カテゴリ:RAIDERS DRAFT 2015

マリオ・エドワーズJr.指名に対する疑問。なんとなーく解決しました。

sahaっす

今年のドラフト。
RAIDERSがDLのL・ウィリアムスをスルーしてWRのA・クーパーを1巡(全体4位)で指名したことにより、2巡はきっとDLを指名するだろうと予想してはいました。

そして、予想通り2巡(全体35位)で指名したのはDL。
しかし、有力候補と言われるDLの選手が何人か残っている状況で、RAIDERSが指名したのはマリオ・エドワーズJr.でした。
image

2014年のAll-ACC First-teamには選出されていますが、昨年の数字はパッとせず、FSUでの3年を通してみても特別な数字は残していません。image

指名後、彼に関する情報を勝手な想像で膨らませた個人的な見解は、ハイスクール時代は超高校級と評価されFSUに鳴り物入り。
それ故、カレッジで天狗になり、ろくに練習もせずに身体能力だけで適当にやっていた。
315ポンド(142㌔)まで体重が増えた時期もあったりで自己管理も出来ない…

その後、ドラフト時に6フィート3インチ(191㌢) 279ポンド(127㌔)と理想に近いサイズに戻ったものの正直「コイツだいじょーぶなのか?」というのが僕の第一印象でした。

何故にRAIDERSが彼を指名したのか。
そんなことを考えながら手掛かりを探していると、その疑問が解消出来そうな記事を見つけましたのでご紹介します。
_____________________________________________

マリオ・エドワーズ・Jr.(以下エドワーズ)のドラフトは良い意味で想定外だった。

強靭で体躯の良いDLのエドワーズは、ハイスクール上がりの新人ではNo.1だった。
殆どのハイスクールからのトップクラスの新人達は大学フットボールで優秀な実績を積んで第一ラウンドの選択候補生になる。
同じように強靭な体格でディフェンシブエンドのJ・クラウニーも昨一年を通してNo1ドラフト候補生となっている。

だが、エドワーズは殆どの人々がBust in collegeと称し高評価は得られていなかった。Bust in collegeには力強い意味があるとはいえ、3年間で8サックは大学での実績として決して成功したとは言い難い。
しかし、2015NFLスカウティングで彼は強靭な身体能力を発揮して周囲を唸らせた。
image

彼の才能は否定できない。
しかし、体重とレベル未達の戦績が足枷となって1巡でスルーされる可能性もある。
そこでRAIDERSは彼を2巡(全体35位)で指名する。

そうする事でエドワーズと共に彼等は何が出きるかプラン構成ができていた。
この見解に間違いがなければ、そのプランは直ぐに効果を見せてエドワーズは素晴らしいキャリアを築くだろう。

ではFSUで何があったのか?

HCのJ・デルリオは、エドワーズの実績について、昨年は彼の引退シーズン/最終学年シーズン/であったとしたうえで言及した。
とは言うものの、仮にも新人No.1でありながら3年間で残したサックの実績は僅か8回。
スカウティングはエドワーズが315ポンド(142㌔)にもなっているのを知っており、(デルリオの言及は)単なる弁明になってしまったようだ。
※DLの平均サイズは192㌢/127㌔

そして、エドワーズはRaiders.comで敢えて強調した。image

『本当の事を言ってやるよ。No.1になるとまわりの奴等は、"君はこうなるんだ、そのためにああしろこうしろ。たまにはペースを落としてひと休みしろ"とか色々言ってくる。でもそれは違うよ。親父も言ってたけど、一度楽をすると悪くなるか善くなるかのどちらかだ(この場合、ほぼ"悪くなる"と言いたいのだと思います)』

確かにそういうケースもあるが、3年間を通してということではないし、何より彼は全くの新人としてキャリアをスタートした人間だ。
彼のサックが多くないのは、(3-4エンドの)2ギャッププレイヤーとしてプレイしたことで彼のベストプレイができなかったからだ。
彼は1度、エッジに飛び込んだ事があったが、315ポンドまで大きくなって3-4エンドでプレイする彼がすべきではない。
つまり、本当の理由は彼は体重が重ぎたのだ。

エドワーズはRaiders.comで言った。
『もし彼等がその事を理解していたら、FSUは僕の体重ではプレイするポジションがなかったということになる。君がこれからすべき事は、走れるだけ走ってプレイすることだ、君の体重が何ポンドだろうと我々は気にしないと。僕はヘッドコーチのジンボ(フィッシャー)に聞いたんだ、"僕は背が高いし体重も重すぎではないですか?"と、そしたら彼は"もし君の体重が310や312ポンドならそれに相応しいポジションを与えるよ。心配するな、君は体重の事は気にせず、プレイに専念することだけ考えればいい。"
だから僕はウエイト管理なんて必要なかったんだ。』
続きを読む
sahasaha4678コメント(4)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2015 

RAIDERS 2巡・3巡指名終了もGMにヒトコト。

sahaっす

ドラフト2日目は2巡・3巡デー

2巡3位(35位)で指名したのはDE マリオ・エドワーズ Jr.(FSU)でした(°▽°) image
少し軽めですが4-3のDEも出来るようです。
ハイライトはこちらから

3巡4位(68位)で指名したのはTE クリーブ・ウォルフォード(マイアミ[FL])でした(°▽°)image
レシービングTEなので2TEでも活躍してくれそうです。
ハイライトはこちらから。

選手詳細・感想などは明日の4巡~7巡の指名終了後、改めてお伝えしたいと思います。


さて…昨日のクーパー1巡指名から一夜明けましたが、指名後の色々な記事を読んでいくうちに、改めてウィリアムスをスルーしてクーパーを指名したことは正解だったと気付かされました。

ウィリアムスがRAIDERSでやりたいと言ってくれていたにも関わらず指名することが出来なかったのは残念です。

ですが、ウィリアムスがそう発言したこと(してくれたこと)によって、よく考えもせず、悪戯に1巡は何がなんでもウィリアムスと決めつけていたんだと思います。
image

ものごと何でもそうですが、その時のタイミングというのは大事で今年のドラフトでRAIDERSが指名すべきホントに必要な選手はウィリアムスでも、ホワイトでもなくクーパーだったんだなぁと思います。

NFLメディアの某コラムニストはこう評してます。
image

そのとおり。
image
ドラフトゴリラよ アリガトウ。
sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2015 

RAIDERS 1巡指名はWR Amari Cooper!!!!!!!!!!!

sahaっす

ドラフトゴリラは今年もガチでした。
image

L・ウィリアムスがスリップしてきたにも関わらずRAIDERSが指名したのはドラフトのグルことM・メイヨックのモックどおりアラバマのA・クーパーでした!!(°▽°)
image
image

(その後、ウィリアムスは6位でNYJ、ホワイトは7位でCHIが指名)

リーグ最下位のオフェンス強化とカーの相棒確保ということで、ニーズとしてWRの指名がほぼ確実視しされていたRAIDERS1巡指名。

僕的にはWR指名なら伸び代重視でホワイトを推していたのですが、結果指名したのは今年のドラフトではNFLで1番活躍出来るオフェンス選手、バランスは最高と太鼓判を押されるA・クーパー。
冷静に考えると当然の指名だったかもしれません。

勉強熱心で素行問題なし。
RAIDERSのWR1巡指名は2009年以来7年ぶりですが、今回はDHBのような逆サプライズではありませんw
ドラフトにおけるアル爺イズムは完全に消滅。
ですが、これもRAIDERS復活のため。
良しとしましょう。

ハイライトはこちらimage

『クーパーはホワイトよりRAIDERSにフィットしている。RAIDERSにはアウトサイドのレシーバーが揃っているが、クーパーはアウト、インサイドどちらでもプレイできる。カーはクーパーを気に入るよ』メイヨック談

『彼は大きな武器になる』グレッグパパ談

クラブツリーに加えてクーパーというターゲットが増えてカーのテンションも上がっていることでしょう!!

明日は2巡・3巡の指名です。
sahasaha4678コメント(5)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2015 

僕的ドラフト2015

sahaっす

L・ウィリアムス(USC)は、2月に開催されたコンバインのメディアセッションで堂々とRAIDER NATIONであることを公言しました。
image

コチラとしても、ぜひともプレイしてもらいたい。
10年にひとりの逸材がウチでやりたいと言ってくれているわけです。#94も空けました。
他のチームになんざ絶対に渡したくありません。
これまではTENやJAXがウィリアムス指名、もしくはTENやJAXとの交渉でトレードアップした他チームによるウィリアムス指名との雑音もありましたが直近ではウィリアムスは4位までスリップなんて記事もチラホラ見ます。
R・グッデルが
Oakland Raiders Select Leonard Williams!!
と読み上げることを信じましょう。
ウィリアムスがRAIDERSのキャップを被り、渡されたSILVER&BLACKのジャージと共にR・グッデルとツーショットでフラッシュを浴びている姿を想像しましょう。

昨年のK・マック↓
image

ということで1巡4位はL・ウィリアムスで決まりです。ハイライトはこちらから。
image

こうなれば今年のドラフトは万々歳。
2巡35位については、カーの相棒候補を指名という流れになります。
今年のWR陣は豊作なようで色々と候補者がいますが僕のイチオシはD・スミス(オハイオ州立)です。
183㌢96㌔ 40Yds 4.42とサイズとスピードはA・クーパーと似ていますが、ディーブスレッドタイプなのでクーパーとは違うタイプです。
現時点で考えうるRAIDERSのスターター候補はJ・ジョーンズとR・ストリーターで、M・クラブツリーが割り込むかどうかという感じだと思いますが、スミスはCINへ移籍したD・ムーアに似たタイプと言えます。
ハイライトはこちらから。image

image

さて、1巡ウィリアムス指名が前提になるので、こんな書き込みはいらないのですが少し。
もしもウィリアムスがスリップしてこなかった場合の話です。
こうなると、ニーズは確実にカーの相棒として2強WR A・クーパー(アラバマ)かK・ホワイト(ウェストヴァージニア) のどちらかを選択することになります。

好みの違いだと思います。
甲乙つけがたい両選手ですが僕はホワイトを推します。
image

クーパーはルートランナーとして、ほぼ完成型と言っていいでしょう。
さらに勉強熱心ということで1年目からそこそこ期待に応えてくれそうな気はしますが、僕的にはクーパーのそれよりもホワイトのスピードとサイズに魅力を感じていて、まだまだ伸び代があるというところに惹かれていますし、クラッチ的要素はホワイトのほうが持ってると思ってます。
※クーパー 185㌢96㌔ 40Yds 4.42
※ホワイト 191㌢98㌔ 40Yds 4.35
ホワイトがカーと息が合うようになるには多少時間がかかるとは思いますが、シーズン後半にはカーがホワイトを巧く使いこなせるようになると踏んでいます。
また、カーの強肩を活かすには持ってこいのタイプだと思います。
ということ で第2プランの1巡4位指名はK・ホワイトです。ハイライトはこちらから。
image

ドラフトは明後日です。
sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2015 

1巡指名が誰かというのは未確定ですがクラブツリーは確定した模様です。

sahaっす

DT L・ウィリアムズ(USC)かWR A・クーパー(アラバマ)かWR K・ホワイト(ウェストヴァージニア)のうち誰かを指名するというところまでは確定しているようですが…

image

現状では、ウィリアムズがスリップすればウィリアムズ指名でほぼ確定。
スリップしなければ、カーの相棒有力候補としてクーパーかホワイト。

つい先月まではウィリアムズを指名出来る可能性は極めて低いと予想されていましたが、SB★NATIONのモックでは今のところウィリアムズ指名と予想。

image

これまでは、2位TENと3位JAXのどちらかがウィリアムズ指名と予想されていましたが、QB J・ロッカー(2011年ドラフト全体8位)が「情熱を失った」との理由で26才の若さで引退したことによりTENの指名に変化あり。昨年のドラフトの6巡 Z・メッテンバーガー(LSU)では心許ないしC・ホワイトハーストもスターターレベルとは言えず、必要に迫られてM・マリオタ(オレゴン)指名へと予想も変わってきましたが、マリオタの指名を巡りCLEとPHIがトレードアップを画策しているなんて噂もあります。

3位JAXはエッジラッシャーを欲しているのかDE/OLBのD・ファウラー指名と予想されていますが果たして…

一方、RAIDERSファンのあいだで賛10%否90%ぐらいと思われるであろうM・クラブツリーとのsignは確定したらしいです。

これまでのことは忘れてポテンシャルだけで見るとスターターは当然の二人ですから、なんだかんだ言って結局この二人がスターターになってしまうんでしょうね。

image

クラブツリーについては、カーがどういうコメントをするのか楽しみですが。

デルリオの考えも…(ry
sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2015 

多分今年のドラフトも成功するんでしょうが。

sahaっす

DTレオナード・ウィリアムス(USC)がRAIDERSファンで、RAIDERS入りを望んでいるという話は、既に知っていましたが、スカウティングコンバインのメディアセッションでもRAIDERSに対する想いを公言しました。

image
ラブコールです。
ここまでRAIDERSを愛しているなら、必ずやってくれるでしょう。
しかし、残念ながら彼は恐らくRAIDERSが保有する1巡4位迄は残っていないという見方が多いようで彼を指命するのは難しいとされています。
モックの大半はアラバマのWRアマリ・クーパー(アラバマ)の1巡指命を予想する声が多いようです。

2年目を迎えるRAIDERS希望の星#4 QB デリック・カーには相棒となるレシーバーが必要だと。
そんなことは百も承知で、カーのホットターゲットは喉から手が出るほど欲しいのですが、4位で現時点WR評価トップのアマリ・クーパーを指命し結果ハズレで、ケビン・ホワイト(ウェストバージニア)やデバンテ・パーカー(ルイビル)がアタリだったりしたら目も当てられません。

オフェンス面で考えると、活躍できるWRと活躍できるRBが必要です。
それでいて、OLがそこそこなら来季のRAIDERS#Oは激変するでしょうが、ドラフト職人と言われるGMレジー率いるフロント陣が4位でクーパーを安易に指命するかと言えばそうは考えていないと勝手に思いこんでます。
ドラフトでのチーム作りを明言しているレジーは今年のドラフトでトレードダウンすると踏んでいます。
なぜなら、こんな噂話もあるようで。

image

RAIDERSの2015年1巡4位指命権をPHIの《RBルショーン・マッコイ+2015年の1巡20位+来年2016年1巡指命権のトレード》という噂話。
NFL.comのPHIオフシーズンの展望という記事では『 モバイルQBを中心としてオフェンスを展開したいケリーHCにとって、QBフォールズがベストな選択なのかは最大の問題だろう。オレゴン大HC時代にリクルートしたマーカス・マリオタがドラフトにいる今、イーグルスがマリオタを指名するのではないかという話題が今後は盛んになるだろう。しかし、マリオタが全体20位まで残っているかは疑問であり、もし指名を考えているのであればイーグルスはかなり大胆な行動をしなければいけない。』との事で 現実味の無い話でもないわけです。
RAIDERSには来季ブレイク必至の#28 RB ラタビアス・マレーが居ますが、マレーひとりに持たせっぱなしでは負担が掛かりすぎるわけで、もうひとり頼りになるRBが必要です。DMCとMJDが共に放出orカットされた暁には、より一層現実味を帯びてくる話です。
ルショーン・マッコイの才能と実績は云わずもがな。
現代版バリー・サンダースと言われる超一流のRBです。
新OCビル・マスグレイブが昨季PHIのQBコーチであったパイプもありますが、なにより彼が隠れRAIDERSファンとは有名な話です。
何年前か忘れましたが移動車から降りてきた彼がRAIDERSのブルゾンを着用していたってネタがありました。 image
⬆コレ
仮にこうなったとしたら1巡20位で誰を指命するかというと…それはILBのエリック・ケンドリックス(UCLA)で決まりです。
RAIDERSのMLBを是非彼に任せてみたいもんです。image

じゃあWRはどうするのか。
そんなことは僕の頭では考えられませんが、FAで獲れるもんなら、GBのランドール・コブやSFのマイケル・クラブツリーあたりが欲しいところです。

まあ、あれこれ書きましたけどDALのデマルコ・マレーをFAで獲れた場合は、全てなかった話になるんですがねw
sahasaha4678コメント(11)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2015