元SEAのM・スミスに就いてもらいたい。
saha: No!!
昨季のムーアは故障で11試合出場に留まるも90タックル、3サックは立派。ムードメーカーとしても開幕先発を外れるなんてあり得ません。
対してスミスは、14試合出場で38タックル、サックゼロ。
プレイメーカーとして『持ってる』感じはしますが、あくまでもムーアが先発です。


Cornerbacks
image
image
ヘイデン、君がブレークするのをマジで望んでるんだよ!
彼は2013年ドラフト1巡で指名されて以来、輝かしいポテンシャルを見せつけてきたが、怪我をしやすくコンディションにムラが多い。
今年はヘイデンの運命を左右する年になるだろう。
もしまた怪我に泣かされたり見せ場がなかった場合、来シーズンRAIDERSでプレイするのは無理だろう。
キャリーはなかなか興味深い経歴の持ち主だ。オハイオ出身で2014年ドラフト7巡で選択され、昨シーズンは非常に良い実績を残した。
メディアの評価ではキャリーはヘイデンよりかなり勝っている。
キャリーはRAIDERSにとって、真のお宝発掘となるかもしれない。 image
saha:DJ については、み~んなが応援してます。なんせ2013年ドラ1ですから。このまま終わって欲しくない気持ちがあるんでしょう。僕もそうですが。
ルーキーで13試合出場、リターナーとしても活躍したキャリーは掘り出し物でしたが。


Strong Safety
image
元PHIのアレンはWeek1でプレイするだろう。アレンはボール捌きの上手いカバーセイフティだ。
2014年に彼はインターセプトを4度決めた。
バックアッブ候補はJ・ダウリングだが、昨シーズンは13スナップしかしていないから、ここはやはりアレンに任せるのが妥当だろう。
saha: J・ダウリングは一部のファンに人気がありますけど、ギャングですからね…面白くはありますけど…気になる方は Jonathan Dowling で画像検索してもらえば分かりますw

Free Safety
image
38才のウッドソンにとってこれがNFL最後のシーズンになるかもしれない。
38才という年齢はプレイヤーとして史上2番目に高齢となる。
とはいえ、咋シーズンのウッドソンは良いプレイを見せており1,000ものディフェンシブスナップをプレイし、インターセプトは4度決めている。
未来の殿堂入りのバックアッブはルーキーだ。RAIDERSはD・マクドナルドを将来のスターターにするべく、ウッドソンに彼を育て上げてもらう考えなのだろう。
saha: 隊長のためにも今季は有終の美を。それだけです。

以上っす
sahasaha4678コメント(1)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

本場RAIDERSファンの今季開幕スタメン予想(オフェンス編)

sahaっす

今季2015シーズンの開幕戦は現地9/13(日)なので、こちらでは9/14(月)ということになります。
まだまだ先だという感じですが、実は100日を切っています。
今季はコーチ陣も変わり、3年ぶりにホームで開幕戦(Week1)を迎えます。
戦力も昨季より充実し相手もCINと勝てない相手ではありません。

現地の盛り上がりも相当なものになるでしょうが、筋金入りのRAIDERSファンの開幕スタメン予想を見つけましたのでご紹介します。

今回はオフェンス編

image


Offense 2TE Scheme

Quarterback
image
当然だろう。
将来的に見てもフランチャイズQB候補として全試合を戦う権利がある。
2年目は好材料に恵まれ、カーは素晴らしい成長をするはずだ。
カーは真のアスリートであり司令塔だ。
Week1のリーグ注目度No.1QBだ。image
saha: Agree そのとーり。カーの成長なくしてRAIDERSの復活はあり得ません‼

Running Back
image
T・リチャードソンが先発として良い結果を出すとは思えない。
リチャードソンのNFLでのキャリアは年々下降してきているし実際に彼は低迷している状態から今もなかなか抜け出せていない。
L・マレーは昨シーズン数少ないチャンスの中で目の覚めるような素晴らしいポテンシャルを見せつけたし、パスキャチャーとしての仕事も出来る。
image
saha: 190㌢/102㌔というサイズと何気に40Yds 4.38(2013UCFプロデイ当時)で走りきるパワーとスピードも魅力。
2013年ドラフトで6巡-b指名指名時のエントリされキャンプでもポストDMCと評価されていましたが故障でIR入り。実質キャリア1年目となる昨季先発出場は無かったものの初勝利を挙げたWeek12のKC戦で90YdsTDランを含む2TDその勇姿です。で注目を浴びWeek15@KCから先発へ昇格。
ランオフェンス中心のOCマスグレイブのスキームにフィットし爆発となるか。

Wide Receiver
image
image
クーパーは確実だ。既に彼はルーキーキャンプで目立っていたし、RAIDERSのレシーバーとしてはランディ・モス以来の逸材だ。
saha: 昨季名門バマで124キャッチ1,727 16TD
勤勉 努力家 素行良しというひと昔前のRAIDERSのイメージとはかけ離れたバスト臭ゼロの好青年。しかもハタチ。

image
2人目の戦いは必見だろう。
M・クラブツリーとR・ストリーターが来るはずだ。
私はストリーターの大ファンだが、残念ながら2014シーズン終盤を見る限りでは彼のプレイはまだ未完だったと感じている。
クラブツリーは最高のシーズンを経験したことがあり、他にも何度か良いシーズンを経験している。
シーズン当初のクラブツリーは良い結果を出すだろうが、これまでの経験からするとシーズン中に故障する可能性も考えられる。
RAIDERSはバックアッブとしてストリーター、K・トンプキンスと絶対に外せない人材B・バトラーと共に非常に良い人材を獲得した。

saha:腐ってもM・クラブツリー。
クラブツリーとストリーターを併用しても可ですが、トンプキンスよりはA・ホームズだろ。
UDFA入りしたカーのかつての相棒J・ハーパーは53ロスター残れるかPS止まりかそれとも…


Tight End
image
image
M・リヴェラの昨季はわりと良かったといえる。
最終的に57Rec/528Yds/4TDを記録。ただ、3つのファンブルと5つのドロップについては改善していく必要がある。
また、彼はブロッキングも苦手のようだが、彼はオフェンスにおいて効果的な武器だ。

saha:今季もリヴェラのTDセレブレーションが見たい!!
お姉様ナーヤの歓喜する姿も見たいw

C・ウォルフォードはもう1人のTE先発候補で元BUFのTE L・スミスに勝るだろう。
2人とも優秀なTEであることは間違いないが、レシーバーとしてはウォルフォードの方がもっと効果的だ。
実際にスミスは咋季6Rec/47Ydsのみだ。
仮に彼がメンバーに加わるとしたら、可能性としてはブロッカーとしてゴールライン辺りではないだろうか。

saha: HCデルリオ曰く complete package(完璧)だそうです。image
ドラフト前ウォルフォードをTE No.2と評価したNFL ネットワークのM ・メイヨックは『シニアボールウィークでの彼は素晴らしかった。特に1対1のドリルは良かった。彼はその高い運動能力を見せつけたよ。彼の体格、スピード、強さが上手く組合わさりキャッチしてからの走りや動く技術となっている。彼等はウォルフォードをスロットでは外側3番目に出した。彼は内側ラインではなく攻撃地点にいるべきプレイヤーだ。QBにとっても34インチの腕は魅力だ』とのこと。
また、ESPNのM・ケイパーJr.は『C・ウォルフォードは第2ラウンドの選択候補として濃厚だ。TEのNo.1かNo.2になるか今から議論しても良いんじゃないかな。もっともNo.1は固いと言う意見も悪くない』とTEはノーマークだったので何も知りませんでしたが逸材のようです。


Offensive Tackle
image
image
D・ペンは昨季のLTのアンカーだった。
彼はRAIDERSのOLとしてベストだ。

saha: ペンのハイライトと言えば昨季Week14 カリフォルニアダービーBATTLE OF THE BAYで見せたTDキャッチでしょう。image

「子供の頃からRAIDERSのファンだ。ブラックホールに飛び込むことは夢だった」願いがかなった瞬間
今年33才。頑張れペン。


誰がRTでプレイするのかを予想するのは非常に難しい。
NFLコンバイン時、HCのJ ・デルリオは、昨季RGとしてプレイしたO・ハワードをRTに移したいと言っていた。
実際にデルリオは、ハワードが先発に起用されないケースとしてあり得るのは、M・ワトソンがプレ戦で彼を打ち負かした場合だけだと語っている。


Offensive Guard
image
image
G・ジャクソンはルーキーシーズンだった昨年のチームでNo.2のOLだった。
ジャクソンはパスを素晴らしいブロックでガードする。
実際に彼は昨季のOG最優秀ルーキーだった。今季は更に良くなるだろう。
J・デルリオはルーキーOG J・フェリシアーノに期待していると言っていたが、私は彼がWeek1に出場するとは思わない。
K・バーンズはガードで昨季5つ星を獲得した。
彼こそがWeek1に出場するだろう。

saha:バーンズがガードで5つ星???そんな情報知りませんがw

Center
image
元KCのセンターはレイダースのラインを固めるだろう。
ハドソンは昨季1000スナップ以上プレイし、パス&ランのゲームでは効果的なプレイを見せ、昨年のNFLベストのセンターの一人である。D・カーは素晴らしいOLを得ることになる。

saha:実はウィズより全然良かったりします。

Kicker
image
このクレイジーなポーランド野郎 (ポーランドから来た素晴らしい我が友) の他にRAIDERSのFGを蹴る人はいない。
彼はもう15年もここでプレイし続けているのだから。

saha: 超Agree
ネ申11号は永久に不滅です!!
続きを読む
sahasaha4678コメント(2)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

鉄人MLBのC・ロフトンにモンスターと言わしめる♂はやはりアノ♂でした。

sahaっす

今オフFAで新加入したC・ロフトンは昨季ポッカリ空いてしまったMLBでの活躍が期待される8年目のベテランです。image
image
2008年ルーキーイヤーで1試合先発を外れた以外は全111試合先発出場のアイアンマン。
また、昨季も144タックルを挙げ、キャリア7年平均でも126タックルというタックルマシーンなわけですが、そんな百戦錬磨のロフトンをもってしても、やはりアノ♂を間近で見た感想は誰もが思うものと同じでした。

『怪物だよ』ロフトンは強調した。

「彼はまだ若いのに上手さを持っている。驚いたよ。毎日練習に来て、学んだ事をすぐに実践するんだ。確かにルーキーイヤーを良い形で過ごせれば、大抵の人は実戦で学んだ事をある程度は次に活かせるようになる。Mr.ジョー・クールが良い例だよね。でも彼の場合そうでなく、すでに毎日の練習の中でそれを実行してるんだよ。」

ジョー・クールという人物が誰かは分かりませんが、とにかく認めているのでしょう。

どこの誰かのコメントかは忘れましたが、以前こんな風にも言われてました。
image

そうです。カリル・マックです。

マックに関する記事は色々ありますが2年目のマックがどれほどのサックを挙げるのかと予想する記事も見ました。
ルーキーイヤーのスタッツは以下です。
image
一見すると驚くほどの数字ではないものの、マックの凄さが数字で計れないことぐらいはRAIDERSファンなら誰もが知っています。
image
こちらはリーグを代表するパスラッシャーのルーキーイヤーからのサック数の推移ですが、ルーキーイヤーはどの選手も一桁台です。

HCデル・リオは昨季までの3シーズンをDENのDCとして過ごしましたが、マックのポテンシャルをOLB V・ミラーと同じレベルと感じているようです。
ちなみにV・ミラーのルーキーイヤーのサック数は11.5と先程のデータとは異なります。

前エントリのマリオ・エドワーズJr.の使い方も関係して、2年目のマックがどう使われるのか楽しみですが、使い方次第では確実に二桁サックは挙げると思います。

今年はオールプロ級の活躍が期待されるマック。

誰のジャージを買うか迷っている方。
とりあえず#52は購入しても損はなさそうです。image
sahasaha4678コメント(10)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

WR J・ジョーンズ まさかの放出

sahaっす

ドラ1のA・クーパーと元カー相棒J・ハーパーがUDFAで加入した翌日にJ・ジョーンズが放出。
本人にしてみれば、まさに青天の霹靂。

image

『新しい時代を作るのは老人ではない!!』ということなんでしょうか…
J・ジョーンズ。31才。 お疲れさまでした。
そして、ありがとうJJ
GO!! RAIDERS!!
sahasaha4678コメント(8)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

今季開幕戦は3年ぶりのホームです。

sahaっす

本日レギュラーシーズンのスケジュールが発表され、今季開幕はホームでCINと対戦することになりました。

image

ホームで開幕戦を迎えるのは3年ぶりです。

思い起こせば2012シーズンの開幕戦はMNFのSD戦。
この年のRAIDERSはアル爺を失い、新生RAIDERSとしてGMにドラフトゴリラ、HCには当時リーグ最年少となる39歳のDAを据えるなどで注目されていました。
2010シーズン、2011シーズンと2年連続8勝8敗ということもあり戦力的にもバランスはそこそこ取れていました。
結果この試合は2QにLSのコンドーさんが負傷し、まさかの途中退場…orz
予想もしていなかったLSの負傷でスナップもままならず…ほぼ自滅した格好で敗戦しMNF視聴者に嘲笑されることになったわけです…
2013シーズンの開幕戦は@IND。
糞フリンとの先発QB争いに勝ち、その座を掴んだTP2(現KC)が走りに走りまくって接戦となるもラストチャンスにINTを喰らって惜敗。
昨季2014シーズンの開幕戦は@NYJ。
これまた先発濃厚と言われていたショーブとの先発QB争いに勝ち、その座を掴んだドラ2のカーが開幕戦を投げることになりましたが惜敗…ということで、RAIDERSは開幕戦3連敗中となります。

開幕戦での勝利は2011シーズンの@DEN。
ネ申ジャニ公が当時NFLタイとなる63YdsのFGを決め、DMCが150Yds走り、レクラーが77Ydsのパントを蹴ったあの試合です。
今では遠い昔のように感じますが、良い思い出です♪
あの頃は……とファンがセンチになっているようではダメですねw
ということで今季は4年ぶりの開幕戦勝利を3年ぶりのホームで願わずにはいられません。
『勝ったらいいな』ではなく勝たなきゃダメなんです。
『絶対に勝つ』という強い意思。
そういう気概を選手全員に持たせるチーム作りをデルリオさんお願いします。本当に。
Just win babyです。

image

Week6(10月中旬)がバイウィーク。
DEN戦終わりで調整し、明けに@SDというのはちょうどいい頃だと思います。

スケジュール難易度は全体.545/ホーム.574/ロード.516。

全体.545はリーグ8位。
ホーム.574はリーグ2位の難易度ですが、ロード.516はリーグ16位と比較的低いのは助かります。
続きを読む
sahasaha4678コメント(9)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

新DCはケン ノートン ジュニア

sahaっす

っと決まりました。
てっきりマイク スミス(前ATL HC)が就任するとばっか思ってましたが、時間がかかったのはこういうことだったんですね。デルリオなかなかやりおります。
彼のキャリアを見ると意外と面白い選択かもしれません。
つーことで、新しいDCはSEAのLBコーチだったケンノートン ジュニア(Ken Norton Jr.)です。image
なんでも父親はその昔、有名なプロボクサーだったらしくWiki曰く、あのモハメドアリに判定勝ちしたりしてます。

息子ジュニアのコーチとしてのキャリアは以下です。 YearsCollege/Pro TeamPosition Coached
2004USC Defensive Assistant/Linebackers
2005-08USC Linebackers
2009USC Assistant Head Coach/Defense/Linebackers
2010-14 Seattle SeahawksLinebackers
本人はLB出身。
現役引退後、今や名将と言えるまでになったSEAのHC ピート キャロルの下、USCで6シーズン主にLBコーチを務め、ピート キャロルがSEAのHCとなった2010年からは、5シーズンSEAでLBコーチを務めています。

NFL選手としてキャリアはWikiより、まんま抜粋w
DAL(1988年-1993年)
SF(1994年-2000年)
1988年のNFLドラフト2巡目でDALに指名されて入団。この年彼は親指を骨折しシーズンの大半をIRで過ごす。
1989年にはジェシー・ソロモンとWLBのポジションで併用される。
1990年ソロモンがホールドアウトした末にTBに放出されたためスターターとなった。ひざの負傷で最後の2試合を欠場。
1991年ひざの手術をした彼はSLB/MLBとして起用された。
image

1992年守備の中心となった彼はチームトップの120タックルをあげて1990年代になってから初めてとなるチームのスーパーボウル制覇に貢献した。SFとのNFCチャンピオンシップゲームではスティーブ・ヤングのパスをインターセプトした。第27回SBでは第2QにBUFのQBジム・ケリーを退場に追い込んだ。またBUFの第3ダウンゴール(DAL1ヤード地点からのプレー)でのケネス・デービスのランを止めた。BUFは第4ダウンギャンブルを行いトーマス・エベレットがインターセプトをあげた。また第4Qにタッチダウンをあげている。この年チームは守備でNFL1位の成績を残したがプロボウルには誰一人選ばれなかった。

1993年には二頭筋が断裂したままプレーを続けチームトップの159タックルをあげてスーパーボウル連覇に貢献した。この年初めてプロボウルにも選ばれている。

NFLのFA、サラリーキャップが導入された元年となった1994年DALはドラフトで選手を獲得する方針を採り、彼やダレン・スミス、ディクソン・エドワーズ、ロバート・ジョーンズ、ランドール・ゴドフリーらと高額契約を結ばずノートンは5年間800万ドルでサンフランシスコ・フォーティナイナーズと契約した。この年の9月5日、開幕週のOAK戦で彼とブライアント・ヤングのタックルを受けた相手RBのナポレオン・マッカラムはひざが不自然な形に折れ曲がる大怪我を負い選手生命を失った。この年SFでもSB優勝を味わった彼はSBで3年連続優勝メンバーとなった最初の選手になった。image

1995年のSTL戦でNFLのLBとして初めて2インターセプトリターンタッチダウンをあげた。
この年自身2度目のプロボウル及びオールプロに選ばれている。2001年、サラリーキャップに悩むSFから解雇された。

2000年までの13シーズンで通算12サック、5インターセプト、13ファンブルリカバーなどの成績を残して現役引退。
ということで、選手として3回コーチとして2回計5回もSB経験してるわけです。凄ぇ~
続きを読む
sahasaha4678コメント(12)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

新OCはビル マスグレイブ

sahaっす

この人誰?って感じでしたが、なんでデルリオが
この人を選んだのかが解けましたwimage

ということでOCが決まりました。
ビル マスグレイブ。
Wikiによると1991年のドラフト4巡指命でDAL入りしたQBだったようですが、DAL(PS)⇒SF⇒DEN⇒IND(PS)とロスター登録されたのはSFとDENの2チームのみで1TD/2INT/402Yds/QBR71.0と大した成績は残せずキャリアを終えているようです。
その後、1997年から指導者としてのキャリアをRAIDERSでスタートしたようです。image

OCとしてはCAR/JAX/MINの3チームで経験があり、JAX時代にデルリオと仕事をしています。
続きを読む
sahasaha4678コメント(22)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

新HCはジャック デル リオ

sahaっす

決まりました。image

現地16日会見が行われました。image
image
image
素晴らしいコメントです。
2015シーズンは期待できそうです!!

GO RAIDERS!!
sahasaha4678コメント(27)  
カテゴリ: RAIDERS 2015 

RAIDERS 2014 BEST GAME TOP3とWORST GAME TOP5

sahaっす

BEST GAME TOP3と言っても3勝しかしていないので、勝った試合全てがBEST GAMEということになりますが、それでも順位は当然あるわけです。

BEST GAME No.1
image
WEEK14 SF
そんときのエントリ
第1位はやっぱりカリフォルニアダービーBATTLE OF THE BAYでの勝利。

BEST GAME No.2
image
WEEK12 KC
そんときのエントリ
第2位は開幕10連敗後、11戦目にしてついに初勝利を挙げた同地区KC戦。

BEST GAME No.3
image
WEEK16 BUF
そんときのエントリ
第3位 この勝利で10何年ぶりにプレイオフ出場のチャンスがあったBUFの夢を打ち砕き且つホーム3連勝を挙げました。

続きましてWORST GAME TOP5
こちらは13敗の中から、個人的にガッガリ度の高かった順に5試合をチョイスしました。

WORST GAME No.1
image
WEEK13@STL
そんときのエントリ
第1位 今季初勝利の翌週。ノリ的には完全に連勝ムード。意気揚々と乗り込んだエドワード・ジョーンズ・ドーム。ぐうの音も出ませんでした。エントリするのがとてもキツかった記憶があり。これが精一杯。

WORST GAME No.2image
WEEK7 ARI
そんときのエントリ
第2位 RAIDERS新旧QB対決。カーvsパーマー。個人的にはかなり注目していたカードでしたが結果は不名誉な記録と並んだりのダブルパンチ。

WORST GAME No.3image
WEEK17@DEN
そんときのエントリ(プレビュー)
前週でBUFから勝利を挙げてホーム3連勝。
勢いままに『終わりよければすべてよし』なんて、最終戦となるマイルハイでの戦いを前に前に都合の良いスローガンを掲げたわりに全く歯が立ちませんでした。
ちにみにホーム(WEEK10)でも思いっきりやられてます。

WORST GAME No.4
image
WEEK11@SD
そんときのエントリ
前回ホームではスパラノ初采配で28-31と惜敗。アウェイでの勝利を期待するも、なんともしょっぱい内容で開幕10連敗。

WORST GAME No.5image
WEEK2 HOU
そんときのエントリ
RAIDERSキラーの天敵ジャーニーマンR・フィッツパトリックにBUF時代/TEN時代とやらられていましたが、ここでもリベンジを果たすことが出来ず…。
続きを読む
sahasaha4678コメント(5)  
カテゴリ: RAIDERS 2015