RAIDERS GAME 2018

2018年11月01日

WEEK9@SF Battle of the Bayに向けて

sahaっす

WEEK9はTNF(日本時間11/2AM9:20開始)
Battle of the Bayです。
ここまで共に1勝とふがいないシーズンとなっていますが、この試合に限ってはチーム状況云々関係なく意地vs意地の戦いです。

普通は4年に1回。
前回は2014シーズンで結果は24-13でRaidersが勝利しました。

ファンとしても本来は楽しみな試合となる予定でしたが、49ersはQBガロポロがWEEK3のKC戦でACLを断裂しシーズン終了し残念なシーズンを継続しており、Raidersはグルーデンがやりたい放題でマックショックの傷も癒えぬままクーパーもトレード、頼みのリンチもIRとカオス状態中です。

_20181031_172907

個人的には期限ギリギリまでカーがトレードされやしないか不安でしたがそれも杞憂に終わりホッとしてます。
これでカーがトレードなんて事になっていたらBattle of the Bayどころではありませんでした。

この試合はなにげにD・マーティンに期待してます。
1540988425450

Colts戦でキャリー13回73YdsでAvg5.5。
ファンブルもありましたがリンチ離脱により今や貴重な戦力です。
ポンコツのレッテルを是非払拭してもらいたいところです。

最近は来年1巡3つを所有していることもあり、ドラフトボードを時々チェックしますがQBをチェックすることもあります。
カー入団後はQBをチェックすることなどありませんでしたので僕自身がカーを信頼しきれていないのかもしれません。
1540986906276
このQBはカーのバックアップとして欲しいですね。

もとい、とにかくBattle of the Bayです。
49ersはQB C.J.ベサードが出場微妙とのことです。仮にサードQB先発ならRaidersの2勝目が更に期待できるわけですが、これで負けた暁にはTANK狙いが疑惑ではなく確信に変わるわけで、そういう意味でも注目のBattle of the Bayです。


saha4678 at 01:25|PermalinkComments(4)

2018年10月29日

WEEK8 IND 速報

sahaっす

_20181029_083235

この負け方。
今シーズンのRAIDERSを物語りますね。


saha4678 at 08:35|PermalinkComments(18)

2018年10月17日

WEEK6 SEA 1勝5敗

sahaっす

ロンドンはウェンブリースタジアムに集まった84,922人の中のRaidersファンに取っては拷問のような観戦となったことでしょう。

_20181016_015118
オフェンスは殆ど機能せず惨敗。
1勝5敗となりました。

カーのスタッツは以下の通りです。Comp23/Att31/Pct74.2%/Yds142/Avg4.6/TD0/Int0/Sck6/Rate83.0
Run4/Yds31/Avg7.8
FUM2/Lost2
_20181016_022616
通したパス23は見るも無惨。
2試合連続でLG K・オセメレを欠いたOLはこの試合でも同様にパスプロは持たず。
クイックリリースとなるのは仕方なくカーも何度かスクランブルを試みますが如何せんこれでは前に進めません。
_20181016_223934
OLランキングでも23位と、オセメレの復帰が望まれます。ルーキータックルコンビはデプスの薄さを考えると我慢して使い続けるしかない状況です。
それも手伝ってサック6回 QBヒット10回を受けたカーは4Qに左腕を負傷。

また、WR A・クーパーも2Qに頭部に強烈なHITを浴び脳震盪で退場となりました。
ディフェンスもオフェンスがこの状況では踏ん張りどころが分からずK M・マクレイン, P  J・タウンゼント, LS T・シーグのキッキングユニットもイマイチ、イマ2といった具合です。

チーム状態も厳しいですが、それとは別にいちファンとして気になるのがドラ1組問題です。
2015年ドラ1(全体4位) WR A・クーパーについてはグルーデンは知らないとコメントするもフロントは1巡指名権とのトレードを画策しているようですが、2017シーズン開幕前ならそんな電撃トレードの可能性がゼロではないにしても現在のクーパーにドラ1を差し出すチームがあるのでしょうか。
クーパーにはRaidersでの復活を願っています。
※2018スタッツ 
G6/GS6/Rec22/Yds280/Avg12.7/Lng36/TD1

2016ドラ1(全体14位) SS K・ジョセフについては開幕から出場機会が激減し、ここ2試合はハムを痛めたということから欠場。ロンドンでは出場可能と思われていましたが結果欠場と完全に干されていますしトレードの噂も出ています。
※W6のSスナップカウントはM・ギルクリスト51(80%) , R・ネルソン36(56%) , E・ハリス28(44%)

2017ドラ1(全体24位) CB G・コンリーについては今シーズンこそとファンが期待していた2017ドラ1のCB G・コンリーも、この試合はSPでのスナップ3回という始末です。
※W6のCBのスナップカウントはD・ウォーリー 62(97%) , DRC 55(86%) , L・ホール54(84%),とR・メルヴィン7(11%)となりコンリーは0(0%)

2014ドラ1(全体5位)OLB K・マック開幕直前のトレードが現実に起こっただけに上記ドラ1組のうち誰かのトレードが今月末の期限までに決まる可能性も十分あると思いますが1巡選手がチームの軸とならずにチームを去るというのは寂しいことです。

WEEK7はバイで休み。
WEEK8はRaidersと同じく1勝5敗のColtsと対戦しますがトレード期限前ということもあり試合前までに何かが起こるかもです。
_20181016_213658


saha4678 at 00:15|PermalinkComments(12)

2018年10月15日

WEEK6 SEA by ロンドン 遅報

sahaっす

同地区の試合結果です。

_20181015_173925
ラストはFGでPatriotsに惜敗も、ChiefsはQB P・マホームズ4TD,WR T・ヒル 142YdsRec,RB K・ハントがスクリメージ185Ydsと相変わらず素晴らしいオフェンスを展開しました。

_20181015_174202
マイナス4℃と極寒のマイルハイでRams RB T・ガーリーにキャリアハイ208Ydsと走られまくりましたが、最後まで諦めることなく意地を見せました。
Broncos ドラ1 OLBのB・チャブは3サック。

_20181015_174528
Chargers RB M・ゴードンがRun132Yds 3TD,WR T・ウィリアムズは118Yds 2TD。
DE J・ボサ欠場もオフェンスとディフェンスのバランスが良いですね。調子も上向きです。

_20181015_173640
ただ、グルーデンに馬鹿野郎と言いたい。
QB D・カーは6サックを浴び左腕を負傷。
Raidersの明日はどっちだ。



saha4678 at 19:00|PermalinkComments(14)

2018年10月12日

WEEK5@LAC 1勝4敗

sahaっす

1539096608209

今シーズンがこんなことになるとは思ってもみませんでしたが現実は厳しく。
グルーデンがHCに復帰するまでには長いブランクがあり、それを懸念する声は就任直後から開幕を迎えるまで続いていました。

しかし、蓋を開けてみれば予想通りの結果に。
僕としてはその予想を見事裏切り快進撃を期待していたのですが…勝てないですね。

現在の順位は以下の通りです。
_20181010_220734
チームスタッツは以下の通りです。
Chiefs
オフェンス A 5位(ラン12位/パス11位)
ディフェンス D 32位(ラン24位/パス31位)
ターンオーバーレシオ +5
ペナルティ45(372Yds)
FG 7/7
QB P・マホームズ スタッツ
_20181011_012603

Chargers
オフェンス A 7位(ラン11位/パス13位)
ディフェンス B 15位(ラン10位/パス19位)
ターンオーバーレシオ +3
ペナルティ 31(251Yds)
FG 9/12
QB P・リヴァース スタッツ
_20181011_011639

Broncos
オフェンス B 12位(ラン3位/パス18位)
ディフェンス D 26位(ラン30位/パス16位)
ターンオーバーレシオ -2
ペナルティ 35(285Yds)
FG 8/8
QB C・キーナム スタッツ
_20181011_010643

Raiders
オフェンス A 6位(ラン24位/パス6位)
ディフェンス D 30位(ラン28位/パス24位)
ターンオーバーレシオ -4
ペナルティ 36(359Yds)
FG 10/13
QB D・カー スタッツ
_20181011_013122

開幕から無傷の5連勝で首位を独走するChiefs
今シーズンより先発を務めるP・マホームズはリーグトップの14TDと憎らしいほどの活躍ぶりで、RB K・ハント、WR T・ヒル、WR S・ワトキンス、TE T・ケルシーなどタレントも豊富です。
まさに『攻撃は最大の防御なり』を地で行くこの勢いはどこまで続くのでしょうか。

1539101852822
こんなチーム状態であるからこそルーキーOTコンビのミラーとパーカーは経験を積めるチャンス。
この先も試練は続きそうですが成長に期待です。しばらく温かい目で見守りたいところです。

この状況を打破するためにグルーデンが何を考えているのかは知るよしもありませんが、QB D・カーの調子がよろしくないのは誰の目から見ても明らかであり、口には出さなくとも少なからず自信を失っているこの時期にQBを変えてみるのも手のひとつだと思います。

_20181012_234009
WEEK6はロンドンゲームとなります。
対戦相手は2勝3敗のSeahawks
しかし、Rams33-31Seahawksを見たところ、全く勝てる気がしません。

A.J.マキャロンはパスの精度も良く、プレイアクションも巧いQBらしいですね。
ロンドンで負けた場合は、グルーデンに少し検討してもらいたいですね。
1539085568689
たとえRAIDERSが負け続けてもRAIDERSファンであることに誇りを持ちましょう。


saha4678 at 23:40|PermalinkComments(10)

2018年10月08日

WEEK5@LAC 速報

sahaっす

_20181008_080907
これで1勝4敗


_20181008_084922
ターニングポイントはこの場面と言っても過言ではないでしょう。

それとRTのドラ3 パーカーくん。
フォルススタート多過ぎです。





saha4678 at 08:55|PermalinkComments(12)

2018年10月05日

WEEK4 CLE 連敗ストップ 

sahaっす

現地9/30(月)観客53,387
_20181003_165023
開幕3連敗で迎えた地元オークランドでのWEEK4は、先発昇格を果たしたドラフト全体1位のQB B・メイフィールド率いるBROWNS

試合は1Q 3-7、2Q 14-17、3Q 21-28、4Qを終え42-42…OTへ突入し残り1分46秒に新キッカー M・マクレインの29Yds FGが決まり2018シーズン初勝利を挙げました。
4Q残り4分20秒でルーキーRB N・チャブに41Yds TDを決められ34-42。
8点差となった時に開幕4連敗が脳裏をかすめ、OTでマクレインが50Yds FGを外した時は負けを覚悟しましたが、ラストドライブで勝機を掴み何とか勝ちました。
判定に救われた感も多少ありますが、勝てば官軍。
シーズンは1/3も終えてません。
今シーズンのRAIDERSはここからです。

勝った試合です。ネガティブな話は無しにします。

幸先良くPick6で先制点を決めたのはCB G・コンリー
1538571155335
R・メルヴィンも期待を裏切らないパフォーマンスを見せており、期待されながら故障続き、心配の種だったコンリーがこのPick6をきっかけに今シーズン覚醒してくれれば…と。
WEEK5では開幕から4試合出場停止中だった、たなぼた新加入のD・ウォーリーが出場可。
デブスに厚みが増す(予定)ことでしょう。

また、全力応援中のDT M・ハーストが2サック目を挙げました。更なる活躍が期待出来そうです。

オフェンスでは、30オーバーのベテランの活躍が光りました。

まずRB M・リンチ1538566662630
4試合連続TDランは叶いませんでしたが、リンチはこの日も130Ydsを走り、4試合で300Ydsと現在リーグ4位のBEASTぶり。
残り試合をAvg58.3Yds走れば1,000Ydsに到達するペースです。このまま故障なく全試合出場を願うばかりです。

次に、TE J・クック
1538660101883
この日110Yds 2TD。
4試合で370Ydsと目下RAIDERSのリーディングレシーバーの座を独走中です。
昨シーズン全試合先発を努めたクックのTD数は2でしたが早くもその記録に並びました。

そのクックが決めた4Q残り30秒のTDレシーブ後、同点となる2Pを決めたWR J・ネルソンは4試合で270Yds獲得。
オフにRavensへ移籍したM・クラブツリーは4試合184Yds。 
クラブツリーを放出しネルソンを獲得したフロントに対して、これまで懐疑的でしたが、自分の気持ちに変化が起きている今日この頃です。

この日、QB D・カーのスタッツは以下Comp35/Att58/Pct60.3%/Yds437/Avg7.5/TD4/Int2/Sck3/Rate92.4
今シーズン初の400Yds超え。
TD4と少しづつ調子も上向きになりつつあるカー
1538660395493
RT D・ペンがIR入り。
後任はドラ3 B・パーカーが努めるそうです。

WEEK5は同地区@Chargersです。


saha4678 at 01:20|PermalinkComments(12)

2018年10月01日

WEEK4 CLE 速報

sahaっす

_20181001_115339

1538403947913

勝ちました。


saha4678 at 11:55|PermalinkComments(8)

2018年09月26日

WEEK3@MIA 開幕3連敗

sahaっす

_20180925_153712
M・リンチが開幕から3試合連続タッチダウンダウンランを決め、J・ネルソンが173Ydsレシーブと活躍するも開幕3連敗。

開幕3連敗で思い出されるのは、ルーキーだったD・カーが開幕スターターの座を掴んだ2014シーズン。
開幕10連敗で結果3勝13敗という悲惨なーズンでしたが、RAIDERSの将来へ期待が高まりつつあるシーズンだったように思えました。
しかし、今シーズンはHCがグルーデンに変わった事もあり期待度が既に高まっている状況からの開幕3連敗なので意味合いが異なります。
ガッカリです。
チームスタッツでも、カーの2INTがあったにせよ全体的には押しています。
_20180925_160227
_20180925_160255
3試合全てそうですが、後半に力尽きて負けるパターンが続いているため後味が悪くなります。
2016シーズンは後半リスクを承知でイケイケでしたし、4Qで逆転勝ちした試合もいくつもありました。
何よりオフェンスはカー、チャールズ・ウッドソン隊長が引退したディフェンスは、マックが中心となり、リードされていても何かが起きて勝てるんじゃないかと期待できたものです。
カーは2016シーズン W16IND戦以降、何度がケガをしたことで、身体的な影響も多少あると思いますが、マックという頼れる存在を失った事も影響は精神的に大きな影響を与えているのはないでしょうか。

1537865448417
2016シーズン開幕戦@NO
自らダイブでFD更新しチームを鼓舞するカー。
4Qに逆転し35-34で勝利。
12勝シーズンはこの勝利から始まりました。

現在開幕3連敗とRAIDERSと同じ状況なのはHOUとARIでリーグで3チームのみ。

WEEK4の相手は目下盛り上がり中のCLE。
救世主 B・メイフィールドのおかげで一気に全米注目の一戦となりそうですが、地元オークランドで恥をさらすのは御免です。
WEEK1ではJ・クックが 9Rec 180Yds
WEEK2ではA・クーパーが 10Rec 116Yds
WEEK3ではJ・ネルソンが 6Rec173Yds
次はM・ブライアントがメインターゲットでしょうか。
しかし、CLEのDB陣は強力極まりなく、ポケットでモタついてもサックを量産されてしまうためオフェンスはラン中心でお願いします。
ディフェンスはプロの洗礼をメイフィールド君に浴びせてもらいたい。

いざ
1537881110479
そろそろ勝たせてください。


saha4678 at 00:00|PermalinkComments(11)

2018年09月20日

WEEK2@DEN 開幕2連敗

sahaっす

現地9/16(日)DENの本拠地スタジアム 
_20180919_095730
収容人数76,125に対して観客数76,796と発表となると満員御礼という事になるのでしょう。
1537269486488
そのオレンジ一色の敵地で今シーズンの同地区対決は敢えなく敗戦。
_20180919_154414
ハーフタイムを12点リードで折り返すも2試合連続逆転負けで0勝2敗。
開幕2連敗は、ルーキーQBカーが全試合先発して戦い3勝13敗で終えた2014シーズン以来となりますが、ここで落ち込んでいてはRAIDERSファンは務まりません。

カーのスタッツは以下のとおり
Comp29/Att32/Pct90.6%/Yds288/Avg9.0/TD1/Int0/Sck1/Rate114.6
開幕戦では3INTと不甲斐ない記録を残したカーでしたが、今回はINTゼロ。
レシーバーのRACに助けられた感もありましたが、OLのパスプロもLAR戦に比べれは持ちこたえていた印象。
DENのフロントセブンもLAR同様強力でしたが被サック1に抑えられたのはルーキーLTのK・ミラーの頑張りもあると思います。
(被サック1はRT D・ペンがV・ミラーにいなされたものです)
K・ミラーは、試合を重ねる度に成長する姿を見せてくれそうな気がしますのでケガなくシーズンを過ごしてほしいですね。

この試合のオフェンスとディフェンスの個人的MVPを挙げるならば、オフェンスは"COOP"ことWR A・クーパーです。
ターゲット10回/レシーブ10回.。
ターゲット2~3回で100%とかは過去にあったかもしれませんが10/10は、クーパーのキャリア史上初と思われ、近年ドロップ云々色々言われたクーパーが、らしい活躍をしてくれたので、AC/DC復活もすぐそこまで近づいているかもしれません。
1537285392559

ディフェンスは、久々にINTらしいINTを決めたCB R・メルヴィンと言いたいところですが、ルーキーDTのM・ハーストJr.です。
心臓疾患持ちということで、ドラフト指名以降色々言われてきましたがこの試合で初サックを決めてくれました。
ハーストはコンバインで心臓疾患の疑いが発覚しなければ1巡指名レベルと言われていた選手でした。
不謹慎ですがそういう事が無ければ1巡でOTを指名したRAIDERSが5巡で指名することは出来なかったでしょう。
ミシガン時代からのセレブレーション(お腹をスリスリするやつ)も披露。
今後何度もこのセレブレーションを見せてもらいましょう。
1537279428864

そんなWEEK2でしたが、DENのパンターとしてキックするキングや、SEA@CHIでSEAのキッカーとして56YdsのFGを決めている40歳のジャニコウスキー、2試合連続サックを決めるCHIのマックを見るとどうも未だ違和感があります。
1537358310298

しかし、1月にグルーデンがHCに決まった時にめちゃくちゃに喜んでいた自分が文句は言えません。
このままズルズル負けっぱなしという事はないと信じてます。
PaperArtist_2018-09-19_21-54-54
GO RAIDERS!!



saha4678 at 00:30|PermalinkComments(6)