カテゴリ:RAIDERS DRAFT 2016

RAIDERS 2016ドラフト完結編

sahaっす

今年のドラフトを一言で表すとなんぎやなぁって思うことが多かった気がしますが、そんなこんなで取りあえずRAIDERSの全指名が無事終わりましたのでおさらいです。

1巡14位 SS Karl Joseph
カール・ジョセフ(ウェストヴァージニア)
Height:5 ft 10 in (178㌢) Weight:205 lb (93㌔)
image

2015 Stats: (4 games): 20 tackles, 2.0 TFL, 1.0 sacks, 5 INTs (7 yards), 1 FR
2014 Stats: (12 games): 82 tackles, 4.0 TFL, 1 INT, 3 PDs, 2 FF
2013 Stats: (12 games): 68 tackles, 3.0 TFL, 1 INT (11 yards), 4 PDs, 4 FRs, 1 FF
2012 Stats: (13 games): 104 tackles, 7.0 TFL, 1.0 sacks, 2 INTs (22 yards), 8 PDs, 3 FFs


隊長のNo.24を受け継ぐに相応しい逸材だと思います。
1巡14位でのピックは早々との見方もあったようですが雰囲気的に2巡44位では無理だったと思います。
レジーの決断は間違っていません。
ボク的にはジョセフが獲れたことに大きな意味があります。
『ビデオを見るだけでも彼の熱意が伝わってくるよ。ジョセフのプレイは激しいくらいに強くタフで、メンタル面にも凄いアグレッシブさを感じるよ』レジー談

『ジョセフは万能だよ。どんなレベルのディフェンスでもプレイできる。ブリッツでもボックスでプレイすることも、フィールド中央でプレイすることもできる。良いアングルで素晴らしいプレイをするし、ヒッターとしてもタックラーとしても非常に効果的で結果を出すプレイヤーだ。もの凄く強気なで気性が激しいところもあるが、そうした一面や人間性がジョセフにとっては良い結果を生んでいる。」デルリオ談

去年10月のACL断裂もなんのその。
鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス。
今季開幕に間に合うかどうか分かりませんが、
初出場した試合から印象的なプレイを魅せてくれることでしょう。
今季シーズン終了後、各メディアにこのピックは大成功だったと評価されているのが目に浮かびます。
CBS.comグレード:B+
セイフティとして喉から手が出るほど欲しいプレイヤー。指名は必然。

ボク的グレード:A

2巡44位 DE Jihad Ward
ジハド・ウォード(イリノイ)
Height:6 ft 5 in (196㌢)Weight:297 lb (135 ㌔)
image

2015 Stats: 53 tackles, 3.5 TFL, 1.5 sacks, 1 forced fumble (12 games)
2014 Stats: 51 tackles, 8.5 TFL, 3 sacks, 2 forced fumbles (13 games)
2013 Stats: JUCO
2012 Stats: JUCO

今年も2巡は伸びしろ期待のポテンシャル型をピックしたレジー
DEとDTで使うようです。
直近3年(2013ワトソン/2014カー/2015マリオ)のメンツを見るとカーはさておきワトソン&マリオは指名当時クエスチョンでしたが、ウォードも負けず劣らず。
化ける可能性に賭けるしかありません。
つまりはギャンブルです。
WR・DB等他のポジションも経験しているようですが器用貧乏に終わるとかは勘弁してほしいです。
だって2巡だもん。
来年はギャンブルするなら下位にして。
CBS.comグレード:B
パスラッシュが得意なJUCOから移籍した新人。スカウト達が注目していた人材。

ボク的グレード:C-

3巡75位 DE Shilique Calhoun
シリク・カルホーン(ミシガン州立)
Height:6 ft 4 in (193㌢)Weight:251 lb (114 ㌔)
image

2015 Stats: 45 tackles, 14.5 TFL, 10.5 sacks, 1 forced fumble
2014 Stats: 39 tackles, 12.5 TFL, 8 sacks, 1 forced fumble, 1 fumble recovery, 1 blocked kick
2013 Stats: 37 tackles, 14 TFL, 7.5 sacks, 2 forced fumbles, 2 fumble recoveries returned for TDs, 1 INT for TD
2012 Stats: 6 tackles, 2.5 TFL, 1 sack, 2 PD

Big Ten Champion (2013)
First Team All-Big Ten (2013, 2014, 2015)

OLBとかLEOとして使われるようです。
キャリアから見るにウォードよりはやりそうです。評判も悪くないようですし、もしかしたら凄いヤツかもしれません。
怪物マックのバックアップとして期待。
CBS.comグレード:B+
カルホーンは弱腰なところがあると叩いたスカウトもいるが、悪くない人選だと思う。良いプレイヤーだ。

ボク的グレード:B

4巡100位 QB Connor Cook
コナー・クック(ミシガン州立)
Height:6 ft 4 in (193㌢)Weight:220 lb (100㌔)
image

2015 Stats: 210/369 (56.9%) | 2,921 yards | 24 TD, 5 INT (Season in Progress)
2014 Stats: 212/365 (58.1%) | 3,214 yards | 24 TD, 8 INT
2013 Stats: 223/380 (58.7%) | 2,755 yards | 22 TD, 6 INT


4巡114位と5巡154位を4巡100位へトレードアップしたかと思えばクックというサプライズ。
リアルタイムで知ったんですが何かの間違いか、DALへの当てつけかと思いましたが、百々のつまりバックアップで勝てるQBが欲しかったというのがホントのところだったようで。
正直、QBについては全体1位と2位でキャンキャン騒いでるって程度で、誰がどうだとか全く興味がなかったわけですが、クックのキャリアを見るとなかなかどうしてじゃないですか。
口も達者で自らの勝ちっぷりをブレイディとダブらせたりと、なかなかのビッグマウスみたいですし。
まあ、これまでシーズン中にカーが故障するなんてことはあまり考えていなかったわけですが、当たり前ですが無い話でもないですからね。
そう考えるとクックがいるのといないのでは違いますね。
マグロインも好きなんですが。
Big Ten Quarterback of The Year (2015)
Johnny Unitas Golden Arm Award (2015)
First-team All-Big Ten (2015)
2x Second-team All-Big Ten (2013, 2014)
9th place in Heisman Trophy voting (2015)
Big Ten Champion (2013, 2015)
Big Ten Championship Game MVP (2013,2015)
2014 Rose Bowl Champion
2014 Rose Bowl Offensive 
MVP2015 Cotton Bowl Classic Champion

素晴らしいキャリアだな。負けんじゃねーぞマグロイン。
CBS.comグレード:C-
RAIDERSにはD・カーという若く有望なQBがいるのに、更にクックを指名するのはちょっと謎だ。

ボク的グレード:B-
続きを読む
sahasaha4678コメント(9)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2016 

RAIDERS 2巡・3巡指名終了もGMにヒトコト。

sahaっす

仕事が終わり帰宅しました。
去年の全く同じタイトルですが…
ボク的には、レジーが職人過ぎて正直テンションが上がらないピックでしたね。

2巡 ジハド・ウォード (イリノイ)
image
image


3巡 シリク・カルホーン (ミシガン州立)
image
image

だって全然知らないんだもん。
2巡より3巡のほうが良さげだし。
まあレジーのお眼鏡に叶ったんだったら、そこそこやるんだろうけどDE連チャンはねーだろって感じですかね…
いや、知ってりゃいいですよ。知ってりゃ。
全然知らないんだもん。
なんにも言えねーしw

ってか、3日目ってAM1:00からなん?
で、AM8:30までってw
うそーんw
もう早めにRBピックしてください。
お願いします‼

ダミアンとこ見たらまだこんないるじゃんか‼

Alex Collins, RB, Arkansas
Paul Perkins, 5'11, 210 pounds, RB, UCLA
Jonathan Williams, 6'0, 223 pounds, RB, Arkansas
Kenneth Dixon, 5'10, 213 pounds, RB, Louisiana Tech
Pharoh Cooper, 5'11, 207 pounds, WR, South Carolina
Devontae Booker, 5'11, 212 pounds, RB, Utah
Kentrell Brothers, MLB, Missouri
Jeremy Cash, 6'2, 210 pounds, S, Duke

そうだ‼キース・マーシャル(Keith Marshall RB Georgia)
獲れー‼image
もう死んだ気で行けw
sahasaha4678コメント(13)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2016 

RAIDERS 1巡指名はSS Karl Joseph!!!!!!!!!!

sahaっす

image

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

前エントリで2巡希望に挙げたK・ジョセフを1巡で獲りに行きました!!
どーしても欲しかったSSゲットです‼
ハードヒットが真骨頂!!
間違いなく即戦力デス!!
超期待ですよー!!
ZOE!! ZOE!! ZOE!!
ハイライトこちらです‼
こちらもどうぞ
image


image
Reggie Nice call!!
No.24を是非ジョセフに♪
sahasaha4678コメント(12)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2016 

僕的ドラフトボクノートファイナル

image

いもので明後日からドラフトです。
日本時間では4/29(金)から5/1(日)まで3日間ということになります。
先日、全体1位と2位に大きな動きもあり中々面白い展開となっていますが当日もまた荒れそうな予感がしますね。

RAIDERSは、2014でマックとカー、2015でクーパーと連チャンで当たりを引いているだけに2度あることは3度あると、今年もレジーがビシッと決めてくれると信じています。
どんなに周りが騒ごうが、レジーはそんな雑音に惑わされることなく淡々とピックしていくことでしょう。

でも、皆さんと同じようにボクにも少なからず希望というものがありますので独断と偏見で少し考えてみました。
このウチひとりぐらいは当てたいものですが、きっとかすりもしないんでしょうねw
裏sahaコメント付きで。

1巡.14位 Robert Nkemdiche DT/DE Ole Miss 
ロバート・キムディーチ(ミシシッピ)
Height: 6-3. Weight: 294. Arm: 33.88. 
40 Time: 4.87. 
Mike Mayock's 2016 NFL Draft top 100 prospect rankings 21
image

素行がどうとかは二の次で。

DTのD・ウィリアムスとJ・エリスは安定していますがバックアップが不安です。
M・エドワーズJr.はDTもこなせますが、未だ首の状態がハッキリしていません。
マリオの復帰は心から願っていますが、FAで手をつけなかったDLの補強は必至です。
キムディーチの評価は賛否両論でバストの可能性大なんて言われたりもしますが、レジーのお眼鏡に叶った暁には相当やるんじゃないかと思ってます。

ただ、GMレジー、HCデルリオ、DCノートンJr.がLB出身であるため、そこへの拘りが強く1巡でLBをピックする可能性もあります。
ILBレジー・ラグランド(アラバマ)ならMLBとして期待できるので、まあ納得しますが、OLB マイルズ・ジャック(UCLA)をトレードアップして獲りになんて希望的観測な記事も見ます…結果当たりなら良しなんですけど注目ですね。
裏saha: また…ジャックなんてカタ●だろ。いらねーわ。
ラグランド…バマILB…マクレイン…野郎ムカツクなぁ。
他のDTには花がない。DTならキムディーチで決まりだ!!
キムディーチ!! キムディーチ!!キムディーチ!!
!


2巡.44位 Karl Joseph SS West Virginia
カール・ジョゼフ(ウェストヴァージニア)
Height: 5-9. Weight: 205. Arm: 32.13. 
Projected 40 Time: 4.58. 
Mike Mayock's 2016 NFL Draft top 100 prospect rankings 19
image

闘志むき出しのアグレッシブなプレイスタイルが好きです。
昨季はINTを量産しプレイメーカー的要素も持ち合わせていて、膝の故障は癒えていないようですが、ジョセフみたいな選手にRAIDERSでプレイしてほしいという思いがあります。
FAでFS R・ネルソンを獲得できたのは朗報でしたが、そうなるとSSに不安が残ります。
先発候補のN・アレンが可もなく不可もなくといった印象なので、RAIDERSのジャージを着たジョセフがハードヒットを連発する姿が見たいです。
裏saha:ジョセフいかないんならクレイベンスいけ!!
即戦力だ!!即戦力!!


3.75位 Keith Marshall RB Georgia
キース・マーシャル(ジョージア)
Height: 5-11. Weight: 219. Hand: 9.38. 
40 Time: 4.31. 
image

RAIDERSとしては、昨季28位で終えたランオフェンスの改善が必要です。
昨季1,000ヤード超えを果たしたマレーが今季もエースには変わりないですが、マレーの負担を軽くするためにもう1枚違うタイプが欲しいところ。
エゼキール・エリオット(オハイオ州立)が1巡で14位までスリップすれば話は別ですが、そうでなければRBはマーシャル推しです。

コンバインのフォーティー最速4.31をマークしたSPEED KILLS
スクリメージを抜けた後の走りはDMCを彷彿とさせます。
アル爺が存命なら放ってはおかないでしょうが、GMレジーが就任当時「脚が速いだけの選手はいらない」とコメントしていたのが思い出されます。
RBと言えば引退をほぼ表明しているSEAのM・リンチがウチでの復帰を考えてるとかいないとか…
裏 saha:ゴリラ聞け!!スピードこそ正義だ!!
アル爺イズムは永遠だ!!
リンチ?いまさらw? 30過ぎのお前なんかいるかボケ。
一昨年のMJDといい、去年のT-Richといい、もうポンコツはいらねーわ!!
image
エリオット落ちてこい‼
えっ‼…(゜д゜) ジェイロン・スミス3巡で獲るの?! マジ?!


4巡.114位 Sean Davis CB/S Maryland
ショーン・デイヴィス (メリーランド)
eight: 6-1. Weight: 201. Arm: 32.38 Hand: 9.5. 
40 Time: 4.46. 
Mike Mayock's 2016 NFL Draft top 100 prospect rankings 83
image

昨季はCBとしてプレイし、それまでSSまたはFSとしてプレイしていたデイヴィスは、DBならどこでもこなせるらしいので、DBのバックアップがお世辞にも万全と言えないRAIDERSとして是非とも欲しいプレイヤーと言えます。
なんでも3カ国語(英語、フランス語、中国語)が話せるとのことで、語学での汎用性もあるようですが、メリーランド(DHBと同じ出身校)というのが多少ひっかかります。
まあ、脚が早いだけのWRには3カ国語が話せるような語学力と教養があったとも思えませんので、この際そこは気にしないようにしましょう。
裏saha:1巡でCBは獲るなよ…つーかヘイデン…お前は何年我慢させんだ?
ゴリラよ。ぶっちゃけ去年4巡フェリシアーノはハズレだろ。
4巡大事にせえよ。コイツは当たりだ。いいからまず獲れ!!
続きを読む
sahasaha4678コメント(6)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2016 

僕的ドラフトボクノート1巡2巡

sahaっす

ラフトまで残すところ2週間程になりました。

FA解禁前のモックでは、当然のようにCBが1巡指名に挙げられていましたがFAでの順調な補強を経て各メディアのモックも変化しています。
今季2016年シーズンのRAIDERSは、2002年以来のプレイオフをガチで狙っている様子が伺え、ファンとしては超注目のシーズンとなることは間違いありません。

GMレジーの頑張りでFSのR・ネルソンとサイン。今オフのFA補強は予想以上の結果を収めたと言って過言ではないと思います。
昨季2015シーズンは7勝9敗と復活の兆しを見せたRAIDERSの1巡指名権は久々の中位となる14位であるため、GM就任以来これまで1巡上位指名権を手にドラフトで成功を収めてきたドラフトゴリラ レジーとしての真価が問われるドラフトとなりそうです。
(2013年は忘れてあげましょうw)

直近のRAIDERS1巡モックをグラフ化した画を見つけましたので紹介します。image
このグラフによると
1番人気 R・ラグランド ILB アラバマ(21.8%)
2番人気 E・アップル CB オハイオ州立(13.9%)
3番人気 J・コンクリン OT ミシガン州立(8.9%)
3番人気 M・アレキサンダー CB クレムソン(8.9%)
5番人気 S・ランキンス DT ルイヴィル(7.9%)
6番人気 D・リー OLB オハイオ州立(6.9%)
7番人気 W・ジャクソンⅢ CB ヒューストン(5.9%)
その他候補か25.7%と約1/4を占める形となっています。
去年の同時期、ほぼ3人(A・クーパー/K・ホワイト/L・ウィリアムス)に絞られていたことを考えると、今年の1巡指名は分散される状況となっていてニーズはディフェンスが中心となっています。

一方オフェンスでは1巡指名にOTやRBを推す一部メディアもありますが、今年のドラフトでのオフェンスニーズは中位から下位指名で、結果バリューピックで当たりだったという勝手な希望を持っています。
ちなみに今季のOLについてはこれ迄も何度か書き込みしているように近年稀に見る充実ぶりでメディアもこぞって評価しています。
下の画はPFFに掲載されていたリーグトップクラスと評価されるDALのOLとの比較したものとなります。image
ご覧のように各選手のグレードではDALの3人(LT T・スミス/C T・フレデリック/RG Z・マーティン)にかないませんが、OL5人の平均ではDAL81.94/OAK 82.76とRAIDERSがその上をいっています。
欲を言えばドラフトで今年33才となるペンの後釜を指名したいところではありますが、ペンは2014シーズンのRAIDERS入りから全32試合にスタメン出場しており、故障とは無縁。
OT1巡指名最優先の話は、FAとなったペンが他チームとサインした場合の話であり、2年延長でリサインできた今年については、即戦力となりうる1巡有力選手の指名をとりあえず回避できたと考えてます。
(というかそう考えましょうw)

さて、続いてこの画もPFFに掲載された現ロースターから見る今季ディフェンスの先発予想となります。image

SSに昨季6試合5タックルのCB D・マクドナルド(去年のドラフト7巡c)が配置されているのは解せません。
現状ではN・アレンが先発濃厚と言われていますが、アレンでは物足りないのも事実です。

1列目と2列目はハイブリッドスキームを基本とするため3-4/4-3/5-2と適宜変わりますが3-4とした場合の画に見えます。
4-3の場合は、DTにJ・エリスが入る格好になりますが、デプス的には薄いので補強は必要となります。去年のドラフトではFAでDT D・ウィリアムスを獲得しながらもRAIDERSにラブコールを送っていたL・ウィリアムスをスルーしましたが、これは当時FAで獲得したM・クラブツリーがどれぐらいやれるか未知だったことも鑑みて、ドラフトでD・カーの相棒となるレシーバーを獲得すべきという判断によりA・クーパーを1巡(全体4位)指名したと思います。
結果、この判断は成功しクーパーはルーキーとしてRAIDERS史上初の記録を打ち立てるまでに大活躍しました。

懸念されるのはM・エドワーズJr.(首の負傷で昨季終盤離脱)が今季無事に復帰出来るのか否かということです。
JDRはマリオの首の状態を楽観視し、問題ないとコメントしていますが、実際どうなのかはハッキリしていないだけに心配な状況です。

また、画的に見るとILB(MLB)の補強が最優先すべきポジションということになり、やはり1巡で指名すべきは先程モックで1番人気となっていたR・ラグランドとなってきますが、B・ヘニーやM・スミスもILB(MLB)として出場機会が増えるにつれて成長するでしょうし、そこそこやってくれる気がします。

但し、ILB(MLB)は指名する必要がないということではなく、デプスを厚くする必要はありますので、2巡以降で指名したとしてもレジーがきっと当たりを引いてくれると信じていますし、2巡以降で入ってきたライバルなら、ヘニーの闘争心に火がついて切磋琢磨する環境が結果オーライとなりそうな気がしています。
OLBでは、D・リーの名前が挙がっていますが、今季はN・ボールに期待しているのと11月に暴君 A・スミスが復帰することを考えると1巡でOLBを指名する必要は無いと思います。
続きを読む
sahasaha4678コメント(12)  
カテゴリ: RAIDERS DRAFT 2016